クラシックメガネ特集

今年のメガネトレンドはクラシック!知的でレトロな雰囲気を出しながらもオシャレな最新クラシックメガネをご紹介。

クラシックメガネ

ちょい細クラシック

ちょい細クラシック

時代を越え、永く愛され続けてきたクラシックメガネのフォルムはそのままに、トレンドに合わせて細身のフレームで再現したちょい細クラシックは、いまどきの着こなしにも溶け込む調和性とスマートなおしゃれを演出します。

昔ながらの重厚クラシック

昔ながらの重厚クラシック

クラシックメガネといえば重厚感!べっ甲、セルロイドなどの素材で作られていた時代を思い起こさせる重厚なクラシックメガネは、主張性の高さがファッションアイテムとして幅広い年齢層にファンを持つ要因です。

職人クラシック

職人クラシック

「眼鏡職人」と呼ばれる匠の手によって1本1本丁寧に仕上げられた職人クラシックメガネ。ディテールにこだわり、見えない部分にも気を使いながら作られるメガネフレームは、高い品質とファッション性を高いレベルで融合させます。

Oh My Glasses TOKYOが選ぶクラシックメガネブランド

トムフォード

クラシックをエレガントに演出する"TOMFORD"

名門ブランド・グッチ復活の率役者となったトムフォード(Tomford)が展開するブランドのクラシックメガネフレーム。クラシックなフォルムを基にしながらも、その独創的なデザインセンスでエレガントさを演出し、全く新しいスタイルを生み出しています。

59 ヒステリック

ストーリーのあるデザイン''59 HYSTERIC''

デモレンズに刻まれた「STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS(何年も経っているのに、今でもときめいてしまう)」という言葉にも現れる『天才たちへの憧憬(憧れ)』が高いデザイン性で再現された59ヒステリック(59 HYSTERIC)のクラシックメガネ。

ヴィクター&ロルフ

パリコレでも注目 ''VICTOR&ROLF"

パリコレクションのデザイナーランキングで上位に位置し、バイヤーやジャーナリストの評価も注目度も高い2人のデザイナーヴィクター&ロルフ(VICTOR&ROLF)のクラシックメガネ。アートとモードのバランスが高い完成度と芸術性を持っています。

角矢甚治郎

匠の技が光る''角矢甚治郎''

まさに「匠の技」を賞賛される熟練された職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレーム“角矢甚治郎 (Kadoya Jinjiro)”。クラシックを代表する角矢甚治郎 (Kadoya Jinjiro)は使い込んで磨けば磨くほど光沢感が出ます。

Oh My Glasses TOKYOおすすめのクラシックメガネ

Oh My Glasses TOKYOで買うとお得なポイント