ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

サッカーをするときはメガネ?それともコンタクト?

サッカーをするときはメガネ?それともコンタクト?

今回はサッカーをするときのメガネについて書いてみたいと思います。

スポーツをしているときのメガネとしてすぐに思い浮かぶのはゴルフやサイクリングなどといった激しいぶつかり合いがあまりないような競技ですね。
一方で、サッカーメガネをかけているイメージってあまりないですよね。

一昔前はサッカーをするとき、試合中のメガネ使用はあまりなく、試合前に審判がメガネ使用を認めないことがよくあったようです。

確かにサッカーではヘディングをしたり相手選手と激しい衝突をしたりするなど、危険で予期できない場面が多く、その時にメガネが外れたり壊れたりして思わぬ怪我になったら、と思うと怖いですよね。

そのため多くのサッカープレイヤーはメガネではなく使い捨てのソフトタイプのコンタクトレンズを使用しています。

サッカー

画像引用元(Flickr

現在でもメガネ使用が許可されるかどうかは審判の判断によりますが、日本サッカー協会のガイドラインによれば、最新のメガネは格段にその安全性が高まったようで専用のメガネであれば多くの審判がその使用を認めているようです。

最近ではこうしたスポーツメガネを使用する人が増えており、私も先日ある小学校のグラウンドでスポーツメガネをつけて練習をしている小学生を見かけました。

小さいお子様でまだコンタクトに抵抗を持っている方や専用のメガネサッカーをしたいという方向けに安全で使いやすく、しかもカッコいいサッカーメガネが数多くでてきています。

 

サッカー用メガネについて

サッカー用のメガネはレンズが縁で囲まれておりバンドを使って顔全体にメガネを固定できるようになっています。

サッカーメガネ

レックスペックスのサッカーメガネ

 

引用元(Kanya

イメージとして水泳ゴーグルに近いですが、このサッカーメガネ、なかなかの優れものです。度が入っていてしっかりと頭に固定されるため、かなりクリアーにフィールドを見渡すことができ、どんなに相手とぶつかり合ってもズレを気にせずプレイができます。

鼻パッドをあてることができ、サッカーをしている際まつ毛がメガネにあたってプレイしづらくなるということもありません。この鼻パッドはまた曇り止め防止対策にもなるため、使っている最中に曇って周りが見えなくなることがありません。汗による蒸気で内側が曇ることもないのでこれから暑くなる季節でも使えそうですね。

さらに専用のスプレーを使っても曇り止め対策としては効果抜群です。

 

サッカーメガネの人気メーカー

そんなサッカーメガネ、どこで買えるかと言うとREC SPECS(レックスペックス)というアメリカのスポーツメガネメーカーやSWANSという国産メーカーです。どちらのメーカーでも高品質で最適なサッカーメガネを探すことができます。
オンラインだけでなく店頭でも購入できるため心配な方は一度試してみてから買われるといいと思います。

実際に元オランダサッカー代表のエドガー・ダーヴィッツ選手も専用のサッカーメガネを使ってプレイしています。ダーヴィツ選手が手術後、目を保護するために初めに使っていたサッカーメガネはここのブログでも以前紹介したオークリーのものです。やはりオークリーのメガネは多くのスポーツ選手に愛用されているようですね。

 

サッカーメガネの人気上昇?!

現在はソフトタイプのコンタクトレンズを使う人が多いですが、FIFAでもサッカー用のメガネが認められてきていたり、サッカーメガネの技術が進んできたりと、サッカーメガネを使う環境がかなり整ってきています。昔はコンタクトが当り前でしたが、今では「コンタクトにするかサッカーメガネにするかどちらか自分にあった方を選ぶ」のが当たり前になりつつあります。

今後どんどんサッカーでの「メガネ派」が増えていって、ダーヴィッツ選手のようにプロのサッカー選手ももっと使うようになれば、サッカーメガネブームがやってくる日も近いですね。