知らないと危険?目の疲れを軽減するブルーライトカットメガネの効果は?|メガネスタイルマガジンOMG PRESS

pc-megane

スマホの普及と共にブルーライトを浴びる機会も多くなりました。パソコンと違ってスマホは気軽に操作ができますし、就寝前にスマホをいじって過ごすという方も多いのではないでしょうか。

便利な一方で、パソコンやスマホ画面が発するブルーライトは視力低下や安眠妨害などの悪影響を人体に及ぼすとされています。

このブルーライトへの対策として販売されているのがブルーライトカットメガネです。このメガネについては効果の是非についてさまざまな議論がなされていますが、実際のところ本当に効果はあるのでしょうか?

 

ブルーライトカットメガネに効果があると感じている人の意見

ブルーライトカットメガネに効果を感じている人の多くは、パソコンやスマホを長時間使ったときの目のチカチカ感やシバシバ感が軽減されたといいます。

まず、ブルーライトカットメガネに効果を感じている人の意見を見てみましょう。

効果を実感している人の多くは、パソコンやスマホを長時間使ったときの目のチカチカ感やシバシバ感が軽減されたといいます。

特にデスクワークなどをしている人は実感することですが、パソコン画面を1日中集中してみていると目の奥が重くなったり、蛍光灯の明るい光に目を移した際にチカチカするような感覚を覚えたりといったことがあります。

 

もしくはパソコン画面を見ている最中に視界がぼやけたり、白い靄がかかったりするようなこともあります。

このような目の不調がブルーライトカットのメガネをかけることによって大幅に軽減される効果を実感している人が多いようです。

目の疲れだけでなく、ブルーライトメガネをかけながら長時間パソコンをやった後に、メガネをはずしてパソコン画面を見てみると目に突き刺さるような強い光を感じるはずです。

このようなことからもブルーライトメガネは目の保護に大きな効果をもたらしているといわれています。

また、一般的にいわれている寝付きやすさに関しては、大幅な改善がみられたという意見は少ないようですが、目の疲れなどからくる偏頭痛や肩こりが減るなどの効果を実感している人は多いようです。

 

レンズの色によってカット率が違う?

レンズの色によってカット率が違う?

ブルーライトカットのメガネのレンズは一般的に濃く濁った橙色をしているのが特徴的です。中にはこのレンズの色合いが薄いものも存在しますが、レンズの色でどのような違いがあるのでしょうか。

ブルーライトをカットするとして販売されているメガネには大きく分けて反射型と吸収型の2種類があります。

このどちらのタイプであったとしても、ブルーライトをカットすれば当然景色の見え方や色合いは変わってきます。

 

物理的に考えても景色や画面の色合いを全く変えることなくブルーライトのみをカットすることは不可能ですので、レンズを通して見たときの景色は黄色がかり濁ったような見え方になるのです。

ブルーライトカットのメガネをかけたとき、目の前に広がる景色の色の違いはブルーライトのカット率に比例しているともいえます。

実際に、レンズの濁り具合が薄いメガネよりも濃いメガネの方が目の疲れが軽減されたという意見は多く聞かれています。

レンズの色が濃いということはそれだけ多くのブルーライトをカットしているということですので、透明なレンズで効果を実感していない人は濃い色のレンズを試してみるといいでしょう。

 

ブルーライトカットメガネに効果を感じていない人の意見

midium_03

逆に、ブルーライトカットメガネに効果を感じていない否定派の人の意見も見てみましょう。

否定派の人の多くは、そもそも青色の光であるブルーライトが目によくないという医学的なエビデンスは存在しないと主張します。

実際にブルーライトというものは自然光や蛍光灯などからも発せられているものです。本当にブルーライトが目によくないのであれば、自然光や蛍光灯のブルーライトもカットしなくてはならなくなるのではないか?という意見です。

 

確かに今のところ有力な根拠といえるほどの論文は発表されていないようですが、医学的な検証は既に始まっており、効果を実感する人が多いことから医学的な裏付けも近いうちにされるであろうとするのが現在の有力な見方です。

また、このほかにも否定派の意見としては普段と色合いなどの見え方が違うことで逆に目が疲れてしまったというような声もあります。

特に色彩感覚が重要になってくる仕事やパソコンで作業をする人にとっては、裸眼で見た時とレンズを通して見たときの見え方が大幅に違うため、大きな弊害になり得る可能性があります。

 

ディスプレイを見る機会の増加で目は脅威にさらされている?

02

ブルーライトカットメガネは多くのブランドから発売されています。

ここ数年間でこれだけ急速にブルーライトカットのメガネが増加してきた背景には、やはりスマホやパソコンなどのディスプレイにさらされている時間の増加が影響しているといえるでしょう。

 

現代人にとって、もはやパソコンとスマホは生活必需品であり、なくてはならない存在となりました。小学生の視力低下なども数年前から叫ばれており、これらの視力低下もゲームなどのディスプレイに接する機会が多くなってきたからだと指摘されています。

年配の方の視力低下や失明原因として近年世界的に急増してきているのが加齢黄斑変性です。

この加齢黄斑変性を引き起こす大きな要因として懸念されているのがまさにここでも取り上げているブルーライトです。

このようなブルーライトにまつわる関心が世界的にも広まってきたために、各社挙ってブルーライトカットメガネを開発しているんですね。

 

まとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-16-26-55

人体に与える影響というのはまだまだ分からない部分も多いのが現状ですが、パソコンなどのディスプレイを見ていて目の疲れを感じている人は少なくともブルーライトカットメガネをかけることをおすすめします。

効果についても賛否両論ありますが、目に疲れを感じている人にとっては使う価値のあるメガネだといえるでしょう。

 Oh My Glasses TOKYOでは、ブルーライトをカットするPC対応レンズ加工も行っています。ぜひ一度チェックしてみてください。

オーマイグラス東京オンラインストアはこちら

プラス2,160円(税込)で、PC対応レンズに出来ます。度付きメガネのレンズや、伊達メガネのレンズをPC対応レンズにして、ブルーライトカット予防をしませんか?

今ならキャンペーンでPC対応レンズが無料!【10/31(月)まで!】