プラスサバエ(PLUS38A)の人気モデル

プラスサバエ(PLUS38A)の人気モデルです。

プラスサバエ(PLUS38A)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    18,480円 (30% off) 26,400円(税込)

    「ありそうでなかった匠の技」をコンセプトに、眼鏡造り45年の匠 津田進がアセテート特有の柔軟性を十分に活かせる様、デザイン・設計・製造まで一貫して造った個性的かつ魅力的なセルフレーム。アセテートの柔軟性を活かせる様、テンプルを部分的に極限まで薄くし、芯材にβチタンを使うことにより、今までに無かった掛け心地を追求した1本。肌触りの良いと言われる綿を主体としたアセテート材を使用し、芯材にβチタンを使用。

  • 2
    18,480円 (30% off) 26,400円(税込)

    「ありそうでなかった匠の技」をコンセプトに、眼鏡造り45年の匠 津田進がアセテート特有の柔軟性を十分に活かせる様、デザイン・設計・製造まで一貫して造った個性的かつ魅力的なセルフレーム。アセテートの柔軟性を活かせる様、テンプルを部分的に極限まで薄くし、芯材にβチタンを使うことにより、今までに無かった掛け心地を追求した1本。肌触りの良いと言われる綿を主体としたアセテート材を使用し、芯材にβチタンを使用。

  • 3
    18,480円 (30% off) 26,400円(税込)

    「ありそうでなかった匠の技」をコンセプトに、眼鏡造り45年の匠 津田進がアセテート特有の柔軟性を十分に活かせる様、デザイン・設計・製造まで一貫して造った個性的かつ魅力的なセルフレーム。アセテートの柔軟性を活かせる様、テンプルを部分的に極限まで薄くし、芯材にβチタンを使うことにより、今までに無かった掛け心地を追求した1本。肌触りの良いと言われる綿を主体としたアセテート材を使用し、芯材にβチタンを使用。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

ハマモト

日本が世界に誇るメガネの産地である福井県鯖江市を拠点とし、金属加工の技術で高い評価を受ける浜本テクニカルが打ち出すアイウェアブランド、ハマモト(HAMAMOTO)。
「既成概念を破る眼鏡作り」をコンセプトに掲げ、設計段階から機能とデザインを追求したものとなっており、その軽さと抜群のフィット感で掛ける人を魅了しています。

銘品晴夫作

セルロイドメガネ職人の「伊藤晴夫氏」の名前を冠し始まった日本製、国産鯖江ブランドです。全ての商品がセルロイド生地を使用したフレームで多種多様なカラーバリエーションは勿論のこと、6mm生地と8mm生地を使用したバリエーションに富んだフレームのラインナップが特徴です。ほとんどのテンプルは、ノー芯(テンプル芯がない)太手で、蝶番の中でももっとも丈夫な7枚蝶番を採用、蝶番の下からはナットを取り付けネジを緩みにくい丈夫な仕様にメイドインジャパンの技が生かされています。芯が無くても美しい形状キープできて、フィット感も実感できる納得のフレーム。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地の磨きに職人技あり。セルフレームの手造り眼鏡に一業一貫すること三十有余年・・・セル職人"角矢甚治郎"。非常に複雑な作業工程を一人でこなす匠の技は、セル職人の中でも突出した存在であり、その熟練された職人技法は、型出し・やすりがけから最終の磨き作業まで、一切機械に頼らず、一本一本を丹念に仕上げられています。今では希少価値である、"本セルロイド生地" と"七枚蝶番" を継承する甚治郎フレーム、原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した鯖江職人ブランド。

ツェツェx越前國甚六作

鯖江の眼鏡職人と気鋭のブランド「tse tse」とのコラボ作品。鯖江が誇る世界最高水準の眼鏡職人の技術と、ノーコンセプトを提唱する奇抜なデザインを融合させることで、今までのセルロイドのイメージを一新したクールなニューブランド、ツェツェx越前國甚六作(tse tse x echizennokuni jinrokusaku)。
セル生地フレームの加工には熟練された感覚が必要なため、相当量の技術力が要求される。このモデルは「「tse tse」のデザインに、セルロイドの魅力をかけ合わせるために生まれた、必然的なコラボレーションです。