メガネとコンタクトどっちが良い?メリット・デメリットを比較|メガネスタイルマガジン OMG PRESS

メガネとコンタクトどっちが良い?メリット・デメリットを比較

視力矯正の定番といえばメガネとコンタクトレンズですが、どちらにしようか迷っている人は多いのではないでしょうか。あるいは、どちらかを既に使用していて不便さを感じている人もいるでしょう。メガネにもコンタクトレンズにもそれぞれのメリットがありますが、目の健康のためにはどちらを選ぶべきか考えてみました。

 

コンタクトレンズのメリット・デメリットを知ろう

コンタクトレンズのメリット・デメリットを知ろう
コンタクトレンズのメリットはなんといってもフレームとレンズから解放されることです。メガネをかけているとフレームが皮膚に食い込み、跡になることがあります。特に女性には気になる現象といえるでしょう。また、長時間着用しているとフレームと皮膚の接点が痛みはじめ、頭痛の原因にもなります。
こうしたフレームのデメリットがコンタクトレンズによって解消されるのです。レンズもまた日常生活で不便に感じることの多いパーツです。少しの運動や熱い食事で曇るうえ、衝撃によって破損する危険性もあります。コンタクトレンズは生活を楽にし、まるで裸眼のようなフィット感で運動でも食事でも入浴でも快適に過ごすことができるアイテムなのです。

一方でコンタクトレンズにもデメリットは存在します。まず、着脱には慣れが必要で、いつまで経っても目の中に異物感を抱く人が稀に存在します。また、毎日の手入れが面倒です。消毒を怠ると目から感染症にかかる危険性もあるので、外した後は必ずケアが必要ですが、眠いときや忙しいときには手間に思えることでしょう。
そして、紛失の可能性は、メガネよりもコンタクトレンズの方がはるかに高くなります。汗をかいたり、強風に吹かれたりするだけで外れ、買い直さなくてはならなくなることがあります。保管の簡単さではコンタクトはメガネに劣ります。

 

 

メガネのメリット・デメリットを知ろう

メガネのメリット・デメリットを知ろう
メガネのメリットは『楽なこと』です。もしも目が病気になったり痛んだりしているとき、コンタクトレンズを着用することはできません。さらに症状が悪化する恐れがあるからです。しかし、メガネは眼球に触れるわけではないので目の状態に関係なくいつでも着けることができます。
また、長時間の着用に耐えられるのもメガネのメリットです。メガネはコンタクトレンズと違って目の乾きの原因にならないので、たとえメガネを着用したまま寝たとしても目の健康を保つことができます。レンズの汚れを拭くことを除けば手入れらしい手入れを行う必要もなく、小さな子どもでも問題なく使いこなすことができます。

一方、メガネのデメリットは日常生活で不便な場面に数多く遭遇することです。メガネはレンズがすぐに曇るため、熱気の高い場所には不向きです。風呂場などの視力がないと危険な場所でさえも、メガネをつけたまま立ち入ることは困難です。炎天下や雨天など天候によってもレンズに影響が与えられてしまいます。汗によってフレームがずれてしまうので、専用のメガネ以外は運動中かけると不便ですし、破損するリスクもつきまといます。
ビジュアル的にメガネが似合わない人やメガネを嫌う人がいるのもデメリットです。メガネは顔の印象を決定づけるアイテムになりかねないため、目が悪くでもメガネをかけたくない人は多いのです。

 

目の健康にいいのはメガネかコンタクトか

目の健康にいいのはメガネかコンタクトか
コンタクトレンズが目の健康に影響を与えやすいのは眼球に直接触れてしまうアイテムだからです。もしもコンタクトが目に合っていなかったり、ゴミが入ったことに気づかないまま着用を続けたりしていると眼球を傷つける恐れがあります。また、コンタクトに付着したバイ菌のせいで感染症になることもあり得ます。眼球が空気に触れる面積が小さくなってしまうこともデメリットです。実は黒目の部分には血管が通っていないため体内から酸素を供給する方法がありません。
そのため、空気中から酸素を直接取り込んでいます。酸素が不足すると目が乾き、病気や視力低下の危険性が高まります。 それではメガネの方が健康にいいのかというと、そうとも言い切れません。メガネは確かに破損でもしない限り直接目に危害を加えることはありません。

しかし、日常生活におけるストレスはメガネの方がコンタクトよりもはるかに大きくなります。レンズの周りの部分的に視力が矯正されない景色や、些細なことで曇ったり汚れたりする視界、そして汗をかくたびにずれるフレーム、メガネをかけたことのある人ならその全てが慣れることのないストレスだと分かるでしょう。
ストレスによって頭痛が生じたり、視力低下が起こったりする可能性もあり、一概にコンタクトよりもメガネの方が健康的と決められないのです。

 

大切なのは自分自身に合った選択

大切なのは自分自身に合った選択
視力が悪い人はメガネにするかコンタクトレンズにするか、さまざまなメリットとデメリットを検討して決めることが大切です。そして、ストレスを最小限に抑えた視力矯正を実現させましょう。何かを我慢することなく視力矯正を行うほうが、結果的に目の健康を守ることに繋がります。

 

ネットで度付きメガネを購入するには?

オーマイグラス東京では、フレームと一緒に度つきのメガネもオンラインストアでご購入いただけます。
また、ネットでの購入は不安という方も安心ください。レンズの度数の交換も承っております。ご購入日から3ヶ月以内、1回に限り無料交換無料。)