クラシックメガネ特集

今年のメガネトレンドはクラシック!知的でレトロな雰囲気を出しながらもオシャレな最新クラシックメガネをご紹介。

オーマイグラスの通販サイトが選ぶクラシックメガネブランド

トムフォード

名門ブランド・グッチ復活の率役者となったトムフォード(Tomford)が展開するブランドのクラシックメガネフレーム。クラシックなフォルムを基にしながらも、その独創的なデザインセンスでエレガントさを演出し、全く新しいスタイルを生み出しています。

丹羽 雅彦

クラシックフレームの権威的職人、丹羽雅彦による最新素材と昔ながらの手法を融合したフレーム。眼鏡産地の中でも昔ながらの手づくり職人の多く残る「河和田地区」においてアンティークマシーンを使いこなし、一段上をゆくクラシックフレームを生み出しています。

ヴィクター&ロルフ

パリコレクションのデザイナーランキングで上位に位置し、バイヤーやジャーナリストの評価も注目度も高い2人のデザイナーヴィクター&ロルフ(VICTOR&ROLF)のクラシックメガネ。アートとモードのバランスが高い完成度と芸術性を持っています。

Oh My Glasses TOKYO

メガネの街として100余年の歴史を歩んで来た福井県鯖江市。この街で、ものづくりにこだわる職人により、ひとつづつ丁寧に作られています。熟練した人の目と手が入ることで、高い品質を維持し支えています。長く使っていただけるよう、細部の細部まで神経を研ぎすませ、見えない部分にまでこだわり、多くの行程を経て完成したメガネをみなさまに届けています。

角矢甚治郎

まさに「匠の技」を賞賛される熟練された職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレーム“角矢甚治郎 (Kadoya Jinjiro)”。クラシックを代表する角矢甚治郎 (Kadoya Jinjiro)は使い込んで磨けば磨くほど光沢感が出ます。

オリバーピープルズ

1987年に創設され、LAに本社を設けるオリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)。繊細なヴィンテージデザインと現代的なシルエットの絶妙なバランスの、「スタイリッシュヴィンテージ」と呼ばれるスタイルを確立し、多くの著名人に愛されています。

ヒューゴボス

ヒューゴボス(HUGO BOSS)は、革新的デザインの中にクラシカルなエレガンスさが特徴です。ドイツのブランドではありながら、日本の福井県鯖江市で作られるメガネもあり、かけ心地の良さを重視する方にも人気となっています。ビジネスでも使える汎用性の高さと、アイデンティティを結集したモデルは、世界中で愛されている理由のひとつとなっています。

マッサーダ

MASSADA(マッサーダ)は、2010年にポーランドで創業した、知性と好奇心、美的感性に満ちた真にアーティスティックなアイウェアブランド。
「神は細部に宿る」をモットーに、チタンは日本の鯖江、アセテートはイタリアの職人によるハンドメイドと、素材・品質へ徹底的にこだわるとともに、「アイウェアは彫刻である」と定義し、ディティールに彫刻作品のモチーフを盛り込むなど、創業者兼チーフデザイナー・ケイト・ルピンスキーの美的感性に溢れています。

おすすめのクラシックメガネ