ドゥアン(DUN)についての関連記事

素材にこだわったアイウェアブランド「ドゥアン」「スレンディー」を生み出す、三工光学のモノづくり

メガネブランド勉強会で聞いた「Dun(ドゥアン)」「SlenD(スレンディー)」など素材にこだわる三工光学のメガネづくり

ドゥアン(DUN)の人気モデル

ドゥアン(DUN)の人気モデルです。

ドゥアン(DUN)のメガネフレームの人気モデル

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレームが、角矢甚治郎(Kadoya Jinjiro)です。
原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいのが特徴のセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した、極上の掛け心地をお約束する至上の逸品です。

ドゥアン

テンプルやヨロイ部分にゴムのように柔らかく、しなやかで、しかもチタン合金よりも高強度な素材GUMMETAL(ゴムメタル)を使用し、世界で最も優れた「かけごごち」を追求するドゥアン(DUN)。
弾力性/加工性に優れ、限りなく人体に優しい合金で、ポテンシャルを引き出しながらハイレベルなデザインを施し、まるでふわりと包み込まれる様な、優しいしなやかな「かけごごち」を感じとって頂けます。

ベセペセ

BOSTON CLUBが1998年にリリースしたアイウェアブランド、ベセペセ(BCPC)。日本人に似合うカラーを取り入れ、アイウェアを楽しむブランドとして多くの女性に愛されています。
また、Made in Japanに裏付けされた高品質で掛けやすく耐久性に優れたメガネを提案するとともに女性がより女性らしく表現する為にフェミニンな印象を演出しています。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、ブリッジの磨きの美しさに現れています。