Burberry/バーバリー

Burberry/バーバリーとは?

Burberry/バーバリーは英国を代表するファッションブランド。トレンチコートの裏地としてあしらわれたチェック柄や騎士をモチーフとしたアイコンでも知られているブランドです。日本でも非常に人気の高いBurberry/バーバリーは、ルイ・ヴィトンに続き、市場に置ける外資系ブランド売上で2位となっており、ライセンスを持つ三陽商会による”LONDON/ロンドン”、”BLACK LABEL/ブラックレーベル”、”BLUE LABEL/ブルーレーベル”を中心に幅広いのライン展開で世代性別を問わず、多くの支持を獲得しています。
ブランドの歴史は古く、当時21歳であった、生地屋での職務経験を持つトーマス・バーバリーによって1856年に創業。1870年代に入るとBurberry/バーバリーが拘る生地の革新により規模を拡大、79年には羊飼いや農民の仕事着から着想を得たと言われる耐久性・防水性に優れた新素材”ギャバジン”を開発し、特許を取得するまでに成長します。当時としては非常に珍しい防水加工を施したこの”ギャバジン”の発明によってBurberry/バーバリーは後世に残る数々のプロダクトを生み出して行くことになるのです。
1895年、ボーア戦争を戦うイギリス軍の士官向けにトレンチコートの前進となるタイロッケンコートを製造。1901年になると現在でもアイコンとして用いられている甲冑の騎士のマークを使用するようになりました。
そして、1914年、第一次世界大戦が勃発すると、Burberry/バーバリーの名を世界に轟かせることとなるトレンチコートを製造。軍部の要請により塹壕(トレンチ)での戦闘向けに開発され、英国陸海空軍に制式採用されることとなったこのコートは大戦の期間中に50万着以上も着用されたと言います。
トレンチコートの功績により、戦後の1919年にはジョージ5世よりロイヤルワラント(英国王室御用達)を獲得。Burberry/バーバリーは名実共に有名ブランドの仲間入りすることとなりました。 1924年、トレンチコートの裏地にあしらわれた柄をブランドの代名詞となる「バーバリー・チェック」として宣伝すると、1967年以降にはバッグやマフラーといったコート以外のプロダクトにもチェック柄を用いることでブランドイメージとして定着させました。
1970年代からのプロールドリフトという社会現象によるブランドイメージ低迷を乗り越え、現在でもイギリスの名門ブランドとしてエリザベス2世、チャールズ皇太子のロイヤルワラントを授かるBurberry/バーバリー。最近では全世界に向けたオンラインショッピングやテーラリングの新設を行う等、精力的にブランド活動を展開しており、その人気はまだまだ陰ることはなさそうです。

Burberry/バーバリーのメガネ

イギリスの名門ブランドBurberry/バーバリーがライセンス展開するメガネコレクション。サングラスも充実しており、最新のトレンドを加味したモダンなデザインが特徴となっています。
長い歴史を持つBurberry/バーバリーのメガネは掛けるだけで存在感を増すデザインとなっており、シーンを問わず着用可能。中には「バーバリー・チェック」をあしらったモデルもあり、ファッションアイテムとして持っているだけでおしゃれな雰囲気を演出してくれるコレクションです。

人気ランキング

バーバリーの人気ランキングです。