龍造作(Ryuzosaku)の人気モデル

龍造作(Ryuzosaku)の人気モデルです。

龍造作(Ryuzosaku)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    15,400円 (36% off) 24,200円(税込)

    ブランド名にもなっている龍造氏は、老舗の眼鏡メーカーに勤務後、同じ眼鏡職人である父の元で20年以上修業し四半世紀以上眼鏡作りに携わる。その経験とこだわりから自己を表現する「龍造作」を2010年に発表。初回のコレクションはセルロイド枠5型。ノー芯製法、七枚蝶番、何回も磨き直しセルロイド独特の風合いを出すなど、眼鏡職人ならではの作りこみを追及。その作品はまるで鼈甲のような上質感を醸し出す。また、伊達メガネとしてそのまま掛けられるように、度付き眼鏡にも使われるCR39(UV)レンズを標準装備。

  • 2
    15,400円 (36% off) 24,200円(税込)

    ブランド名にもなっている龍造氏は、老舗の眼鏡メーカーに勤務後、同じ眼鏡職人である父の元で20年以上修業し四半世紀以上眼鏡作りに携わる。その経験とこだわりから自己を表現する「龍造作」を2010年に発表。初回のコレクションはセルロイド枠5型。ノー芯製法、七枚蝶番、何回も磨き直しセルロイド独特の風合いを出すなど、眼鏡職人ならではの作りこみを追及。その作品はまるで鼈甲のような上質感を醸し出す。また、伊達メガネとしてそのまま掛けられるように、度付き眼鏡にも使われるCR39(UV)レンズを標準装備。

  • 3
    15,400円 (36% off) 24,200円(税込)

    ブランド名にもなっている龍造氏は、老舗の眼鏡メーカーに勤務後、同じ眼鏡職人である父の元で20年以上修業し四半世紀以上眼鏡作りに携わる。その経験とこだわりから自己を表現する「龍造作」を2010年に発表。初回のコレクションはセルロイド枠5型。ノー芯製法、七枚蝶番、何回も磨き直しセルロイド独特の風合いを出すなど、眼鏡職人ならではの作りこみを追及。その作品はまるで鼈甲のような上質感を醸し出す。また、伊達メガネとしてそのまま掛けられるように、度付き眼鏡にも使われるCR39(UV)レンズを標準装備。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。

木調浪漫

自然木の風合いと存在感を独自の特許技術と職人の技で木目をアセテートフレームに見事に再現した木調浪漫(Mokuchoroman)。これらの木目は職人の手によってひとつひとつ丹念に磨いては削り、つけられています。
全ての工程がハンドメイドで、この技術を持つのはは日本にただ一人。生産も限られており、自然木では不可能なデザインとかけ心地の追求は、自然木を超えたものと発売以来高く評価されています。

昇治郎

フジイオプチカル 創業60周年を記念して発表されたヴィンテージデザインのブランド。
創業者である「藤井 昇治郎」の名を冠とし、その息子である茂と純裕が企画・製造し、孫の藍がデザインし、太が設計を手掛ける。藤井家三世代に渡って培った技術の結晶であるブランド「昇治郎」。
歳月を掛けて蓄積した技術により絶妙なバランスで加工されたベータチタンフレームが、現代風にアレンジされたヴィンテージ調のデザインにより21世紀の眼鏡フレームに相応しい仕上がりになっています。

越前國甚六作

越前國甚六こと長谷川正行氏は 1952年、福井県越前市で誕生。中学卒業後から眼鏡職人としての道を歩みだし、様々な眼鏡を手掛けた注目を集める職人の一人です。
特に、熟練された技術者ではないと取扱いが難しいセルロイド生地の加工技術は突出しており、磨き込むと「美しい光沢、艶が出る」 という、セルロイドの特性を最大限に引き出すことに評判があります。


Oh My Glasses TOKYO

2015年にスタートした、オーマイグラス株式会社が日本だけでなく世界に展開するオリジナルアイウェアブランド。
日本が世界に誇る眼鏡の産地、福井県・鯖江市。ここでは、優れた職人たちが、手間ひまかけて『ていねいな眼鏡』を作り上げています。
私たちオーマイグラスはITのチカラで流通を効率化し、ムダな中間コストをカット。買い手にとっても、作り手にとっても、世界にとってもフェアな価格を実現しました。
ていねいな眼鏡を、適正な価格で。世界に開かれたインターネット発の企業だからこそ、できること。

TYPE

文書によるコミュニケーションにおいて、書体(typeface)のデザインがメッセージの伝わり方に影響を及ぼすように、
眼鏡のフレームの微妙なデザインの違いは、それをかける人の印象に変化をもたらします。
「TYPE」は書体と眼鏡の、機能的、デザイン的な共通点に着想を得て誕生したアイウェアブランドです。

PAGE

本田圭佑×オーマイグラスによる、社会貢献型サングラスブランド“PAGE(ペイジ)”。
サングラスを通じた社会貢献の新しい形を目指し、売上の2%を恵まれない子どもたちに寄付します。