ツェツェ(tse tse)の人気モデル

ツェツェ(tse tse)の人気モデルです。

ツェツェ(tse tse)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    27,500円 (税込)

    レトロモダンな変形ウェリントン。パリ型と言われるレンズシェイプです。テンプルはチタン製で、あえてモダンを取り付けずに、金属の質感を強調しています。 日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視し、独自のスタンスを保つツェツェ(tse tse)。 最高の眼鏡技術と未知なる創造力を融合し、細部にまでいたるデザインと性能で、さらなる進化を遂げ続けているブランドです。

  • 2
    33,000円 (税込)

    ツェツェ(tsetse)は「ノーコンセプト」をテーマとした、既成概念にとらわれないスタンスで眼鏡作りをしている日本のメーカーです。独創的でありながら、常に流行を取り入れたデザインは多くのファンを生んでいます。このツェツェ(tsetse)T2301-3もそんな独自のコンセプトで生み出された作品です。フロントデザインは細めのスクエアで、ブリッジとリムが一体のホワイトカラーのメタルシートで作成されており、見た目に比べてとても軽く仕上がっております。テンプルはセル素材となり、表面はブラック、裏面はホワイトを基調としたモザイク風の柄となっております。

  • 3
    26,400円 (税込)

    ツェツェ T108-5 tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドです。

ツェツェ(tse tse)のサングラスの人気モデル

  • 1
    41,800円 (税込)

    tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドだ。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

丹羽 雅彦

クラシックフレームの権威的職人、丹羽雅彦による最新素材と昔ながらの手法を融合したブランド。
眼鏡産地の中でも昔ながらの手づくり職人が多く残る「河和田地区」で、アンティークマシーンを使いこなして作られています。
デザインコンセプトは「自分自身がグレードアップするフレーム」。重厚感のあるセルで、ワンランク上のかけ姿を叶えるアイウェアです。

ハマモト

日本が世界に誇るメガネの産地である福井県鯖江市を拠点とし、金属加工の技術で高い評価を受ける浜本テクニカルが打ち出すアイウェアブランド、ハマモト(HAMAMOTO)。
「既成概念を破る眼鏡作り」をコンセプトに掲げ、設計段階から機能とデザインを追求したものとなっており、その軽さと抜群のフィット感で掛ける人を魅了しています。

ハンドメイドアイテム

職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴。量産品では味わえない本物志向のクラシックなフレームは、かけやすさ・かけ心地よさもあいまって長年多くの人々から愛され続けています。

昇治郎

フジイオプチカル 創業60周年を記念して発表されたヴィンテージデザインのブランド。
創業者である「藤井 昇治郎」の名を冠とし、その息子である茂と純裕が企画・製造し、孫の藍がデザインし、太が設計を手掛ける。藤井家三世代に渡って培った技術の結晶であるブランド「昇治郎」。
歳月を掛けて蓄積した技術により絶妙なバランスで加工されたベータチタンフレームが、現代風にアレンジされたヴィンテージ調のデザインにより21世紀の眼鏡フレームに相応しい仕上がりになっています。