ゴルフのプレーに度付きスポーツサングラスの導入を検討している方へ|メガネスタイルマガジン OMG PRESS

ゴルフのプレーに度付きスポーツサングラスの導入を検討している方へ

ゴルフは直射日光に長時間さらされるスポーツであり、目の保護と視界の確保が重要なポイントとなるため、スポーツサングラスの装着が望まれます。しかし視力の弱い方の中には視力矯正用のメガネをかけてゴルフをプレイしている方もおられるでしょう。

そんな方にご紹介したいのが度付きのスポーツサングラスです。視力矯正と目の保護を両立できる優れたアイテムですから、視力に問題を抱える方のゴルフプレーに最適です。ここでは度付きスポーツサングラスのメリットや性能について解説していきますので、興味があればご参照ください。
 

スポーツサングラスがゴルファーにもたらすメリットとは?

スポーツサングラスがゴルファーにもたらすメリットとは?

ゴルフではボールの位置やコース状況がくっきりと見える視界が大切になります。しかし日光が目に入って遠くがよく見えなかったり、芝の照り返しで目の前がちかちかとぼやけたり、突然の雨で視界を奪われたり、さまざまな要因がゴルファーにストレスを与えます。これらのストレスを軽減・排除するために、スポーツサングラスが役立ちます。スポーツサングラスを装着すれば不快なまぶしさを取り除いたクリアな視界が確保できるので、太陽の光も気になりません。

さらにレンズには撥水・撥油コーティングが施されているため、激しい雨の中でも視界を奪われる心配がありません。良好な視界が得られることで裸眼のときよりもパフォーマンスの向上が期待できます。また紫外線対策の観点でもスポーツサングラスは高いサポート能力を発揮します。強烈な太陽光はただ浴びているだけでも体力を消耗しますが、特に太陽光に含まれる紫外線が肉体疲労に強い影響を及ぼします。紫外線は皮膚だけでなく、目からも体内に入り込みます。眼球を通して侵入した紫外線は目や脳の神経を刺激して、メラノサイト刺激ホルモンや副腎皮質ホルモンの分泌を促し、それらが作用することで活性酸素を増殖させます。そして増えすぎた活性酸素が細胞にダメージを与えるせいで疲労物質が発生してしまうのです。

ゴルフは屋外でおこなわれるスポーツのため、プレイ中は太陽の光を長時間浴び続けなければいけません。プロゴルファーともなれば試合時間が1日4~5時間ほどで、当日の練習時間も加えればもっと長い時間屋外で日光にさらされ続けることになり、トーナメントではそれが3~4日間も連続します。そのため紫外線から眼球を保護して疲労を緩和できるスポーツサングラスの装着は大きなメリットとなるわけです。
 

 

ゴルフ用の度付きスポーツサングラスを選ぶポイント

ゴルフ用の度付きスポーツサングラスを選ぶポイント

1:レンズの種類

紫外線対策として、高い紫外線カット性能を持つレンズを選びましょう。UVA・UVB・UVCの各種紫外線の透過を大幅に軽減できるものが理想的です。また景色の色彩をしっかり区別できる色彩弁別性能も求められます。枯れた芝生や土の色をちゃんと区別できなければ、安心してプレイに臨めません。さらに不快なまぶしさの原因となる乱反射光をカットできる偏光レンズも有効です。強い照明や直射日光や芝の照り返しから、視界を守ってくれます。紫外線の量に応じてレンズカラーを自動調節してくれる調光レンズも役立ちます。眩しい芝生の上でも暗い木陰の中でもクリアな視界を確保してくれます。雨や霧の対策として撥水・撥油コーティングも必要です。

2:レンズの色

ゴルフのプレイではレンズカラーによってボールや芝目やバンカーの見え方が違うので、状況に応じた色を選ばなければなりません。クリア系やグレー系のレンズは幅広い天候に対応でき、使いやすいカラーです。イエロー系はコントラストが高く視界が明瞭になるため、曇天でのプレイに適しています。ピンク系やオレンジ系は目がかすむ原因であるブルーライトを抑える効果があり、くっきりとした視界が確保できます。また外側から見たレンズの色と装着者側から見たレンズの色が違う場合がありますので、レンズカラーを選ぶときは必ず装着して視界の色を確認するようにしましょう。

3:形状

足元のボールに集中するシーンが多いゴルフのプレイでは、下側と横側のリムがないフレームレスタイプのスポーツサングラスが適しています。また目頭からこめかみ付近にかけて目元を保護するハイカーブフレームであれば、広い視界が確保できます。ストレスのない自然なフィット感が得られ、軽量で高い耐衝撃性能を持つフレームであることもポイントとなります。
 

快適なプレイを望むなら度付きスポーツサングラスはオーダーメイド

ゴルフをプレイするとき、通常の視力矯正用メガネをつけてプレイするよりも度付きスポーツサングラスを装着してプレイしたほうが高いパフォーマンスを期待できることがご理解いただけたでしょうか。紫外線疲労対策効果や偏光レンズの性能はゴルフプレーに充分なメリットをもたらすので、試してみる価値は大いにあります。

しかし度付きスポーツサングラスを購入する際には少し注意が必要です。通常のメガネとスポーツサングラスではレンズやフレームの形状が違うため、普段使用している視力矯正用メガネと同じ度数のレンズを選んだとしても、見え方に違和感が生じる場合があるのです。快適なプレイを望むならスポーツサングラス専門店のスタッフと相談して、自分に合った度付きスポーツサングラスをオーダーメイドしてもらうといいでしょう。
 

ゴルファーへオススメのサングラス

ゴルフグリップメーカーの「Iomic」(イオミック)のアイウェアラインとして、ゴルフ専用メガネブランドとして誕生した「Iomic eyewear」。
プロゴルファーの意見を参考に安定したフィット感とファッション性を両立させるために設計されたフレームや素材選び・耐久性・機能形状など、これまで蓄積された科学的ノウハウを取り入れています。
ゴルフクラブで一番多く肌に触れるグリップ選びの重要性が実証されたのと同じく、メガネのモダン(耳あて)も肌に触れる事の多い部分であることから、イオミックのグリップ素材である「アイオマックス」を使用。グリップにも採用されているクロス模様を施し、ノンスリップ性を高めた“究極のフィット感を実現した”ゴルフ専用メガネブランドです。※イオミックのサングラスは度付き不可商品です。

イオミック(IOMIC)のサングラスを探す