知っておきたい!セルフレームとメタルフレームのメリット・デメリット|メガネスタイルマガジンOMG PRESS

知っておきたい!セルフレームとメタルフレームのメリット・デメリット

カラフルなフレームやシャープなフレームなど、メガネ店には様々なフレームが並んでいます。メガネ選びの際に迷ってしまうのが、フレームです。メガネのフレームには主にセルフレームとメタルフレームがあります。メガネ選びに役立つ、セルフレームとメタルフレームそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

 

セルフレームのメリット・デメリット

セルフレームのメリット・デメリット
◆丈夫でデザイン性に富むセルフレーム セルロイドやアセテートといった素材でできたセルフレームのメガネは、その丈夫さやデザイン性がメリットです。特に、現在多くのメガネで使われているアセテートは、柔らかく粘り気があることが特徴です。衝撃にも強く、歪みにくく、ツヤが持続することがアセテートのメリットといえます。
また、アセテートのフレームは小ロットでの生産がしやすいため、カラーやデザインのバリエーションに富んだフレームが多く発売されています。メタルフレームであればデザインはある程度限られてしまいますが、セルフレームであれば、ストーンをはめ込んだり、模様を彫ったりという加工も比較的簡単です。このように、丈夫でバリエーションに富むフレームを安価に手に入れられる点で、セルフレームにメリットがあるのです。

◆かけ心地にデメリットがある場合も 一方で、セルフレームのデメリットとして懸念されるのはつけ心地です。セルフレームのメガネで頑丈さを実現するためには、メタルフレームよりも素材の量を必要とします。そのため、メガネをかけているうちに重さがかかり、耳や鼻に負担を感じる場合があります。
また、柔らかい素材とはいえ、金属よりは柔軟性に欠けるため、合わない形のフレームをつけていると次第に痛みを感じることもあります。購入の際にはしっかりフィッティングをし、軽量性や可動性を重視しながら、負担の少ないフレームを選ぶようにしましょう。

セルフレームを探す

 

メタルフレームのメリット・デメリット

メタルフレームのメリット・デメリット

◆弾力性があり軽量のメタルフレーム セルフレームに比べるとやや高価になりがちなメタルフレームですが、メリットは安定したつけ心地にあります。メタルフレームのほとんどはチタンやチタン合金が使われていますが、これらの金属は弾力性が高く錆びにくいことがポイントです。
セルフレームに比べ必要とする素材の量が少ないため、細くて軽いフレームが実現し、さらに弾力性の高さゆえに顔にフィットしやすいメガネとなります。
デザインの幅広さではセルフレームに劣りますが、シャープなデザインならメタルフレームの得意分野です。加工によってはカラーコーティングなども可能なため、男女ともに着用できるフレームといえます。また、セルフレームよりも汚れを心配せずにすみ、寿命が長い点もメリットです。

◆金属アレルギーなら要注意 メタルフレームに使われているチタンやチタン合金は、金属アレルギーが生じにくい素材といわれていますが、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
チタンの他にも、銅合金など様々な金属がメタルフレームとして用いられているため、金属アレルギーが不安な人は、パッチテストであらかじめアレルギーの出る金属を把握した上で、メタルフレームを購入する時に必ず素材を確認するようにしましょう。
メーカーやメガネ店によっては、金属アレルギーを防ぐためにテンプル部分にビニール加工を施すなどのサービスをしていることもあります。担当者に希望や不安を伝え、一緒に適したフレームを探していくと良いでしょう。

メタルフレームを探す

 

 

メリット・デメリットをおさえてフレームを選ぼう

メリット・デメリットをおさえてフレームを選ぼう

セルフレームもメタルフレームも、それぞれメリットやデメリットがあります。リーズナブルに多様なデザインを楽しみたければセルフレーム、軽量性や弾力性を重視しスタイリッシュなメガネにしたければメタルフレームがおすすめです。
一方で、セルフレームは重さや痛みを感じるリスクがあり、メタルフレームはやや高めの価格帯である上、金属アレルギーのリスクがあります。店頭でフィッティングしながら、個人個人に合ったフレームを選んでいきましょう。

メガネフレームを探す