麻布眼鏡堂(AZABUGANKYOUDOU)の人気モデル

麻布眼鏡堂(AZABUGANKYOUDOU)の人気モデルです。

麻布眼鏡堂(AZABUGANKYOUDOU)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    48,400円 (税込)

    六角籠目紋(ろっかくかごめもん)は、江戸切子の伝統的な柄の一つ。籠の紋様は「籠目」と言われ、その一つひとつが魔を見張る眼として古くから厄除けや魔よけの意味合いがありました。フロントリムのシェイプに、この象徴的な意味をもつ紋様を取り込みました。 ヘキサゴン型のリムをインナーリム仕様で仕上げ、繊細なチタンテンプルを合わせた、格調高いコンビネーションフレーム。 ノーズパッドの紋様までこだわった、福井県鯖江で作られたフレームです。

  • 2
    48,400円 (税込)

    六角籠目紋(ろっかくかごめもん)は、江戸切子の伝統的な柄の一つ。籠の紋様は「籠目」と言われ、その一つひとつが魔を見張る眼として古くから厄除けや魔よけの意味合いがありました。フロントリムのシェイプに、この象徴的な意味をもつ紋様を取り込みました。 ヘキサゴン型のリムをインナーリム仕様で仕上げ、繊細なチタンテンプルを合わせた、格調高いコンビネーションフレーム。 ノーズパッドの紋様までこだわった、福井県鯖江で作られたフレームです。

  • 3
    48,400円 (税込)

    六角籠目紋(ろっかくかごめもん)は、江戸切子の伝統的な柄の一つ。籠の紋様は「籠目」と言われ、その一つひとつが魔を見張る眼として古くから厄除けや魔よけの意味合いがありました。フロントリムのシェイプに、この象徴的な意味をもつ紋様を取り込みました。 ヘキサゴン型のリムをインナーリム仕様で仕上げ、繊細なチタンテンプルを合わせた、格調高いコンビネーションフレーム。 ノーズパッドの紋様までこだわった、福井県鯖江で作られたフレームです。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

越前國甚六作

越前國甚六こと長谷川正行氏は 1952年、福井県越前市で誕生。中学卒業後から眼鏡職人としての道を歩みだし、様々な眼鏡を手掛けた注目を集める職人の一人です。
特に、熟練された技術者ではないと取扱いが難しいセルロイド生地の加工技術は突出しており、磨き込むと「美しい光沢、艶が出る」 という、セルロイドの特性を最大限に引き出すことに評判があります。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。

ハンドメイドアイテム

職人が純国産の素材を使用し、一本ずつ丁寧に作り上げたアイウェアブランドです。
60年代のトラディショナルな雰囲気を醸しながらも、非常にモダンでスタイリッシュなフォルムが特徴。量産品では味わえない本物志向のクラシックなフレームは、かけやすさ・かけ心地よさもあいまって長年多くの人々から愛され続けています。

サバエオプト

サバエオプト(SABAE・OPT)は、小売店発のオリジナルブランドとして2011年7月に福井県鯖江市で誕生しました。
小売店運営の中での実際のお客様の声を商品開発に生かし、日本製らしい本当に軽くてしなやかな掛け心地を実現したブランドとして多くの方々に愛されるブランドとして注目を浴び成長を続けています。


Oh My Glasses TOKYO

日本が世界に誇る眼鏡の産地、福井県・鯖江市。ここでは、優れた職人たちが、手間ひまを厭わず、強い熱意で一級品の眼鏡を日々作り上げています。
その類い希なる精巧なクラフトマンシップを継承しつつ、東京の現代的感性を取り込み、普遍的なアイウェアを目指して作り上げたコレクションがOh My Glasses TOKYOです。
静謐な佇まい、洗練された意匠、精巧な細部に彩られた、新しいスタンダードアイウェアを、東京より発信していきます。

TYPE

文書によるコミュニケーションにおいて、書体(typeface)のデザインがメッセージの伝わり方に影響を及ぼすように、
眼鏡のフレームの微妙なデザインの違いは、それをかける人の印象に変化をもたらします。
「TYPE」は書体と眼鏡の、機能的、デザイン的な共通点に着想を得て誕生したアイウェアブランドです。