ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

【眼鏡屋監修】決定版・顔が大きいならメガネはこう選べ!

顔が大きめの人にとって、メガネ選びは至難の業です。

メガネをかけると、顔がより大きく見えたり、テンプルが顔に食い込んで痛かったり…。

とはいえ、顔の大きい人専用のメガネはかなりのビッグサイズ。大きすぎてフィットしなかったり、納得いくデザインのものがなかったりと、こちらもなかなか選べないんですよね。

大きめの顔でも大丈夫な、普通ブランドのメガネが欲しい!

今回は、そんなお悩みにOMGpressとメガネ店スタッフがガッツリ答えます!

決定版!顔が大きいなら、選ぶべきはこんなメガネ

まずは大前提…『目とレンズの位置、大丈夫?』

メガネ選びで最も重要なのが、目とレンズの位置関係。

レンズの中央と瞳の中心がぴったり合うサイズを選ぶのが、大前提です。

レンズと瞳の位置がズレていると、見えづらいだけでなく、目のトラブルの原因にもなります。

フレームを選ぶときは、顔の大きさだけでなく、目と目のあいだの距離にも気を配りましょう。

両目がさほど離れていないなら、かならずしも大ぶりのフレームを選ぶ必要はありません。

 

横幅、縦幅、テンプル長さ…正解サイズはコレ!

【幅】

顔の横幅いっぱいくらいがベストです。

小さすぎるフレームは、顔を大きく見せてしまいます。

大きすぎるフレームは、間延びした印象に。

「顔が広めだけれど、目の間はそれほど離れていないんだよね…」

という方には、こんなタイプのメガネもおすすめ。

レンズの横、『ヨロイ』と呼ばれる部分が左右に張り出しているのがポイント。

ほどよいレンズサイズと、たっぷりしたフレーム幅の両方を叶えたデザインです。

 

高さ

顔立ちをすっきりと見せるためには、レンズの縦幅も重要なポイントです。

顔の長さの1/3程度を目安にすると、バランスよく仕上がります。

 

テンプル

顔の奥行きにお悩みなら、テンプル(つる)の長さをチェック。

・テンプル先は耳まできちんと届いているか

・耳の後ろ部分が不自然に浮いていないか

念入りに確認しましょう。

 

ちなみに、メガネにはそのサイズが明記されているのをご存知ですか?

いまかけているメガネがあったら、ちょっと外してみてください。

テンプルの横に、こんな表記があるはず。

これが、メガネのサイズを表す国際表記です。

この場合、

  • レンズ幅49mm
  • ブリッジ幅21mm
  • テンプル長140mm

を表します。

サイズ表記の見かたを知っていれば、メガネ選びもちょっぴりラクになりますよ。

 

調整しやすい素材&構造のものを

顔が大きめの人には、繊細なフィッティングが必要です。

だから、調整しやすい素材のメガネを選ぶのがベター。

 

チタン

ステンレス

アセテート

βチタン

形状記憶合金

ウルテム

また、リーズナブルなメガネの中には、調整できない構造になっているものもあります。

買ってから後悔しないよう、よく注意して選びましょう。

 

広げても大丈夫!『バネ蝶番』や『逆R型ヒンジ』

顔幅が広いとどうしても広がってしまう、メガネのテンプル。

蝶番部分に負荷がかかりすぎ、ゆがんだり壊れたりすることもあります。

そんな方におすすめなのが、『バネ蝶番』や『逆R型ヒンジ』。

どちらも、テンプルが90度より大きく開くため、壊れにくい構造です。

メガネ屋直伝!『小顔に見えるメガネの探しかた』

フレームサイズはOKだけど、どんなデザインのメガネを選べばいいか迷う!

少しでも顔が小さく見えるのは、どんなデザイン?

そんなときには、まず顔の大きさではなく『顔の形』を優先して試着してみましょう。

それでも違和感があるなら…ショップスタッフのアドバイス!

実際にメガネショップで働くスタッフからは、こんなアドバイスが届いています。

 

顔の中心に視線を集めてみよう!

「顔の中心に視線があつまると、小顔に見えます。たとえば、ふちが小さくて濃い丸メガネなんてどうでしょうか。視線をキュッと自然に誘導できるため、顔幅を狭く印象づけます」

 

縁なしにもトライしてみよう!

「主張が強めのフレームは、顔サイズを誇張することがあります。ピンとくるものがなかったら、縁なしメガネに挑戦してみるのもアリです。フレームが目立たないので、顔の大きさが誇張されませんよ」

関連記事:メガネフレーム・縁なしの通販商品一覧|メガネ・サングラス・レンズ通販のオーマイグラス

 

フレームカラーを変えてみよう!

黒や紺など、寒色系のフレームは、顔を引き締める効果があります。でも、あまりにも肌から浮くと、メガネが目立って逆効果になることも。そんなときは、ブラウンやグレー、クリア系など肌なじみのよいカラーも試してみてください」

メガネ選びの極意は『どしどし試着する』こと

顔の大きさに関わらず、メガネ選びでは『試着』がとても大事。

まずは先入観なしであらゆるタイプをかけてみて、『あり』『なし』を大まかに分けていくと、自分にぴったりのメガネが分かってくるんです。

オーマイグラスの店舗では、知識と経験豊富なスタッフが、あなたのメガネ選びをじっくりサポート。

暮らしにあったかけごこち・見えごこちに調整いたします。

 

忙しくてお店に行く時間がない!

近くにオーマイグラスの店舗がない…

そんなときは、オーマイグラスのオンラインストアがとても便利。

家にいながら、インターネットでお好みのメガネを買うことができます。

気になるフレームを5本までレンタルできる『試着サービス』も好評です。

「人目を気にせず、たっぷり試着できた」

「手持ちのいろいろなファッションに合わせられる」

と、喜びの声も多数届いています。

あなたのメガネ選びに、ぜひご活用くださいね。