絢香さんがカバーアルバム「遊音倶楽部 ~1st grade~」のジャケットで掛けてるデミ柄メガネが気になる!


(Photo:絢香オフィシャルウェブサイト)

シンガーソングライター絢香さんが、2013年9月4日に初のカバーアルバム「遊音倶楽部 ~1st grade~」をリリースしました。そのアルバムジャケットで、デミ柄のメガネをかけた絢香さんの姿がとても印象的なんです!

今回は、アルバムの内容と、そのジャケ写で絢香さんがかけているメガネについてご紹介します。

音楽を目一杯楽しむアルバム

「遊音倶楽部 ~1st grade~」は、蒼々たるメンバーの名曲ばかりが11曲絢香さんのカバーで収録された作品です。絢香さん本人曰く「自分じゃあ決して書けない。悔しいくらいに素晴らしい曲」をセレクトしたとのこと。

本当に名曲ばかりで、曲自体がすばらしいのですが、さらにそこに絢香さんの歌唱力が加わることで、オリジナルにも負けないクオリティ。まさに必聴のアルバムだと思います。

「遊音倶楽部 ~1st grade~」に収録されている曲はこちら↓

1.やさしさに包まれたなら(荒井由美)
2.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~(ミスターチルドレン/Mr.Children)
3.ロビンソン(スピッツ/Spitz)
4.タユタ(ラッドウインプス/RADWIMPS)
5.瞳を閉じて(平井堅)
6.空と君のあいだに(中島みゆき)
7.LA・LA・LA LOVESONG(久保田利伸)
8.Movin’ on without you(宇多田ヒカル)
9.歩いて帰ろう(斉藤和義)
10.真夏の果実(サザンオールスターズ/Southern All Stars)
11.たしかなこと(小田和正)

こちらは荒井由美さんの曲「やさしさに包まれたなら」を絢香さんが歌ってみている様子。

コンセプトは“音楽を楽しむ”と”学ぶ”

このカバーアルバムのコンセプトは、“音楽を楽しむ”、”(アーティストから)学ぶ”の2つ。「よく遊びよく学ぶ」⇒「学校」⇒「クラブ」という言葉のつながりから「遊音倶楽部」というタイトルが付けられたようです。

ジャケットもそのコンセプトから連想されるトラッドスタイルが前面に打ち出されたものとなっていて、その中でもデミ柄のウェリントンタイプのメガネが非常に大きな役割を担っているように感じられます。

ビージェイクラシックコレクション(BJ CLASSIC COLLECTION)P-529MT C-55-3H

このメガネフレームは、「ビージェイクラシックコレクション(BJ CLASSIC COLLECTION)P-529MT C-55-3H」というモデルです。絢香さんは8月30日に放送されたミュージックステーションに出演されたときもこのメガネをかけて出演されてました。

少し大きめなフロントフェイスが特徴のウェリントンタイプのメガネフレームで、絢香さんの新たな魅力を引き出すのに一役買っていると思います。

 

鯖江の地で生み出されるべっ甲柄

この「ビージェイクラシックコレクション(BJ CLASSIC COLLECTION)P-529MT C-55-3H」は、福井県鯖江市の職人の手によって一つ一つ丁寧に作られているメガネ。べっ甲柄(デミ柄)のプラスチック生地を一つ一つ丁寧に磨き上げた美しいシェイプが印象的ですが、それだけではありません。

ノーズパットにシリコンを使ったり、テンプルはメタル素材で細めに仕上げ、かけ心地も抜群な完成度の高いメガネフレームで、鯖江の職人メガネの良さを十分に味わえるメガネフレームの1本だと思います。

ただ、人気も高く、残念ながら現在メーカーでも在庫が乏しく、手に入りづらい状態になってしまっています。Oh My Glassesでは、他にも鯖江の職人メガネを多く取り扱っていますので、これを機に是非一度、好きな1本を見つけてみてください。