ツェツェ(tse tse)の人気モデル

ツェツェ(tse tse)の人気モデルです。

ツェツェ(tse tse)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    33,000円 (税込)

    ツェツェ(tsetse)は「ノーコンセプト」をテーマとした、既成概念にとらわれないスタンスで眼鏡作りをしている日本のメーカーです。独創的でありながら、常に流行を取り入れたデザインは多くのファンを生んでいます。このツェツェ(tsetse)T2301-3もそんな独自のコンセプトで生み出された作品です。フロントデザインは細めのスクエアで、ブリッジとリムが一体のホワイトカラーのメタルシートで作成されており、見た目に比べてとても軽く仕上がっております。テンプルはセル素材となり、表面はブラック、裏面はホワイトを基調としたモザイク風の柄となっております。

  • 2
    26,400円 (税込)

    ツェツェ T108-1 tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドです。

  • 3
    26,400円 (税込)

    ツェツェ T108-5 tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドです。

ツェツェ(tse tse)のサングラスの人気モデル

  • 1
    41,800円 (税込)

    tse tse(ツェツェ)は、1998年デビューの日本のメガネブランド。日本製にはこだわりながらも、「ノーコンセプト」であることをテーマとし、常に自由で制約の無い自由なデザインを重視したフレームを生み出している。細部にまでいたるデザインと性能は、『日本が誇るメガネの聖地』鯖江の職人が持つ一流の技術によって支えられている。一時期、ブランドとしての活動を中止していたが、2009年に復活。今後の展開が楽しみなブランドだ。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

レスザンヒューマン

レスザンヒューマン(less than human)=「人間以下」。という衝撃的な名を冠する日本のメガネブランド。
メガネ業界で活躍していたデザイナーが集まって生み出されるプロダクトは、日本のみならず世界でも高い評価を受けており、「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾」をコンセプトに掲げる通り、独特で斬新、強烈な個性を持ったメガネを造り出し、業界に驚きを与え続けているブランドです。アニメライクなアンダーリム、闇金ウシジマくんモデル、攻殻機動隊コラボなど個性的なメガネを毎シーズン創り出しています。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、日本製、鯖江ならではのブリッジの磨きの美しさに現れています。

ハンドメイドアイテム

職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴。量産品では味わえない本物志向のクラシックなフレームは、かけやすさ・かけ心地よさもあいまって長年多くの人々から愛され続けています。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。