ティフィール(Ti-feel)の人気モデル

ティフィール(Ti-feel)の人気モデルです。

ティフィール(Ti-feel)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    30,800円 (税込)

    『感じる』をテーマにした、オールチタンを採用した純国産フレーム「ティフィール(Ti-feel)」は、フジテレビのドラマ「HERO」で松たか子さんが着用していたことから話題を呼び、人気上昇中のアイウェアブランドです。こちらはオーバルタイプのフルリムフレームです。カラーはフロント、テンプル共にブルーです。素材は軽くて丈夫なチタンを使用しており、長時間掛けていても疲れにくいです。また、この製品の全てを日本国内で作っているので、安心してお使い頂ける、質の良いフレームです。フロントデザインが特徴的で、すっきりとした印象のお洒落な一本となっています。

  • 2
    30,800円 (税込)

    ティフィールHEVIN 7のご紹介です。このフレームはシャープな形状でかっちりとした印象となります。様々なシチュエーションに合わせやすい形状です。フレーム材質は軽くて丈夫なチタン素材です。こちらの製品は日本製となります。

  • 3
    30,800円 (税込)

    四角いスクエア型をしたフルリムのメガネです(色は青)。メガネのフレームの素材はメタルを使用しており、このメガネをかける人にシャープな印象を与えます。品質に定評のある日本製・鯖江産。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレームが、角矢甚治郎(Kadoya Jinjiro)です。
原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいのが特徴のセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した、極上の掛け心地をお約束する至上の逸品です。

ツェツェx越前國甚六作

鯖江の眼鏡職人と気鋭のブランド「tse tse」とのコラボ作品。鯖江が誇る世界最高水準の眼鏡職人の技術と、ノーコンセプトを提唱する奇抜なデザインを融合させることで、今までのセルロイドのイメージを一新したクールなニューブランド、ツェツェx越前國甚六作(tse tse x echizennokuni jinrokusaku)。
セル生地フレームの加工には熟練された感覚が必要なため、相当量の技術力が要求される。このモデルは「「tse tse」のデザインに、セルロイドの魅力をかけ合わせるために生まれた、必然的なコラボレーションです。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、ブリッジの磨きの美しさに現れています。

オニメガネ

「最高のふつう」をコンセプトに掲げる福井県鯖江市発のブランド。
ビジネスにもプライベートにも使い回せるオーセンティックなデザインは、年齢・性別を問わず顔になじみます。シンプルで上質ながらも手に取りやすい価格なので、初めて国産メガネをかける方のエントリーモデルにもおすすめです。