最新コレクション 1925. ART DECO

1925年のパリ万博に象徴される「アールデコ」を、MASSADAが21世紀に解釈。アールデコに特徴的なフォルムの幾何学性と合理性、実用性のバランスをアイウェアデザインに反映したコレクション。ブランクーシの彫刻やルネ・ラリックの作品をはじめとする絵画や映画などがインスピレーションの源となっています。

ブランドコンセプト

MASSADAのアイウェアには、世界の奥に秘められた本質的な美と、それに迫ろうとする芸術家たちの魂が宿っています。
MASSADAを身に着けることは、美の本質をまとうことでもあります。
多くのモデルは、彫刻・映像・音楽など、著名な芸術作品にインスパイアされています。
「BIRD IN SPACE」の思わず目を奪われる、テンプル先の有機的なカーブは、ルーマニア出身の彫刻家でありモダンアートにおける最重要人物のひとり、コンスタンティン・ブランクーシの代表作『空間の鳥』がモチーフになっています。
ブランクーシ自身の言葉を借りれば、「私が示したいと思ったのは鳥(そのもの)ではなく、その天与の能力である飛ぶということ、飛翔である」。天に向かってしなやかにそびえる弧は、生命の本質を具現化しようと試みたデザインです。
一方、「CORSO」モデルでは、智元と呼ばれるテンプルとフレームのつなぎ目部分に注目。女性的で繊細なラインを描くこのパーツは、20世紀ダダイズムを代表する彫刻家ジャン・アルプの作品を模しています。
アルプもまた、物事の真理と普遍的な美を追求した芸術家であり、丸みやうねりをおびた有機的な形を特徴としています。それらは、アルプ自身が読み解いた自然法則を具現化した、あたらしい物体であり生命体。智元にあしらわれた小さなパーツにも、縷々とつながる生命の美と法則が隠されています。

品質への飽くなき追求

MASSADAのアイウェアは、すべて品質に徹底的にこだわったハンドメイド。最高品質のフレームを作るために熟練の職人だけが招かれています。中でも、仕上げと研磨の工程は、腕利きの専門家が一つひとつ手作業で取り組んでいます。
一切の妥協もないモノづくりはMASSADAの原点であり、この無骨なクラフトマンシップこそが、全世界に誇るMASSADAクオリティを支えています。
上質な素材を、日本とイタリアから厳選。メタル部分に使われるチタンは、日本のTAKIRON製のもの。さらに、18Kまたは24Kの金メッキを施し、美しさと耐久性をアップさせました。光を受けるたび表情を変える細やかな色合いは、極細のリムやテンプルとの相性も抜群。
アセテートは、イタリアのマツケリ社製。とろりとした透明感ある色彩は、老舗・マツケリだからこそ出せるものです。

取扱店

オーマイグラス東京の下記店舗で取り扱っております。

・オーマイグラス東京 東急プラザ銀座店

・オーマイグラス東京 梅田 蔦屋書店

関連記事

MASSADAについての紹介記事です。併せてご覧ください。

・洗練された究極の美しさ! ポーランドのアイウェアブランド『MASSADA』の魅力~デザイン編

・こだわりのディティール&クラフトマンシップ! ポーランドのアイウェアブランド『MASSADA』の魅力~プロダクト編

・圧倒的センスに釘づけ! ポーランドのアイウェアブランド『MASSADA』の魅力~プロモーション編

マッサーダ(MASSADA)の人気モデル

マッサーダ(MASSADA)の人気モデルです。

マッサーダ(MASSADA)のメガネフレームの人気モデル

マッサーダ(MASSADA)のサングラスの人気モデル

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

昇治郎

フジイオプチカル 創業60周年を記念して発表されたヴィンテージデザインのブランド。
創業者である「藤井 昇治郎」の名を冠とし、その息子である茂と純裕が企画・製造し、孫の藍がデザインし、太が設計を手掛ける。藤井家三世代に渡って培った技術の結晶であるブランド「昇治郎」。
歳月を掛けて蓄積した技術により絶妙なバランスで加工されたベータチタンフレームが、現代風にアレンジされたヴィンテージ調のデザインにより21世紀の眼鏡フレームに相応しい仕上がりになっています。

ハンドメイドアイテム

職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴。量産品では味わえない本物志向のクラシックなフレームは、かけやすさ・かけ心地よさもあいまって長年多くの人々から愛され続けています。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレームが、角矢甚治郎(Kadoya Jinjiro)です。
原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいのが特徴のセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した、極上の掛け心地をお約束する至上の逸品です。

越前國甚六作

越前國甚六こと長谷川正行氏は 1952年、福井県越前市で誕生。中学卒業後から眼鏡職人としての道を歩みだし、様々な眼鏡を手掛けた注目を集める職人の一人です。
特に、熟練された技術者ではないと取扱いが難しいセルロイド生地の加工技術は突出しており、磨き込むと「美しい光沢、艶が出る」 という、セルロイドの特性を最大限に引き出すことに評判があります。