登山用サングラス特集

登山をする方におすすめの登山用サングラスをご紹介。

登山用サングラス

登山人口の増加

トレッキングやトレイルなど、山に登る人々は増えています。低い山でのトレッキングから高い山への登山、冬時期の雪山に登るときなど、登山に関わるありとあらゆる状況でサングラスをかけたほうがいいでしょう。よく選ばれているブランドは「オークリー(Oakley)」や「スワンズ(SWANS)」などがあります。

目を物理的な危険から守る

目を物理的な危険から守る

低い山に登る場合、その山はほぼ樹林帯でしょう。そういった場所で登山すると、道に枝が飛び出していて、前の登山者が枝を押して通ると、その後を続く人に枝が当たることもあります。そうした場合、枝から目を保護するためにも役に立ちます。樹林帯を歩くと、木漏れ日の中で歩くことが多いので、サングラスをしておくと眩しくないでしょう。富士山など高い山に登る人も多いでしょう。

紫外線から目を守る

天気が良ければ直射日光が照りつけ、強い太陽光にさらされることになります。紫外線が強烈で、裸眼だと目が疲れてしまうので、サングラスを着用するようにしましょう。 雪山でサングラスを使用する最大の目的は目を有害な光から保護すること。雪山では反射の紫外線もあるため、より紫外線から目を守ることを心がける必要があります。低山と高山でサングラスを兼用するなら、可視光透過率が30%程度のサングラスをおすすめです。これであれば、木陰でも照り付ける太陽の下でも両方活用できます。

Oh My Glasses TOKYOで買うとお得なポイント