【メガネのまま垢抜け】すぐわかるメガネ女子の垢抜けテクニック3選。

垢抜けようと思ったら、まず「コンタクトにする」というのがよくあるアドバイスですよね。

眼鏡ってどうしても「芋っぽい」という印象を与えやすく、漫画やアニメでも「メガネを外した途端に美少女扱い」というのはよくある話。

しかし、コンタクトはお金がかかります。一回買って終わりじゃないし、手間もかかりますよね。

『手間をかけずにラクチンに、メガネをかけたまま垢抜けることができないのかな?』

『なんでメガネをかけてもオシャレな人はいるのに、自分はそうじゃないのかな?』

上記のような方は、必見です。メガネが芋っぽい原因としては「合わないメガネをかけている」ということがほとんど。きちんと自分に合ったメガネを選ぶことができれば、「メガネをかけたまま垢抜ける」ことができますよ。

今回は、1000人以上の顔型診断を担当した筆者が導き出した「似合うメガネの黄金比」をご紹介。たった「3つのポイント」を抑えるだけで、あなたにピッタリのメガネを見つけることができます!

オーマイグラスの顔型診断
目次

垢抜けメガネ黄金比 ①眉から顎の3分の1のサイズ

メガネをかけると、なぜか顔が長く見える…ということはありませんか?

似合わないメガネの特徴で1番あるのが「レンズ幅が狭いメガネをかけている」こと。

顔の縦幅に対してレンズの幅が小さすぎると、顔のあまりの面積が広くなります。すると、顔の長さが強調されて面長に見えてしまう…。

メガネをかけるとなんだか芋っぽく見える…という一番の原因はコレです。

メガネの黄金比は「眉から顎の3分の1のサイズ」。

すると、顔の面積が綺麗に余るので、バランスの良い垢抜けた顔立ちになります。

垢抜けメガネ黄金比② 黒目がレンズの中心から2mm内側

『メガネをかけると、なんだか幼く見える』という方は要注意。

次に多いのが「メガネが大きすぎる」あるいは「小さすぎる」というパターンです。大きいメガネは小顔に見せてくれると思いがちですが、実は垢抜けメガネとしては逆効果。

レンズ幅が広いメガネをかけると、自然と目が中央に寄って見えます。そのため顔の黄金比が崩れてしまい、幼い顔立ちに見えてしまうことも。

目のベストな位置は、「レンズの中心から2mm内側にメガネが来る」サイズ。

これ以上でも以下でも違和感が生まれやすいため、メガネを選ぶ際にはとくに注意しておきたいポイントです。

垢抜けメガネ黄金比③ メガネ幅がピッタリ

3つめは「メガネをかけると顔が大きく見える」という方にチェックしてもらいたいポイント。

そういった場合は、メガネの幅があっていないことが多いです。

メガネが顔幅よりも狭い場合、メガネが中央に押し出される形になります。メガネが顔に食い込むような形になってしまうので、顔が大きく見えるんですね。

『そんな人いないでしょ』と思った方は要注意ですよ。

今欠けているメガネを外して、メガネのツルが100~120°の間であればOK。それ以上・以下だと「小さすぎるor大きすぎる」場合が多いです。

『自分にはどんなメガネも似合わない…』そう思ってる方は、実はサイズが合っていないことが多いので注意です。

垢抜けメガネを見つけたい時は顔型診断もオススメ

以上がメガネ選びの黄金比でした。

①眉から顎の3分の1のサイズ

②黒目がレンズの中心から2mm内側に来る

③メガネと顔幅がピッタリになっている

この3点さえ気をつければ、誰でも「垢抜けメガネ」を見つけることができますよ。

(逆に、このうちの一つでもバランスが崩れていると「垢抜けメガネ」ではなくなる可能性が高いので要注意です)

『いざメガネ屋さんに行くとわからなくなってしまう…』という方には、オーマイグラスの顔型診断もオススメです。

オーマイグラスの顔型診断

顔型診断は、国内最大級のメガネオンラインストア「オーマイグラス」が始めた最新サービスです。

担当を行うのは、何百人と案内を重ねた熟練のメガネコンシェルジュたち。14項目の診断で、あなただけの垢抜けメガネを見つけることができます。

メガネは毎日使うものだからこそ、プロの客観的な視点で選んでもらいたいですよね。

診断サービスは、無料で予約受付中。垢抜けメガネを見つけたいという方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次