クラシックメガネ特集

今年のメガネトレンドはクラシック!知的でレトロな雰囲気を出しながらもオシャレな最新クラシックメガネをご紹介。

オーマイグラス オンラインストアが選ぶクラシックメガネブランド

トムフォード

名門ブランド・グッチ復活の率役者となったトムフォード(Tomford)が展開するブランドのクラシックメガネフレーム。クラシックなフォルムを基にしながらも、その独創的なデザインセンスでエレガントさを演出し、全く新しいスタイルを生み出しています。

丹羽 雅彦

クラシックフレームの権威的職人、丹羽雅彦による最新素材と昔ながらの手法を融合したフレーム。眼鏡産地の中でも昔ながらの手づくり職人の多く残る「河和田地区」においてアンティークマシーンを使いこなし、一段上をゆくクラシックフレームを生み出しています。

ヴィクター&ロルフ

パリコレクションのデザイナーランキングで上位に位置し、バイヤーやジャーナリストの評価も注目度も高い2人のデザイナーヴィクター&ロルフ(VICTOR&ROLF)のクラシックメガネ。アートとモードのバランスが高い完成度と芸術性を持っています。

Oh My Glasses TOKYO

メガネの街として100余年の歴史を歩んで来た福井県鯖江市。この街で、ものづくりにこだわる職人により、ひとつづつ丁寧に作られています。熟練した人の目と手が入ることで、高い品質を維持し支えています。長く使っていただけるよう、細部の細部まで神経を研ぎすませ、見えない部分にまでこだわり、多くの行程を経て完成したメガネをみなさまに届けています。

角矢甚治郎

まさに「匠の技」を賞賛される熟練された職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレーム“角矢甚治郎 (Kadoya Jinjiro)”。クラシックを代表する角矢甚治郎 (Kadoya Jinjiro)は使い込んで磨けば磨くほど光沢感が出ます。

オリバーピープルズ

1987年に創設され、LAに本社を設けるオリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)。繊細なヴィンテージデザインと現代的なシルエットの絶妙なバランスの、「スタイリッシュヴィンテージ」と呼ばれるスタイルを確立し、多くの著名人に愛されています。

ヒューゴボス

ヒューゴボス(HUGO BOSS)は、革新的デザインの中にクラシカルなエレガンスさが特徴です。ドイツのブランドではありながら、日本の福井県鯖江市で作られるメガネもあり、かけ心地の良さを重視する方にも人気となっています。ビジネスでも使える汎用性の高さと、アイデンティティを結集したモデルは、世界中で愛されている理由のひとつとなっています。

マッサーダ

MASSADA(マッサーダ)は、2010年にポーランドで創業した、知性と好奇心、美的感性に満ちた真にアーティスティックなアイウェアブランド。
「神は細部に宿る」をモットーに、チタンは日本の鯖江、アセテートはイタリアの職人によるハンドメイドと、素材・品質へ徹底的にこだわるとともに、「アイウェアは彫刻である」と定義し、ディティールに彫刻作品のモチーフを盛り込むなど、創業者兼チーフデザイナー・ケイト・ルピンスキーの美的感性に溢れています。

クラシックメガネの関連商品

  • 27,000円 (税込)

    ブロー部分にアクセントのある、サーモントタイプのフレームです。 太めのブローは、クラシックながらも引き締め効果抜群。 左右に張り出したリムサイドで、小顔効果も狙えます。 カシメ加工と繊細な彫刻も、さりげなくレトロ。ディティールまで作り込まれた、こだわりのデザインとなっています。 こちらは、ツヤありシルバーのフレームに、光沢感あるブラックのブローのコンビ。 上品さもクールさも叶える、魅力的なモデルです。

  • 31,320円 (税込)

    リムを細く仕上げた華奢で上品なボストンタイプ。ややコンパクトなサイズ感で、女性にもおすすめ。ヴィンテージ感溢れるキーホール型のブリッジがアクセントに。何度も復刻を繰り返す名作。

  • 24,840円 (税込)

    アセテートのフロントにメタル製テンプルを掛け合わせた、コンビフレームです。 小ぶりなウェリントンモデルで、ユニセックスなスタイル。 ヨロイとテンプルには、細やかな飾り彫りがあしらわれ、ヴィンテージの気品にも満ちています。 主張しすぎない、おちついたカラーリングで、顔回りをぐっと上品に。 山型に盛り上がたブリッジは、鼻を高くすっきりと見せてくれます。

  • 35,640円 (税込)

    四角いウェリントン型をしたフルリムのメガネです(色は黒縁)。品質に定評のある日本製・鯖江産。

  • 30,240円 (税込)

    フロントは2面転写を施した、クラシックラウンド型のフレーム。ヨロイ、ブリッチ、テンプルにはミリ彫り仕様となっています。 こちらの製品は、日本製です。

  • 28,080円 (税込)

    ヴィクター&ロルフ 70-0138-02のご紹介です。こちらのフレームは丸みを帯びた形状でクラシカルで知的な雰囲気を演出します。縦幅のある形状ですので視野が広く取れます。フレーム材質はプラスティック素材です。こちらの製品はフランス製となります。

  • 43,200円 (税込)

    極限まで細さを追求したツーブリッジフレーム。 リムの前後に七宝が塗り込まれており、角度によって違った表情が楽しめます。 1987年に創設され、LAに本社を設けるオリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)は、ラリー・レイトによる、クラッシックデザインにインスパイアされたアイウェアコレクションから始まりました。 繊細なヴィンテージデザインと現代的なシルエットの絶妙なバランスの、「スタイリッシュヴィンテージ」と呼ばれるスタイルを確立し、多くの著名人に愛されています。

  • 21,600円 (税込)

    シンプルでスタンダードなボストンシェイプのセルフレーム。 少しウェリントンのニュアンスを含んだ楕円形ですので、初めて丸型のフレームに挑戦される方にもお気軽にお使いいただけます。 リムの両端(智)とテンプルの根元部分にはメタルポイントが施され、さりげないアクセントに。 セルフレームですが鼻に当たる部分にはクリングスパットが採用され、よりズレにくいようにフィッテングすることも可能です。 クラシカルな印象のフレームですので、ビジネスやカジュアルなシーンにまで幅広くお使いいただけます。日本製メガネに初めて挑戦される方には、特におすすめの一本です。 こちらのカラーはクリアグレー。クリアタイ...

  • 23,760円 (税込)

    これまでにないコンセプトのサングラスを作るにあたり、コンセプトを十分に体感いただきつつ、モノそのものの魅力も感じていただくには、どうしたら良いか。 クリエイティブチームや、鯖江の協力会社と一緒に考え抜き、辿り着いたのは「ヴィンテージクラシック」でした。 これから歴史を積み重ねていくサングラスブランドにするには、これまでの歴史に対して敬意を表し、受け継ぐべきだからです。サングラスの原点に立ち返り、研究・参照しながら、現代的なアップデートを試みたモデルを作りました。 Geppaku / 月白 月白(げっぱく)とは、月の光を思わせる薄い青みを含んだ光の色。月が東の空に昇るの際に...

  • 30,240円 (税込)

    フロントは2面転写を施した、クラシックラウンド型のフレーム。ヨロイ、ブリッチ、テンプルにはミリ彫り仕様となっています。 こちらの製品は、日本製です。