メガネサイズの表記はどこにある?表記の意味は?|メガネスタイルマガジンOMG PRESS

メガネサイズの表記はどこにある?表記の意味は?

メガネサイズの表記は独特で、通常はあまり気が付かない場所に記載してあります。しかし、その数値は国際規格によって定められているものであり、日本だけでなく海外でも広く使われているものなのです。

そこで今回は、見逃しがちなメガネサイズが表記してある位置やその数字の意味などを解説します。実際のメガネ選びの際に参考にしてみてはいかがでしょうか。
 

メガネのサイズ表記はどこに書いてある?

メガネのサイズ表記はどこに書いてある?

せっかくメガネを作ってもサイズが合わなければ、快適な生活を送ることは難しいものですよね。メガネは体の一部となって、視力を補正してくれる器具だけに、つけている時間が長くなりがちです。そんなメガネが少しきつかったり、反対にずり落ちやすかったりすれば、注意が散漫になり仕事やプライベートに支障をきたすことになります。メガネにもしっかりサイズ表記があれば…と感じてしまう瞬間です。

実際のところ、メガネには明確なサイズの表記があるのでしょうか。実はある部分に、しっかりとメガネサイズは表記してあります。ではメガネサイズとはどこに表記してあるのでしょうか?メガネサイズは、テンプル(こめかみ部分にあたりフレーム)の内側に、サイズが表記してあります。たとえば「53(四角形)18-140」といった具合の表記です。これはそれぞれの数字が意味を持っており、サイズを確認するために重要な表記なのです。

メガネのサイズについて詳しく見る
 

 

メガネサイズ表記の表す意味は?

日本製と海外製でメガネサイズの表記に違いはある?

ではメガネサイズの表記が表す意味について迫っていきます。たとえば、前述したように「53(四角形)18-140」という表記があるとき、53はレンズの横幅を、18はブリッジの長さを、140 とはテンプルの長さを表現しているのです。単位はミリメートルになります。

しかし、レンズの横幅については理解できるものの、ブリッジやテンプルという言葉は聞きなれないかもしれません。ブリッジは左右のリム(レンズが入っている枠)をつないでいる部分を指します。ちょうど橋のようになっていることから、ブリッジと呼ばれているのです。
また、テンプルとはフレームの「腕」部分のこと。こめかみや耳の先まで伸びている細長いアーム部分がこれに該当します。よって、メガネサイズの表記が意味するのは、レンズの横幅・左右の窓をつなぐパーツの幅・腕の長さということになるのです。

たしかに、この3つが正確にわかってしまえば、大体のメガネサイズは表現できるといえるでしょう。レンズの横幅は目の大きさや顔の大きさ、ブリッジは鼻の位置、アームは目じりから耳までの距離に対応。人間の身体的な個人差に対応するため、この3つがメガネサイズとして採用されているのです。

ただし、この数字がそのままメガネの横幅を表現しているものではなく、実際には下記のような計算式が使われているようです。
(レンズの横幅×2)+ブリッジの長さ+15ミリメートル
この計算式を通すことで、実際のメガネの横幅を算出することができます。さらに、レンズ幅に応じて横幅の目安も決まっており、50表記であれば総横幅約138ミリメートル、52表記で142ミリメートル、54表記で146ミリメートル、56表記で150ミリメートルが想定されます。成人男性に適しているのはレンズ横幅表記が52から56、女性は50から54程度が一般的なサイズとなるのです。
 

日本製と海外製でメガネサイズの表記に違いはある?

メガネサイズは利便性を左右する重要なデータ

基本的には日本製と海外製で、メガネサイズ表記に違いはありません。これはサイズ表記の中にある四角形が関連しています。レンズ横幅とブリッジ幅の間にある四角形は、「ボクシングシステム」という国際規格を使って表記をしている証拠なのです。ボクシングシステムはドイツの国家規格であり、ISO(国際標準化機構)規格としても採用されているため、日本製・海外製問わず多くのメガネで使われています。

ただし、メガネサイズの表記はボクシングシステムのほかにもデータムラインシステムという表記方法も存在しています。ボクシングシステムが一般的になってからはあまり見かけることがありませんが、どの表記方法を採用しているかによって同じメガネでも数値が異なるため注意が必要です。テンプルの内側に四角形を挟んだ数値があれば、ボクシングシステムを採用しているという証拠ですので、仮に四角形が見当たらない場合は店員さんに確認するようにしましょう。
 

メガネサイズは利便性を左右する重要なデータ

メガネサイズは利便性を左右する重要なデータ


メガネサイズの表記について解説してきました。目立たない場所に表記してあるがゆえに、あまり注目されることのないメガネサイズ。
しかし、その数値は非常に大切で、実際の付け心地やメガネの大きさなどに関係してきます。

また、男性と女性では適応しやすいサイズも異なるため、レンズの横幅とメガネ全体の横幅に関連性は、大まかにでも把握しておいたほうが良いかもしれませんね。自分の体にあったメガネで快適な日常生活を送っていくためにも、メガネサイズの表記に注意しながら選んでいくことをおすすめします。

小さめ、大きめサイズのメガネフレームを探す