お店で磨いたようにメガネをピッカピカにする魔法の洗い方!

Some rights reserved by Pragmagraphr

Some rights reserved by Pragmagraphr

最近は日が沈むのがめっきり早くなりましたね。夜の時間が長いこともありまして、筆者も最近はパソコンばかりいじっておりPCメガネも大活躍です。しかし、お気に入りのPCメガネが曇ってしまって、メガネ拭きで拭いても完璧には綺麗にはなりません。普段掛けているメガネの汚れも目立つようになってきてしまって・・・。

メガネは、ちょっと触っただけですぐに汚れてしまったり、気づくと曇ってしまっていたりと、常にクリアな状態を保つのは難しいもの。そんな時にお家で簡単に、たったの20秒程でメガネをきれいにする裏技をご紹介します!

自宅で簡単にメガネをピカピカにする魔法の洗い方

まずみなさんにご用意いただきたいのは以下のもの。

【用意するもの】
・メガネ
・台所用洗剤
・タオルまたはティッシュ

これらをご用意できたら、次の3つのステップを踏んでいってください。

STEP1.

普段、食器などを洗うときに使っている台所用洗剤を用意してください。

台所用洗剤をメガネのレンズ部分に左右1〜2滴ずつたらします。この際に、洗剤をつけるのはレンズの内側でも外側でも構いません。少し水をつけながら、指で優しくこすりながら10秒ほど洗っていきます。この際、泡は立たなくても大丈夫です。

STEP2.

水道水で洗剤を流していきます。指で優しくなでながら洗剤をしっかりと流します。この際、洗剤を流そうと力を入れすぎるとレンズに傷がついてしまうので気をつけてください。

STEP3.

洗剤がよく切れたら、軽く水気をきって、柔らかいタオルまたはテッシュでメガネを吹いていきます。この際に、メガネの蝶番(ヒンジ)などの金属部分に水分が残っていると、せっかくのお気に入りのメガネが錆びてしまうおそれがあるので、しっかりと水分を拭きとってください。

 

メガネを洗う際に絶対にやってはいけないこと!

メガネを洗うときに、以下に挙げることは絶対にやってはいけません!大切なメガネを綺麗にしたいという方は、気をつけてくださいね!

①中性洗剤以外の石鹸で洗う
メガネを傷つける原因になりせっかくのレンズの加工が台無しになってしまういます。

②レンズが乾いた状態で拭く
乾いたままのレンズは大変敏感で傷がつきやすいため、息を吹きかけるなどしてレンズを湿らせたり、濡らしてから拭きましょう。

③お湯で洗う
寒い冬だからといって、これはいけません。加工を施してあるレンズは湿度に弱いので、水で洗いましょう!たった20秒、愛するメガネのために寒くても我慢しましょう。

それでも自分でできない時の方法

超音波洗浄機

よくメガネ屋さんで見かけるこの装置。感動的にレンズがクリアになります。

メガネのシャンプー
というのもあります。こちらを使えばもっと簡単にメガネが綺麗になります。
(べっ甲、革などの特殊なフレームには使えないので、ご使用の際は注意して確認してください)

また、メガネドラッグさんの店舗前には超音波のメガネ洗浄機がおいてあり、誰でも無料で使用できるようになっています。たったの1分で、レンズのクリアさが生まれ変わります。

レンズはどこかへ行ったついでにでも、クリアにできます!メガネドラッグさんなどは、メガネの調整もいつでも無料なので是非レンズを綺麗にするのと一緒に、メガネも調整してもらってはいかがでしょう?

 

お顔に合わせたフィッテングや、毎日のメガネのかけはずしによる緩みの調整、クリーニングなどを承っているOh My Glasses TOKYO直営店

オーマイグラス東京の直営店を見る