世界中のメガネの中から、運命の1本に出会える、返品無料/送料無料のメガネ通販

メガネ(めがね)通販 Oh My Glasses オーマイグラスィズ
最大50%OFF

夏本番!今の時期に使えるトムフォード、プラダのサングラスがお買い得価格で登場! セールを見る

    1. 20代

      30代

      40代

      50代

    1. 20代

      30代

      40代

      50代

    1. 20代

      30代

      40代

      50代

チェックしたメガネ

カスタマーレビュー

  • 自宅でしかも無料でお試し

    • レビューをしてくれた方 Y さん
    • 評価
    • 2014年07月24日

    送料無料で、自宅でお試しできると知ってoh My Glassesを利用しました。 ネットで手続きをとってすぐに商品が手元に届きました。包装もしっかりしてありきれいでした。 納得して購入することができました。

  • 大きめのサイズでまとめてみたい

    • レビューをしてくれた方 ナゾの編集人 さん
    • 評価
    • 2014年07月24日

    いつもサイズ選びに苦労します。 Web検索ページは細かく条件を指定できて便利なのですが、「結果ゼロ」になってしまいがちで心が折れるので、初めから大き目のサイズの商品をまとめて提案してくれたりするとより良いかもしれません。

  • 試着ができることが非常に助かる

    • レビューをしてくれた方 Sisei さん
    • 評価
    • 2014年07月24日

    試着ができることが非常に助かりました。 デザインが気に入った眼鏡を2つ試着させていただいたのですが、 画面で見ていた時とは違い、残念ながら自分には似合わないものでした。 中々直接店舗に買いに行く時間も取れないので、 このサービスは非常に助かります。 また改めて商品を検討させていただきます。

  • 試着サービス

    • レビューをしてくれた方 もい さん
    • 評価
    • 2014年07月23日

    今試着サービスを申し込みました。 まだ届いてもいないのに感想… 都会に住んでいて、少し足を運べば色んなブランドのメガネに出会える人には無縁かもしれませんが、地方でお店が限られる人にはとても良いサービスではないかと思います。 質が良ければリピーターになるかも、です!

  • 家でゆっくり試せるのがいい

    • レビューをしてくれた方 ピロリ さん
    • 評価
    • 2014年07月23日

    メガネ店に行っても、接客がうるさかったり、種類がありすぎてどれを選べばいいか迷ってしまう。試着出来ないものもあるけど、このサイトでは自分に合うものをゆっくり選べるし、自宅で試着も出来る、というのが非常に良い。

  • メガネ(めがね)とは

    メガネ(めがね)とは

    メガネ(めがね)とは、漢字で眼鏡と書く。ものを見た場合にぼやけてしまったり、遠くのものが見えないなどの症状を矯正することや、目を保護したり、ファッションとして装着するためのもの。メガネ(めがね)を掛けるということは昔は視力矯正の意味合いが強かったが、近年はファッションとしてを掛けるようなトレンドも存在している。メガネ(めがね)は価格が高いものとして認識されていた。フレームとレンズを合わせると非常に高いものだった。しかし、2000年代に入って、ゾフやジンズ等の低価格の眼鏡屋が急速に成長した。レーシックや低価格のメガネ(めがね)におされて、眼鏡業界全体の市場規模は2000年以降、縮小の一途を辿った。しかし、市場が縮小し、単価も下落傾向にあるが、現在の日本のメガネの平均単価は25,000円程度で推移している。
    メガネ(めがね)は顔の一部であり、常に掛けている人にとっては印象を左右する大変重要な物といえる。掛けているだけで、かっこいい、知的、きりっとしているなどの形容詞が多く語られている。メガネ男子、メガネ女子、メガネ美人、メガネっ子など、メガネを形容詞とした言葉は多くみられる。これはメガネ(めがね)が持つ顔の印象を左右するという強い要素が原因であろう。

  • メガネ(めがね)のブランド

    オススメのメガネ(めがね)ブランド

    メガネ(めがね)のブランドは世界中に約1,000種類あると言われている。世界の眼鏡産地はデザインのイタリア、価格の中国、技術の鯖江が三大産地として有名だ。日本の鯖江市は日本国内の眼鏡の生産の約90%を占めている。ブランドとして確立しているメガネブランドは数少なく、日本では白山眼鏡店、999.9(フォーナインズ)、ジャポニズムなどが代表的なブランド。欧州にもicベルリン、マイキータなどの個性的なブランドが多い。

    オススメのメガネブランドとしては Plus38A木調浪漫tse tse などの日本製のメガネのブランドを中心に、 レイバンTOM FORD などの海外ブランドのメガネ(めがね)も取り揃えております。

  • メガネ(めがね)の選び方

    メガネ(めがね)のフレームとレンズ

    眼鏡は、メガネフレームとレンズの大きく二つの要素に別れています。メガネフレームの数は世界中に多く存在しています。眼鏡を買うときは、多くのメガネフレームの中から、まず自分の顔にフィットするフレームを選びます。その後、自分の度数や求める機能を備えているレンズを選びます。度数次第でレンズが厚くなってしまうこともあり、フレームとのバランスを注意しなければいけません。

    メガネの選び方

    メガネが視力矯正道具と見なされ、デザインも少なく、浸透していなかった時代と比べ、昨今急激にメガネの市場が成長し、日本でも様々な種類のメガネを見かけることが多くなってきました。若い人たちを中心としてファッションの一部としてメガネを使用する人も増えており、最近では芸能人の影響も手伝って、伊達メガネといった視力の矯正意図がない用途でもメガネが用いられる場面も増えていますよね。ビジネスシーンでもバブル崩壊後のメタルフレーム一色の堅苦しい雰囲気から一転して、一部の業界を除いて、掛けられるメガネの幅は格段に広がりました。 職場によっては、薄い色であれば、レンズに色を入れることも許されているようです。

  • メガネ(めがね)のサイズ

    メガネ(めがね)のフレームのサイズとは

    眼鏡の大きさは『48□21-145』という形で表記されることが多い。この場合、レンズ横幅48mm、鼻幅(山幅)21mm、テンプルをまっすぐ伸ばした長さ145mmを表記している。この表記法は□マークからボクシング・システムと呼ばれています。

    Oh My Glassesのユーザーの方に注意していただきたいのは、たとえ同表記であっても、デザインによって横幅寸法などはまるで違うため、あくまで目安の一つで、実際に試着装用してみることが必要であるという点です。Oh My Glassesではメガネ、サングラスともに自宅でお試しすることが可能です。

  • メガネといえば

    日本のメガネ屋について

    日本のメガネ小売店はメガネ(めがね)のパリミキ、眼鏡市場を展開するメガネトップ、低価格のジンズ(JINS)・ジンズ(Zoff)、メガネの愛眼、ビジョンメガネなど大手チェーン店が複数存在する。伝統的なプレイヤーとしてはパリミキ、眼鏡市場(メガネトップ)、愛眼などが存在する。丁寧な接客、フィッティング技術、視力測定等のサービスの良さを売りとしている。新興プレイヤーとしてはジンズ(JINS)、ゾフ(Zoff)が低価格帯のメガネや機能性メガネを打ち出している。機能性メガネのPC(パソコン)メガネは昨年より大ヒットしている。