ポールラビアン(Paul Lavian)の人気モデル

ポールラビアン(Paul Lavian)の人気モデルです。

ポールラビアン(Paul Lavian)のメガネフレームの人気モデル

当店おすすめの 日本製メガネ をご紹介いたします。

昇治郎

フジイオプチカル 創業60周年を記念して発表されたヴィンテージデザインのブランド。
創業者である「藤井 昇治郎」の名を冠とし、その息子である茂と純裕が企画・製造し、孫の藍がデザインし、太が設計を手掛ける。藤井家三世代に渡って培った技術の結晶であるブランド「昇治郎」。
歳月を掛けて蓄積した技術により絶妙なバランスで加工されたベータチタンフレームが、現代風にアレンジされたヴィンテージ調のデザインにより21世紀の眼鏡フレームに相応しい仕上がりになっています。

オニメガネ

昭和27創業の老舗問屋が「いいめがねをしよう。」 をコンセプトに掲げスタートさせた新ブランド、オニメガネ(Onimegane®)。
部品製造から一貫して福井県鯖江市の職人が手作りする、上質でシンプルなオニメガネ(Onimegane®)は、組み立てだけのMade In Japanとは一線を画す、福井県鯖江市の職人達による「鬼気迫る」モノづくりから生み出されているブランドです。

ツェツェx越前國甚六作

鯖江の眼鏡職人と気鋭のブランド「tse tse」とのコラボ作品。鯖江が誇る世界最高水準の眼鏡職人の技術と、ノーコンセプトを提唱する奇抜なデザインを融合させることで、今までのセルロイドのイメージを一新したクールなニューブランド、ツェツェx越前國甚六作(tse tse x echizennokuni jinrokusaku)。
セル生地フレームの加工には熟練された感覚が必要なため、相当量の技術力が要求される。このモデルは「「tse tse」のデザインに、セルロイドの魅力をかけ合わせるために生まれた、必然的なコラボレーションです。

銘品晴夫作

銘品晴夫作(MeihinHaruoSaku)は、セルフレームの代名詞とも言える技術力を結集したアイウェアブランドです。フロント・テンプルともに6mmもある生地より一枚一枚手磨きで削りだし生成されるフォルムと美しさが感じられる素材の艶は他ブランドの追随を許しません。知る人ぞ知るこだわりのブランドとなっています。