ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

もう置き忘れたりしない!iBeaconを利用したサングラス「Tzukuri」が登場

日差しの強い日にサングラスをかけてでかけ、室内にいる間に日が暮れて、外していたサングラスを忘れて帰ってしまった、そんな経験はありませんか?

お気に入りのサングラスを忘れてしまったら悲しいもの。そんな悲劇をなくすために、オーストラリアのTzukuriが、サングラスの置き忘れを防止するためにiPhoneにアラートを出すことできる、「iBeacon」を使ったサングラスを開発しました。

「iBeacon」って何?

「iBeacon」は、iPhoneを開発する米メーカー「アップル」が新たに提供を開始したiOS 7の標準機能となった、近距離無線通信技術。Bluetoothと呼ばれる通信技術を活用し、約10メートルの範囲でiPhoneへのプッシュ通信を可能にします。

iBeaconとiPhoneを使うとどのような世界が実現できるのかがよく分かるムービーがこちらです。

「Tzukuri」の仕組み

「Tzukuri」はサングラスのテンプル部分にBluetoothチップが埋め込まれています。これが通信をするカラクリになっています。サングラスとiPhoneを一度接続すると、専用アプリがデバイス間の距離を認識して、約5m離れた時点でアラートを表示してくれます。アラートに対応しないと、約10m、約15mと5mごとに離れたタイミングで再度アラートがでるようになっています。

通信に必要な電力供給はサングラスに内蔵されたBluetoothチップについている極小の太陽電池から行われます。サングラスは基本的に太陽光に当たる場所で利用するもの。充電しながら利用することができそうですね。もし、充電が必要になった場合はiPhone上に「1時間ほどサングラスに太陽光を浴びせるように」と通知してくれるそうです。

このアラート機能は、サングラスをかけた状態でiPhoneから離れた場合にも動作します。サングラスが離れている状態をアプリが感知し、iPhoneから音を出します。アプリは位置情報を読み取って、ユーザがどこにいるのかを学習するため、iPhoneとサングラスが離れると毎回大音量でアラートがでるわけではありません。

福井・鯖江によるハンドクラフト

このサングラスは、福井・鯖江の職人の技術を使ってフレームが作られています。海外でもメガネフレームタイプのデバイスを開発しようとする人たちは、鯖江の技術を頼りにしているようですね。

このサングラスは全部で6種。今なら50ドル(約5,120円)のデポジットを支払うことで、250ドル(約2万5580円)で購入することができます。Tzukuriは、今年の12月ごろの発売を予定しているそうです。

関連記事
No articles