セイバー(SABRE)の人気モデル

セイバー(SABRE)の人気モデルです。

セイバー(SABRE)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    15,400円 (税込)

    セイバー ROCKET SV230-13412Jのご紹介です。まっすぐ空に向けて突き進む飛行体を冠したTHE ROCKET(ロケット)モデルです。レトロな装飾デザインや特徴的なブリッジ、そして他に類をみないカラーリングがSABREの真骨頂です。随所にコダワリを散りばめた高いデザイン性が、コーディネートのアクセントとして活躍します。

  • 2
    15,400円 (税込)

    制御不能な鋭利な牙という意味を持つカリフォルニア・ニューポートビーチ発のブランド、SABRE(セイバー)。 SABREはハードコアやパンクミュージックをはじめ、スケートボード、サーフィン、アートといったサブカルチャーをバックボーンに持つ、2007年に設立されたアイウェアを中心とするブランド。ハザード(警告)ロゴがブランドのトレードマークです。こちらはクラシックなラウンドタイプです。カラーはデミ柄。テンプルにはハザードロゴが入っています。可視光線透過率81%で、紫外線を99%以上カットする優秀サングラスです。色はついていないので、紫外線をしっかりカットするダテメガネとしても使うことができます。

  • 3
    13,200円 (税込)

    まっすぐ空に向けて突き進む飛行体を冠した今作のTHE ROCKET(ロケット)。 ロケットの飛行する放物線や曲線美を基に、スマートなメタルラウンドフレームの初期のイメージ画が描かれました。 語源とされるケルト語の「糸を紡ぐ」ように、細いメタル素材で全体を纏めていながらも、レトロな装飾デザインや特徴的なブリッジ、そして他に類をみないカラーリングがSABREの真骨頂。 固定概念としてあるラウンドフレームのイメージを突き破ってくれるモデルです。 こちらの製品は、可視光線透過率81%、紫外線透過率1.0%以下。

セイバー(SABRE)のサングラスの人気モデル

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

ハンドメイドアイテム

職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴。量産品では味わえない本物志向のクラシックなフレームは、かけやすさ・かけ心地よさもあいまって長年多くの人々から愛され続けています。

ハマモト

日本が世界に誇るメガネの産地である福井県鯖江市を拠点とし、金属加工の技術で高い評価を受ける浜本テクニカルが打ち出すアイウェアブランド、ハマモト(HAMAMOTO)。
「既成概念を破る眼鏡作り」をコンセプトに掲げ、設計段階から機能とデザインを追求したものとなっており、その軽さと抜群のフィット感で掛ける人を魅了しています。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、日本製、鯖江ならではのブリッジの磨きの美しさに現れています。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。