柴咲コウさんが「外交官・黒田康作」で使用していたメガネに迫る

芸能人が使用しているメガネを紹介するコーナー、今回は柴咲コウさんについてご紹介します。柴咲コウさんは、女優業はもちろん、歌手としても活動するなど、そのマルチな才能を多方面で発揮されています。

引用元:http://www.pakutaso.com/pakutasopost-1873.html そんな柴咲コウさんがメガネを使用している大人気ドラマといえば、「外交官・黒田康作」ではないでしょうか。

柴咲コウさん出演ドラマ「外交官・黒田康作」

「外交官・黒田康作」は、織田裕二さん主演で2009年に公開された映画「アマルフィ 女神の報酬」の続編となるドラマです。初めに、あらすじをご紹介しましょう。イタリアのローマにおいて発生した、日本人少女誘拐に端を発する犯罪事件を、外交官・黒田康作の尽力で解決した前作より数年後のこと。 主人公の黒田康作に次の任務として、在サンフランシスコ日本領事館で外務副大臣・観上祥子の警護をせよとの指令が入ります。そこでサンフランシスコに赴任した黒田は、かつて在メキシコ日本大使館で一緒に働いていた因縁の相手、霜村毅と再会し・・・というストーリーです。 柴咲コウさんは、黒田康作の新しいパートナーであり、ヒロインの大垣利香子役を熱演。空間認識能力や記憶力に優れ、各種地図も記憶していることが彼女の特技です。 しかし、何かにつけて自信無さげにまごついてばかりいる、ちょっと欠点のある女性を演じています。 先の読めないストーリー展開に、毎週ハラハラしながらご覧になっていた方も多いのではないでしょうか。

柴咲コウさんが使用しているメガネ

そんな柴咲コウさんがドラマ中に使用しているメガネが、OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)というブランドのメガネです。 柴咲コウさんが使用しているモデルはDru。シンプルなセルフレームで貼り合せのカラーがとてもキレイなデザインです。鼻パッドはメタルパットを採用しているため、跡が残りにくくなっており、その掛け心地の良さも人気の理由です。

【OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ) Dru SY/BE】

引用元:http://oliverpeoples.jp/news.html 小振りなレンズですが、フロントサイド上部にシャープなデザインを施しています。また、フェイスラインにセル生地の厚さの強弱を出すことで、キリッとした印象に。Druには、「勇敢な」という意味があります。このモデルは主に女性をターゲットに作られているので、まさに働く女性にピッタリのメガネといえるでしょう。

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)について

続いて、OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のブランドヒストリーをご紹介していきたいと思います。OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のストーリーは、ロサンゼルスの若い3人の経営者のもとに送られてきたひとつの小包から始まりました。 その小包は、ニューヨークのアンティーク業者から送られたもの。その中には、50年以上前に造られたヴィンテージ・フレームが入っていました。それは12カラット・ゴールドに細密な装飾が施されたものなど、誠に素晴らしいヴィンテージフレームばかりだったそうです。 彼らはすぐにニューヨークへと向かい、マンハッタンのとある地下倉庫に50年間放置されていた6つのパッキングと対面します。 そこには1500セットを数える組立前のメガネフレームが並んでいました。そして、それらとともに、黄ばんだ一枚のオーダーシートが入っていたのです。そこには一つの象徴的なサインが書かれていました。それが、OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)でした。 そして、1986年11月。ウエスト・ハリウッドのサンセットブルーバードに、オプティカルショップをオープン。それから10ヶ月かからず、OLIVER PEOPLES (オリバーピープルズ)はアメリカを席捲、今では世界60ヶ国以上で販売されています。

【OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ) Judson ASI】

引用元:http://oliverpeoples.jp/catalogue/2012summer/judson_asi.html OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)は、世界中の人に愛されています。ぜひ、一度ご覧になることをお勧めします。きっと、ラリー・レイトらのように、その魅力のとりこなるでしょう。


OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の公式サイトはこちら >