オークリー(OAKLEY)の人気モデル

オークリー(OAKLEY)の人気モデルです。

オークリー(OAKLEY)のサングラスの人気モデル

  • 1
    37,800円 (税込)

    オークリー(OAKLEY)はイチローをはじめ、世界中のアスリートから絶大な信頼と賞賛を得るスポーツサングラスのトップブランド、オークリー(OAKLEY)。 「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」を掲げ、世界で最も突破するのが困難とされる工業規格ANSI Z87.1の工業規格8部門をアイウェアブランドとして唯一、単一でクリアするオークリー(OAKLEY)のプロダクトは圧倒的な機能性と斬新なデザインを誇ります。 こちらの製品は、可視光線透過率20%、紫外線透過率1.0%以下です。

  • 2
    31,320円 (税込)

    世界最難関の工業規格を突破した「オークリー」のサングラス。優れた耐久性とフィット感で、スポーツ用のアイウェアとして世界トップレベルの人気を誇っています。ハイカーブで目元をしっかりと包み込むサングラスは、あらゆる角度から日差しや紫外線をカットします。ヘルメットとの互換性が保てる3段階の調節機能が付いています。 レンズ上部が広いため、前傾姿勢でも視界を大きく保てます。また、路面をハッキリとしたコントラストに見せてくれるレンズは特にサイクリングなどにピッタリです。スイッチロックテクノロジーが採用されており、状況に応じてレンズを簡単に交換できるのも魅力です。

  • 3
    33,480円 (税込)

    世界最高峰の人気を誇るスポーツアイウェアブランド「オークリー」のサングラス。軽いかけ心地とシンプルなデザインで、スポーツシーンだけでなく、普段使いにもピッタリです。偏光グラスを採用していますので、対象物の輪郭がハッキリと捉えられ、疲れ目を防ぎます。ゴルフやフィッシング、ドライブなど、光のチラつきが気になる方には最適です。 レンズカラーはグレーですので日差しを遮る効果が高く、クリアで自然な視界も特徴です。


オークリー(OAKLEY)のシリーズ一覧

オークリーには人気のシリーズがあります。 クロスリンク、ジョウボーン、ソケットなどの代表的なシリーズをご紹介。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

丹羽 雅彦

クラシックフレームの権威的職人、丹羽雅彦による最新素材と昔ながらの手法を融合したフレーム。眼鏡産地の中でも昔ながらの手づくり職人の多く残る「河和田地区」においてアンティークマシーンを使いこなし、一段上をゆくクラシックフレームを生み出しています。

銘品晴夫作

銘品晴夫作(MeihinHaruoSaku)は、セルフレームの代名詞とも言える技術力を結集したアイウェアブランドです。フロント・テンプルともに6mmもある生地より一枚一枚手磨きで削りだし生成されるフォルムと美しさが感じられる素材の艶は他ブランドの追随を許しません。知る人ぞ知るこだわりのブランドとなっています。

ハンドメイドアイテム

ハンドメイドアイテム(HAND MADE ITEM)は職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸し出しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴です。掛け心地にも優れ、洗練されたクラシカルな雰囲気を感じさせるハンドメイドアイテム(HAND MADE ITEM)は長年多くの人から愛されています。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。


オーマイグラス株式会社のオリジナルブランド「Oh My Glasses TOKYO」「TYPE」「PAGE」

オーマイグラス株式会社が展開するオリジナルブランド。全て福井県鯖江市で生産しており、日本品質を世界へ届けます。


Oh My Glasses TOKYO

2015年にスタートした、オーマイグラス株式会社が日本だけでなく世界に展開するオリジナルアイウェアブランド。
日本が世界に誇る眼鏡の産地、福井県・鯖江市。ここでは、優れた職人たちが、手間ひまかけて『ていねいな眼鏡』を作り上げています。
私たちオーマイグラスはITのチカラで流通を効率化し、ムダな中間コストをカット。買い手にとっても、作り手にとっても、世界にとってもフェアな価格を実現しました。
ていねいな眼鏡を、適正な価格で。世界に開かれたインターネット発の企業だからこそ、できること。

TYPE

文書によるコミュニケーションにおいて、書体(typeface)のデザインがメッセージの伝わり方に影響を及ぼすように、
眼鏡のフレームの微妙なデザインの違いは、それをかける人の印象に変化をもたらします。
「TYPE」は書体と眼鏡の、機能的、デザイン的な共通点に着想を得て誕生したアイウェアブランドです。

PAGE

オーマイグラス株式会社による、レンズカラーにフォーカスした社会貢献型アイウェアブランド“PAGE(ペイジ)”、2018年6月デビュー。
スペシャルサポーターにプロサッカー選手 本田圭佑氏を迎え、「忘れられない瞬間や景色」から抽出したカラーで、オリジナルのカラーレンズを作りました。
世界の風景を未来へと繋げていくため、売上の2%を恵まれない子どもたちに寄付します。