ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

目元の紫外線対策も!UVケアできるカラーレンズのメガネがおしゃれ | メガネスタイルマガジンOMG PRESS

メガネ愛用者の皆さん、瞳に当たった紫外線が肌にダメージを与えるのをご存じですか?紫外線対策というと、日焼け止めや日傘などが主流ですが、実は目元の紫外線対策も必須なのです。とは言ってもサングラスに抵抗がある人もいるでしょう。ここでは瞳に当たった紫外線が肌に与える影響や、自然につけられるカラーレンズの魅力について紹介します。

 

目元の紫外線はカットすべき!シワの原因に

気象庁発表の1991年から2016年にかけての紫外線データによると、3月から10月、つまり一年の約80%の期間に、中程度以上の紫外線が降り注いでいることが分かっています。さらに曇りの日には晴れの日の約60~90%、雨の日には約30%もの紫外線が観測されており、天気や季節に関係なく、一年を通した紫外線対策の必要性が分かります。

地上まで届く紫外線には、日焼けを引き起こすUV-Bと、肌の真皮にまで届いてコラーゲンや肌繊維を壊すUV-Aがあり、どちらも肌へダメージを与えてシワやシミの原因となることが分かっています。特に目の周りの皮膚は周囲に比べると薄く、紫外線によるダメージを受けやすくなっています。また、瞳が紫外線にさらされると、太陽光が強く降り注いでいると脳が勘違いするため、皮膚を守るためにメラニンが過剰に生成されて、シミが増えてしまう恐れもあります。日傘などで対策していても、アスファルトに降り注いだ紫外線は10%、水面では10~20%が反射するため、あらゆる角度から目元の皮膚や瞳への紫外線を防ぐには、紫外線カット効果のあるメガネを活用するのが良いでしょう。

 

サングラスより気楽にかけやすいカラーレンズとは?

ロングヘアにおすすめアレンジ!

紫外線カット効果のあるメガネというと、まずはサングラスが挙げられますが、サングラスをかける習慣のない日本では目立ってしまうこともあり、ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。また黒いレンズをつけると瞳孔が開いて紫外線によるダメージを受けやすくなる、視界が暗くなって見えづらくなる、目が疲れるなどのデメリットもあります。

一方、多くの眼鏡メーカーでは、紫外線カット効果のあるカラーレンズも取り扱っています。サングラスのように主張せず、ファッションになじみやすいのが魅力的です。華やかなパープル系、知的なブルー系、落ち着いた雰囲気のブラウン系や女性らしいピンク系など、好みの色を見つけられるほか、薄い濃度のレンズを選べば眼も疲れにくく、日常使いしやすいというメリットもあります。また、サングラスはフレームが太く大きいものが多いですが、カラーレンズなら普段使い用のフレームと組み合わせることができるため、豊富なデザインから選ぶことも可能です。多くのカラーレンズは度入りにも対応しているため、外出用に1本持っておくと重宝することでしょう。

 

伊達メガネならコンタクトをしていてもOK

マスカラでレンズを傷つけないために、メイクを工夫しメガネを見直そう

目元の紫外線対策をしたいけれど、普段はコンタクトをつけているという人は、紫外線カット効果のある伊達メガネを活用しましょう。コンタクトには紫外線カット効果のある商品もありますが、目の周りの皮膚を紫外線から守るには、やはりメガネが便利です。お好きなフレームに度なしのレンズを組み合わせれば、コンタクトをつけていても目元の紫外線対策ができますよ。

度なしの伊達メガネは比較的安く購入できるため、何本か購入してTPOに合わせてかけ替える楽しみもあります。フレームの形やレンズの色など、組み合わせは自在。デザイン性の高いメガネにも気軽に挑戦できるため、ファッションの幅も広がります。また、色の無いクリアタイプを選べば、室内でもかけ替える必要がない上、職場でカラーレンズが禁止されている人や、紫外線対策を頑張っていることを周囲に知られたくない人でも使えます。度なしの伊達メガネはコンタクト使用者の特権ですので、フルに活用しましょう。

 

UVカットに加え、花粉対策ができるカラーレンズも

毎年やってくる花粉の季節は、花粉症の方にとってはとてもつらいシーズンですね。基本的にはマスクを装着することで鼻や口からの吸い込みを防ぐことができますが、目は空気にさらされやすい環境のため、花粉によるかゆみ、充血や涙などの症状が現れやすいパーツです。そんな目の花粉と紫外線対策が同時にできるカラーレンズもあるのです。

花粉カット効果のあるメガネは、目とメガネの隙間を透明のフレームで覆うことで、目元への花粉の侵入を防ぎます。花粉カット効果のあるメガネは多くのメーカーから発売されていますが、ZoffのAir Visorなら92.3%、JINSの花粉cutシリーズなら98%の花粉をカットできます。また両者とも紫外線カット率99.9%のカラーレンズ対応で、花粉とともに紫外線も強力に防いでくれます。花粉シーズンでも外出を楽しめる上、好みのカラーを選べば見た目にも満足できる1本が手に入ります。

 

まとめ

カラーレンズの特徴を知り、メガネを選ぶ楽しさを増やしてみては?

いつまでも若々しい目元やシミのない肌を保つためにも、目元の紫外線対策には十分注意したいものですね。サングラスは目立ちすぎて挑戦しにくいという人は、オンにもオフにも使いやすいカラーレンズから始めてみてはいかがでしょうか。毎日使えるお気に入りの1本を手に入れて、一歩進んだ紫外線対策を始めましょう。