形状記憶メガネ特集

メガネを大きく曲げても元に戻る、というCMも放送され、かなり認知を獲得した形状記憶メガネ。

形状記憶メガネ

形状記憶メガネの性質

形状記憶合金のメガネは、0℃~40℃の温度内であれば、大きく曲げても元に戻る柔軟性のある金属をフレームに使用しており、この素材を使用したメガネフレームは形状記憶合金フレームと呼ばれています。衝撃力を逃がすために作られたものであるため柔かく、大きく動かせるのですが、あまりにも柔らかすぎると掛けたときにゆるさを感じる人もいます。とにかく柔らかければ良いというわけではないということですね。

フレームの素材

フレームの素材

形状記憶フレームの素材は大きく分けて3つ。βチタン、形状記憶合金、樹脂です。形状記憶のメガネフレームは超弾性の特性を利用したもので、 荷重を加えても、ある程度の負荷であればほぼ元の形状に戻ります。そのため、形状記憶のメガネは壊れにくさが注目され、スポーツをする人や、子ども向けのメガネとして選ぼうという人が多いようです。

壊れない範囲での利用を

ですが、やはり限界を超えると壊れてしまいます。形状記憶の素材は、メガネフレームの全体に使用されるのではなく、ブリッジ部だけ、テンプル部だけなど、部分的に使われることが多いようです。これはメガネフレームは、各人の顔に合わせて調整するため、全体が形状記憶合金ではフィッティングできないためです。

Oh My Glasses TOKYOで買うとお得なポイント