ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

Ray-Ban(レイバン)のレンズの秘密?

突然ですが、皆さんはサングラスと言えば、どこのブランドを連想しますか?

Oliver Peoples(オリバーピープルズ)やOliver Goldsmith(オリバーゴールドスミス)、あるいはOakley(オークリー)かもしれません。

ですが、皆さん、Ray-Ban(レイバン)を思い浮かべた方が最も多いのではないでしょうか。

Ray-Banレイバン)はその知名度、品質から、サングラスの代名詞となっていると言っても過言ではないでしょう。

芸能人やセレブ間での愛用者も多く、映画やメディアへの露出も多いこともあって、その人気は計り知れないものがあります。

「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」という言葉をポリシーに掲げるRay-Ban(レイバン)。

今回はRay-Banレイバン)のレンズの秘密を探ってみました。

Ray-Ban(レイバン)のレンズの特徴

紫外線100%カット

長時間浴びると人体に悪影響を与えると言われる紫外線ですが、目も決して例外ではありません。

中でもB波と呼ばれるものは、私たちの目にとって大変危険な存在で、激烈な眼痛や羞明を感じる雪眼炎や紫外眼炎、失明に至る可能性もある白内障を引き起こします。

Ray-Banレイバン)のレンズはそのB波を100%、紫外線と、A波も98%カットしてくれるので、安心して目を預けることが出来ます。

 

光を確実にカット

Ray-Ban(レイバン)のレンズはあらかじめ記事自体に色を塗りこんでいる特殊なガラスを使用しており、これにより一般的に65%以上吸収すれば眩しさを防ぐことが出来るとされる可視光線(目に見える光)を確実に吸収、カットしてくれます。

昨今では、ファッション性に偏るあまり、しっかりとした防眩効果を備えていないものも多いですが、Ray-Banの1本であれば安心です!

目の疲れを防止

メガネやサングラスを長時間かけた後に外して見ると、目の疲れを感じることは多いですよね?

Ray-Ban(レイバン)のレンズは高純度光学ガラスを使用し、高度な技術で研削・研磨、一切の不純物を排除しています。

レンズの耐久性や光学性といった見え方にも関係する歪みもなく、長時間の使用でも疲労感や不快感を感じることなくお使い頂けます。

 

優れた色の再現性

サングラスを掛けるときにあがる問題点の1つとして必ずあがるのが、裸眼で見る色とサングラスをかけて見る色に差異が生じてしまう色の再現性についての問題です。

薄いレンズであれば、色の再現性は高いですが、日差しを十分にカットできないという問題が生じます。

Ray-Banレイバン)のレンズは光の透過率から、色の再現率が完璧に近く、自然の色を裸眼で見るのと同じように見ることが出来るので、ドライブやスポーツ、特にゴルフ等をする人にとって非常にありがたい存在です。

さて、今回はRay-Ban(レイバン)のレンズの主となる4つの特徴を紹介しました。

上記以外にも、特殊強化レンズを採用するなど、使う人にとって最大限の物を提供しています。

昨今ではサングラスのファッション性が高くなり、その分機能性が置き去りにされている場面も目立ちます。

世界中のセレブ、ファッションリーダーに愛されるデザイン性を持ち、さらに最高の品質を保証するRay-Ban(レイバン)1本、この機に是非購入を考えてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です