SHARPNESS

SPECIALEYESは、ポリフェニルサルフォンの優れた特性により、金属製フレームのようなシャープなエッヂを表現することができており、他の樹脂フレームにはない高級感のある外観が大きな特長となっています。

POLYPHENYLSULFONE

超高機能樹脂であるポリフェニルサルフォンは、サルフォン・ポリマーの中で最も優れた特性を誇っており、高い耐衝撃性と耐薬品性を備えています。その用途は多岐にわたり、医療用機器や航空機の内装材などのほか、身近な例としては哺乳瓶にも使われています。200℃以上の耐熱性があり、電子レンジでも殺菌できる点が高く評価されているようです。

LIGHT WEIGHT & HIGH STRENGTH

SPECIALEYESはポリフェニルサルフォンを使用することにより、9.5~11.0 g(デモレンズ抜き)の軽さと、20,000回以上の過酷な開閉テストに合格する強度を両立させています。

LUXURIOUS LOOK

アイテックは国産のメガネの表面処理において7割以上の高いシェアを誇っています。SPECIALEYESには、アイテックがメガネの表面処理のパイオニアならではの高い技術力で開発したチタン用の特殊塗装が採用されています。これは、高級車に使用されているメタリック塗装と同様のアルミニウムの粉末層を含む4層からなる塗装ですが、ポリフェニルサルフォンは200℃以上の高温に耐えることができるため、このチタン用の特殊塗装を採用することができています。

SPECIAL HINGE

スムーズな動きを長期間保つことのできる特殊ヒンジを採用しています。

CUSHION NOSE PAD

鼻への圧迫感を低減するクッション・パッドを採用しています。

ELASTOMER TEMPLE TIP

優れたグリップ感が特長のエラストマー製モダンを採用しています。金属製の芯が入っているためフィッティングも可能です。

スペシャライズ(Specialeyes)の人気モデル

スペシャライズ(Specialeyes)の人気モデルです。

スペシャライズ(Specialeyes)のメガネフレームの人気モデル

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

オニメガネ

「最高のふつう」をコンセプトに掲げる福井県鯖江市発のブランド。
ビジネスにもプライベートにも使い回せるオーセンティックなデザインは、年齢・性別を問わず顔になじみます。シンプルで上質ながらも手に取りやすい価格なので、初めて国産メガネをかける方のエントリーモデルにもおすすめです。

丹羽 雅彦

クラシックフレームの権威的メガネ職人「丹羽雅彦」氏により最新素材と職人技が見事に融合した逸品です。
眼鏡産地の中でも昔ながらの手づくり職人が多く残る「鯖江・河和田地区」にてアンティークマシーンを使いこなし、一段上をゆくクラシックフレームを生み出しています。デザインコンセプトは「自分自身がグレードアップするフレーム」、重厚感のあるセルロイドは、ワンランク上のかけ姿を叶えるアイウェアです。プラスチック部はセルロイド及び全て国産生地のタキロンローランド社を使用、品質にこだわりを感じます。

レスザンヒューマン

レスザンヒューマン(less than human)=「人間以下」。という衝撃的な名を冠する日本のメガネブランド。
メガネ業界で活躍していたデザイナーが集まって生み出されるプロダクトは、日本のみならず世界でも高い評価を受けており、「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾」をコンセプトに掲げる通り、独特で斬新、強烈な個性を持ったメガネを造り出し、業界に驚きを与え続けているブランドです。アニメライクなアンダーリム、闇金ウシジマくんモデル、攻殻機動隊コラボなど個性的なメガネを毎シーズン創り出しています。

越前國甚六作

越前國甚六こと長谷川正行氏は 1952年、福井県越前市で誕生。中学卒業後から眼鏡職人としての道を歩みだし、様々な眼鏡を手掛けた注目を集める職人の一人です。
特に、熟練された技術者ではないと取扱いが難しいセルロイド生地の加工技術は突出しており、磨き込むと「美しい光沢、艶が出る」 という、セルロイドの特性を最大限に引き出すことに評判があります。