Ray-ban(レイバン) アビエーターが半世紀以上ファンに愛されてる理由とは?

✔︎目次

Ray-ban(レイバン) アビエーターが半世紀以上ファンに愛されてる理由とは?

同じみのRay-Banレイバン)というブランドの紹介記事です。今回は第4回目ということでRay-Banレイバン)の人気商品であるAviator(アビエイター)について紹介します。前回までの記事は下記のリンクから読むことが出来ますので、是非ご覧ください。

Ray-Banレイバン)のAviator(アビエイター)というモデルは半世紀以上の時を経た今なお世界中の人々を虜にし続けています。

なぜ我々はAviatorアビエイター)に魅せられ、かけ続けられるのか?

画像引用元 (japan.ray-ban.com

そんなAviator(アビエイター)が愛されてきた理由を追ってみたいと思います。

画像引用元 (japan.ray-ban.com

Aviator(アビエイター)を知らない方もいると思いますので、一度Aviator(アビエイター)について説明してから本題に入りたいと思います。

アビエイター(Aviator)は、レイバンを代表する定番モデル。レイバン設立時からアメリカ空軍に採用され、社会的な信頼を得る。1986年のアメリカ映画『トップガン』で、トム・クルーズがかけていたモデルである。この映画の世界的ヒットでアビエイターの人気が高まり、売り上げが飛躍的に向上したといわれている。ヘルメットを被ったままでも着脱が出来るよう、曲げられていない(真直ぐな)テンプル・モダンが特徴。 米国空軍のパイロット用として制式採用され、その後も研究開発を重ね1937年に誕生した アビエーター。人間の目の動きと同じ範囲をカバーし、最大の視野を確保できる究極の デザインが完璧なスタイル。優れた光学技術とそのデザイン性でたちまち人々は魅了され、 現在もなお多くのファンに愛されている。スターたちの愛用率も最も高く、度々スクリーンに登場している。レイバンの原点とも言えるモデル。

引用元 (wikipedeia レイバン

Aviatorアビエイター)は、上記にもある通り、レイバンの定番モデルです。

そして、アメリカ空軍に採用された記載されていますが、多分多くの日本人の方は、アメリカ軍の中でレイバンを着用した人物を一度は見ていると思います。

一番最初にRay-Banレイバン)を着用して最初に日本に来たアメリカの軍人といえば、GHQ総司令官であるダグラス・マッカーサー元帥だと思います。

レイバン

画像引用元 (Flickr

Aviator(アビエイター)はレイバン・コレクションの中心的存在であり、現在は多数のモデルが発表されています。

クラシックなものから、技術的なものから非常に多種多様なラインナップになっています。

では、本題のAviator(アビエイター)が愛される理由を書いていきたいと思います。

私の考えではこの2つに尽きると思います。

  • 機能性の高さ
  • 不朽のデザイン性

機能性の高さ

Aviator(アビエイター)の特徴はなんといっても、空軍にも採用されたほどのその技術力だと思います。

あらゆる光源の中で明確かつパーフェクトな視界を提供するレンズを作成しました。

そのレンズはまぶしい光の中で実際の視力が弱められる場合(偏光の一般的な現象)、最適な視界を保つ技術を提供してきました。

レイバンの偏光レンズには直接、「P」という特有のマークがレーザーで刻まれており、99.9%という優れた効率で、明瞭かつクリアな視界を提供しています。

不朽のデザイン

時代に適したカラーやトレンドを組み入れながら、その本質はぶれる事がないデザイン性。

これはフレームが奇抜すぎず、シンプルすぎることがないデザインにあると思います。

つまり、時代、場所に捕らわれていないことだと思います。

いくつかここからアビエイターのコレクションを見ていきたいと思います。

AVIATOR CLASSIC

画像引用元 (japan.ray-ban.com

このフレームはスタイルとデザインという点では象徴的な存在です。

 

 

OUTDOORSMAN CRAFT

 

 

画像引用元 (japan.ray-ban.com

このフレームはトップバーとテンプルのエンドピースがやわらかい手縫いのレザーで覆われています。

BLAZE AVIATOR

画像引用元 (japan.ray-ban.com

ダブルブリッジをオリジナルデザインより太めにし立体感を出したことでより力強い印象です。

RB8313

画像引用元 (japan.ray-ban.com

カーボンファイバー素材を採用したクラシックなモデルは、非常に強固でありながら快適な軽量性を備えています。

以上4つのタイプを紹介しました!

Ray-Banレイバン)の中でAviator(アビエイター)は今後も本質を持ちながら、進化を続けていくモデルだと思います。

今後も動向は見逃せないですね!

ぜひRay-Banレイバン)のAviator(アビエイター)をチェックしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です