世界中のメガネの中から、運命の1本に出会える、返品無料/送料無料のメガネ通販

送料無料・返送料無料でお届けします。

Ray-Ban (レイバン)の偽物を買わないための注意点

有名なブランドになり、多くの人に愛され、ブランド価値が高い製品ほど、その人気ゆえに偽物も出まわってしまいます。Ray-Ban(レイバン)を気に入り、せっかく買おうと思っても偽物を買うことになってしまってはがっかりですよね。ただ、これまでは偽物の製品は質も低く、一般人でもひと目みて直ぐに偽物だとわかるものでした。

しかし、最近のスーパーコピーという偽物は、一般人が一見しただけでは本物と偽物と区別がつかなくなっています。スーパーコピー製品は以下のよう状態で販売されています。

画像引用元 (レイバンのスーパーコピーの販売ウェブサイト)

この偽物はCHANEL(シャネル)、Louis Vuitton(ルイヴィトン)といったラグジュアリーブランドだけでなく、Ray-Ban(レイバン)のサングラスにおいても出回っています。せっかく高いお金を支払って購入したのに、偽物だったら悲しいですよね。

今回は、一般の方が購入前に実施できるRay-Ban(レイバン)の偽物対策を書いていきたいと思います。購入する方法は大きく店頭での購入と、オンラインでの購入に分けられます。まずは、店頭で購入する際の注意点から見ていきましょう。

店舗での購入の注意点

(Photo:Some rights reserved by slimmer_jimmer)

店舗で購入する際には、以下の三つの注意点に気を配りましょう。

  1. 保証書の有無
  2. 店舗の信用性
  3. ロゴでの判断

1. 保証書の有無

まず、保証書の有無をチェックしましょう。現在、イタリアのルクソティカ社がRay-Ban(レイバン)のブランドを購入してからは、日本でのRay-Ban(レイバン)の正式代理店、ミラリジャパン株式会社が販売のライセンスを所持しています。

ミラリジャパン株式会社からRay-Ban(レイバン)の正式な小売店として、認可されていて、保証書付きであればまず問題はありません。店舗での購入で問題になるのは、ルクソティカ社の前に販売されていたボシュロム社のRay-Ban(レイバン)になると思います。さらにボシュロム社のRay-Ban(レイバン)は、非常に多くのファンに愛されていることから、偽物も多く出回っています。

ボシュロム社のRay-Ban(レイバン)を店舗で購入する際、古着屋やアンティークショップなどで売られているビンテージ品には保証書もなかったりするので、その店舗が信用できるかを判断したほうがよいと考えます。

2. 店舗の信用性

保証書がないRay-Ban(レイバン)のビンテージ品を購入する場合の次の判断として、店舗の信頼性を考えるのが良いと先ほど述べました。店舗の信頼性を把握するためには、インターネットで店舗のレビューを見たり、普段からお世話になっているような信頼性の高いお店で購入するのが一番よいと思います。

3. ロゴでの判断

最後はロゴでの判断になります。ボシュロム社のロゴとRay-Ban(レイバン)の正式なロゴを店舗に持って行き、判断をしましょう。正式なロゴには定められたフォント、角度、大きさがあります。

フレームには、「Ray-Ban(レイバン)」というロゴがあり、右レンズに、「Ray-Ban」、左レンズには「RB」が明記されているのを確認します。これがない時点で偽物を疑いましょう。(※モデルによってはRay-Banが明記されていないモデルもあります。)

ロゴがあれば、そのロゴを正式なロゴと見分ける必要があります。しかしこれを見分けるのは非常に難しいもの。なかなか偽物か本物か判断がつかない場合は、そのRay-Ban(レイバン)は購入しないほうがよいと思います。

インターネットでの購入の注意点

(Photo:Some rights reserved by alex-)

最後はロゴでの判断になります。ボシュロム社のロゴとRay-Ban(レイバン)の正式なロゴを店舗に持って行き、判断をしましょう。正式なロゴには定められたフォント、角度、大きさがあります。

フレームには、「Ray-Ban(レイバン)」というロゴがあり、右レンズに、「Ray-Ban」、左レンズには「RB」が明記されているのを確認します。これがない時点で偽物を疑いましょう。(※モデルによってはRay-Banが明記されていないモデルもあります。)

ロゴがあれば、そのロゴを正式なロゴと見分ける必要があります。しかしこれを見分けるのは非常に難しいもの。なかなか偽物か本物か判断がつかない場合は、そのRay-Ban(レイバン)は購入しないほうがよいと思います。

昨今の流れを考えると、店舗での偽物より、インターネットや通販サイトでの購入の方が偽物の流通量が多いですね。むしろ、偽物を売りにして、販売をしてるサイトもあります。インターネットでは実際に手元で見ることができる前に決済がされてしまいます。そのため、購入前はPCの前で、判断する必要になります。

ECサイトで購入する際の注意点

Ray-Ban(レイバン)をECサイトで購入する際は、ある3つの言葉をセットにして強調しているところは注意した方がよいと思われます。その3つの言葉とは以下の3つ。

  • 並行、(直)輸入
  • 激安
  • 正規品

「並行輸入で現地イタリアから直接仕入れてるのでご安心ください。」と記載しているようなECサイトでの偽物被害が非常に多くなっているようです。また、明らかに定価より格安な場合は、偽物の可能性が高くなりますので、購入は控えたほうが良いです。

ネットオークションにおける注意点

ネットオークションの場合は、購入したものの商品が届かないという恐れもあります。新規での出品者、信用度に欠ける出品者には気をつけたよさそうです。

Oh My Glassesをご利用することをオススメ致します!

Ray-Ban(レイバン)のサングラスはインターネットでも、実店舗でも信用がおけるところでの購入するのが良いと思います。Oh My Glassesではきちんとした商品を取り扱い、無料で自宅でお試しいただける実物を見て試着した上で購買することができます。

Oh My GlassesでRay-Ban(レイバン)を購入したいという方は、下記のリンクよりお試しください。