ツェツェ(tse tse)の人気モデル

ツェツェ(tse tse)の人気モデルです。

ツェツェ(tse tse)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    33,000円 (税込)

    ツェツェ(tsetse)は「ノーコンセプト」をテーマとした、既成概念にとらわれないスタンスで眼鏡作りをしている日本のメーカーです。独創的でありながら、常に流行を取り入れたデザインは多くのファンを生んでいます。このツェツェ(tsetse)T2301-3もそんな独自のコンセプトで生み出された作品です。フロントデザインは細めのスクエアで、ブリッジとリムが一体のホワイトカラーのメタルシートで作成されており、見た目に比べてとても軽く仕上がっております。テンプルはセル素材となり、表面はブラック、裏面はホワイトを基調としたモザイク風の柄となっております。

  • 2
    26,400円 (税込)

    ツェツェ T108-5 tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドです。

  • 3
    26,400円 (税込)

    ツェツェ T108-1 tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドです。

ツェツェ(tse tse)のサングラスの人気モデル

  • 1
    41,800円 (税込)

    tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドだ。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

ベセペセ

BOSTON CLUBが1998年にリリースしたアイウェアブランド、ベセペセ(BCPC)。日本人に似合うカラーを取り入れ、アイウェアを楽しむブランドとして多くの女性に愛されています。
また、Made in Japanに裏付けされた高品質で掛けやすく耐久性に優れたメガネを提案するとともに女性がより女性らしく表現する為にフェミニンな印象を演出しています。

ジェイスピリット

アミパリの持つこだわりをプラスした、繊細でかつ妥協のない日本ならではの技術力、ハイクオリティを特長とするジェイスピリット(JSPIRIT)。
軽くて丈夫、しなやかな弾力を誇る超弾性樹脂テンプルなど、機能性を頑なに追求し、メイドインジャパンの堅実な技術力を凝縮したブランドです。

越前國甚六作

越前國甚六こと長谷川正行氏は 1952年、福井県越前市で誕生。中学卒業後から眼鏡職人としての道を歩みだし、様々な眼鏡を手掛けた注目を集める職人の一人です。
特に、熟練された技術者ではないと取扱いが難しいセルロイド生地の加工技術は突出しており、磨き込むと「美しい光沢、艶が出る」 という、セルロイドの特性を最大限に引き出すことに評判があります。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、日本製、鯖江ならではのブリッジの磨きの美しさに現れています。