ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)の人気モデル

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)の人気モデルです。

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    30,240円 (税込)

    ビンテージの融合をメインに、シェイプはほんのすこしキャッツアイを取り入れ、ユニセックスな雰囲気。男性にも女性にも、知的に掛けていただけるデザインです。 ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランが、1993年に立ち上げたオランダ発のファッションブランド、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)。 2004年にアイウェアシーンに進出。コンセプトは「Modern Vintage」。レトロモダンなメガネのブームの火付け役とも言え、デザイナー本人達がアイウェアのデザインに関わるなど、完璧な仕立てと抜群のカッティングセンスで高い完成度と芸術性を持つブランドです。

  • 2
    30,240円 (税込)

    1993年、オランダで設立されて以来、ヨーロッパを中心に絶大な人気を誇るファッションブランド、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)。 トランディッショナルな要素を大切にしつつアートとモードの世界観を秘めたスタイルのアイウェアコレクションです。

  • 3
    30,240円 (税込)

    ビンテージの融合をメインに、シェイプはユニセックスな雰囲気に。男性にも女性にも、知的に掛けていただけるデザインです。 ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランが、1993年に立ち上げたオランダ発のファッションブランド、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)。 2004年にアイウェアシーンに進出。コンセプトは「Modern Vintage」。レトロモダンなメガネのブームの火付け役とも言え、デザイナー本人達がアイウェアのデザインに関わるなど、完璧な仕立てと抜群のカッティングセンスで高い完成度と芸術性を持つブランドです。

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)のサングラスの人気モデル

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

銘品晴夫作

銘品晴夫作(MeihinHaruoSaku)は、セルフレームの代名詞とも言える技術力を結集したアイウェアブランドです。フロント・テンプルともに6mmもある生地より一枚一枚手磨きで削りだし生成されるフォルムと美しさが感じられる素材の艶は他ブランドの追随を許しません。知る人ぞ知るこだわりのブランドとなっています。

ツェツェx越前國甚六作

鯖江の眼鏡職人と気鋭のブランド「tse tse」とのコラボ作品。鯖江が誇る世界最高水準の眼鏡職人の技術と、ノーコンセプトを提唱する奇抜なデザインを融合させることで、今までのセルロイドのイメージを一新したクールなニューブランド、ツェツェx越前國甚六作(tse tse x echizennokuni jinrokusaku)。
セル生地フレームの加工には熟練された感覚が必要なため、相当量の技術力が要求される。このモデルは「「tse tse」のデザインに、セルロイドの魅力をかけ合わせるために生まれた、必然的なコラボレーションです。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレームが、角矢甚治郎(Kadoya Jinjiro)です。
原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいのが特徴のセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した、極上の掛け心地をお約束する至上の逸品です。