ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

紫外線対策も”バッチリ”なサングラスをOMGの商品からご紹介!

皆さん、紫外線対策はしていますか?お肌の対策はしている。という方でも目のケアはされていないのではないでしょうか。実は紫外線は目にとってかなり厄介なものなのです。

ケアはしなきゃいけないと思いつつも、あまりしてこなかった方も今年の冬からはスキー場やドライブの際にしっかりと対策をしましょう。ということで、雪からの反射日光などをしっかりケアできるサングラスをご紹介…の前に、少しサングラスと紫外線・日光に関する調査結果をご紹介。

サングラスブランドRayBan(レイバン)が行った調査によると、お肌の紫外線対策をしている人は87.1%に対し、目に関しては34.5%と倍以上の差があります。また、反射日光がまぶしいと感じている方は80.2%とほとんどの方が、こういった経験をしているのです。

それにも関わらず、対策をしていない方が多い日本。紫外線対策ができるサングラスはレンズだけに細工がしてあるので、見た目は普通のものと変わりません。是非、今シーズンからは対策を。それでは、紫外線対策のサングラスをご紹介します。

OAKLEY(オークリー)

紫外線 サングラス

商品ページはこちら

機能性とデザイン性をどちらも文句無しのOAKLEY(オークリー)のサングラス。サングラスは大きめのレンズにする方が多いので、小さめのレンズのサングラスをかけて、周りの人とひと味違った雰囲気を出すのもいいですよね。雰囲気はスポーツサングラスに近いかもしれませんね。

RayBan(レイバン)

紫外線 メガネ

商品ページはこちら

サングラスといえばRayBan(レイバン)。シルバーのフレームがポイントのこのサングラスはもちろん、紫外線対策もバッチリです。爽やかでクールな印象を与えたい方にオススメの1本。

RayBan(レイバン)は設立時のコンセプトに「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」と掲げるほど、目の保護にはこだわっているので、機能性はどのブランドよりも高いといえるでしょう。

NIKE(ナイキ)

紫外線 サングラス

商品ページはこちら

サイクリングやスキーなど、スポーツの際にオススメなのがこちらのサングラス。写真を見るとノーズパットが他のサングラスとは違うことがわかると思いますが、これは汗によるずれ落ちや、レンズ曇りの予防のための構造になっているのです。

世界中のアスリートから支持を受けるスポーツ用品のトップブランド、NIKE(ナイキ)ならではのこだわりが細部にまで実現されているサングラスですね。

All Time Sunglass(オールタイムサングラス)

紫外線 メガネ

商品ページはこちら

鯖江の老舗レンズメーカーが作る、名前の通り、オールタイムでかけていられるサングラスです。紫外線の他、目の疲労の原因となるブルーライト対策もできる優れもの。外出時でも室内で過ごす時も、いつでもかけていると効果が得られるサングラスです。見た目もカッコいいので、これ1本で生活のあらゆるシーンで使えそうですね。

以上、4つのサングラスをご紹介しました。夏が終わり紫外線は大丈夫とホッとしているあなた。対策は1年中しなくてはいけませんよ!今回紹介したサングラスの他にも、様々な紫外線対策のサングラスがありますので、色々と試してみてください。