レイバン(Ray-Ban)の人気モデル

レイバン(Ray-Ban)の人気モデルです。

レイバン(Ray-Ban)のメガネフレームの人気モデル

レイバン(Ray-Ban)のサングラスの人気モデル

  • 1
    32,670円 (10% off) 36,300円(税込)

    ファッションアイコンとして多くの人に愛されるレイバンの人気モデル クラブマスター(CLUBMASTER)にフォールディングモデルがついに登場しました。50年代に大流行したクラブマスター(CLUBMASTER)のクラシカルな形状はそのままに、ブリッジ部、テンプル部にそれぞれ可動ヒンジを付けて、手のひらサイズまでに小さく折り畳む事が可能となっております。ヒンジの接続部分もピッタリ組み合い、ガタつきの無いよう正確に仕上がっており、作りの良さが伝わってきます。フロントシェイプはブロウと呼ばれる上部にセルパーツのついたスクエアフレームとなっており、セル部分はブラックカラー、メタル部分はゴールドカラ...

  • 2
    20,790円 (10% off) 23,100円(税込)

    ウェイファーラー(WAYFARER)A(アジアンモデル)を更に改良し、設計されたのがF(フルフィットモデル)です。 鼻当てに丸みを持たせたり、テンプルのカーブを顔に沿わせたり、傾斜角度を緩くして頬との接触を低減させたりと、フィット感を高める工夫がされています。テンプル両側には「Ray-Ban」のシルバーロゴが入っています。男女問わずカジュアルからシックなファッションまでどんなファッションにも合わせられ、ずっと使い込んでも飽きがこないこのモデルはマストアイテムです。 レイバンウェイファーラー(Ray-Ban WAYFARER)は、1950年代にアメリカで誕生した人気メガネフレームモ...

  • 3
    19,800円 (10% off) 22,000円(税込)

    細身のプラスチックフレームに、大きめレンズシェイプ。さらりと魅せるキーホールブリッジがさりげないおしゃれさを演出します。 こちらの製品は、可視光線透過率13%、紫外線透過率1.0%以下。イタリア製です。


レイバン(Ray-Ban)のシリーズ一覧

レイバンには人気のシリーズがあります。 ウェイファーラー、ニューウェイファーラー、オリジナル ウェイファーラーなどの代表的なシリーズをご紹介。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地の磨きに職人技あり。セルフレームの手造り眼鏡に一業一貫すること三十有余年・・・セル職人"角矢甚治郎"。非常に複雑な作業工程を一人でこなす匠の技は、セル職人の中でも突出した存在であり、その熟練された職人技法は、型出し・やすりがけから最終の磨き作業まで、一切機械に頼らず、一本一本を丹念に仕上げられています。今では希少価値である、"本セルロイド生地" と"七枚蝶番" を継承する甚治郎フレーム、原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した鯖江職人ブランド。

銘品晴夫作

セルロイドメガネ職人の「伊藤晴夫氏」の名前を冠し始まった日本製、国産鯖江ブランドです。全ての商品がセルロイド生地を使用したフレームで多種多様なカラーバリエーションは勿論のこと、6mm生地と8mm生地を使用したバリエーションに富んだフレームのラインナップが特徴です。ほとんどのテンプルは、ノー芯(テンプル芯がない)太手で、蝶番の中でももっとも丈夫な7枚蝶番を採用、蝶番の下からはナットを取り付けネジを緩みにくい丈夫な仕様にメイドインジャパンの技が生かされています。芯が無くても美しい形状キープできて、フィット感も実感できる納得のフレーム。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。

ハンドメイドアイテム

職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴。量産品では味わえない本物志向のクラシックなフレームは、かけやすさ・かけ心地よさもあいまって長年多くの人々から愛され続けています。