グッチ(GUCCI)の人気モデル

グッチ(GUCCI)の人気モデルです。

グッチ(GUCCI)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    18,360円 36,720円(税込)

    グッチオ・グッチが立ち上げたGUCCI(グッチ)はラグジュアリーブランドの代名詞とも言えるブランドです。チタンを採用しているので丈夫で柔軟性もあります。テンプルには存在感がある「GUCCI」のロゴが、高級感を感じさせるデザインとして輝きます。軽く柔らかな掛け心地ですので、長い時間メガネを掛ける方でも疲れにくいです。カラーはフロント・テンプルがブルーです。

  • 2
    18,360円 36,720円(税込)

    グッチオ・グッチが立ち上げたGUCCI(グッチ)はラグジュアリーブランドの代名詞とも言えるブランドです。ステンレスを採用しているので丈夫です。テンプルには存在感がある「GUCCI」のロゴが、高級感を感じさせるデザインとして輝きます。軽く柔らかな掛け心地ですので、長い時間メガネを掛ける方でも疲れにくいです。カラーはフロントがシルバー、テンプルがグリーン×レッドです。

  • 3
    18,360円 36,720円(税込)

    グッチオ・グッチが立ち上げたGUCCI(グッチ)はラグジュアリーブランドの代名詞とも言えるブランドです。チタンを採用しているので丈夫で柔軟性もあります。テンプルには存在感がある「GUCCI」のロゴが、高級感を感じさせるデザインとして輝きます。軽く柔らかな掛け心地ですので、長い時間メガネを掛ける方でも疲れにくいです。カラーはフロントがメタルブラック、テンプルがブラックです。

グッチ(GUCCI)のサングラスの人気モデル

  • 1
    31,320円 (税込)

    稀代の鬼才アレッサンドロ・ミケーレをクリエイティブ・ディレクターに迎え大変貌を遂げた新生グッチのアイウェア。 大ぶりな玉型とスクエアシェイプ、細めのシルエットが絶妙なレトロ感を強調。 テンプル端の蜂のプリントは、ミケーレが就任して多く用いられるようになったアーカイブロゴです。 フロントにはブランドのシグネチャーのGGロゴがメタルで配されています。 イタリア製。

  • 2
    42,120円 (税込)

    ラグジュアリーブランドの雄として世界中のセレブから高い支持を受けるグッチ(GUCCI)のアイウェアコレクション。ブランドのはっきりとしたスタイルを喚起する大胆な形と独特な繊細さに沿って強く、自信がある個性を持っています。 熟練された素晴らしいデザインで、人混みの中でも際立たせ、あなた自身のファッションポリシーを確立させます。

  • 3
    42,120円 (税込)

    ラグジュアリーブランドの雄として世界中のセレブから高い支持を受けるグッチ(GUCCI)のアイウェアコレクション。ブランドのはっきりとしたスタイルを喚起する大胆な形と独特な繊細さに沿って強く、自信がある個性を持っています。 熟練された素晴らしいデザインで、人混みの中でも際立たせ、あなた自身のファッションポリシーを確立させます。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

木調浪漫

自然木の風合いと存在感を独自の特許技術と職人の技で木目をアセテートフレームに見事に再現した木調浪漫(Mokuchoroman)。これらの木目は職人の手によってひとつひとつ丹念に磨いては削り、つけられています。
全ての工程がハンドメイドで、この技術を持つのはは日本にただ一人。生産も限られており、自然木では不可能なデザインとかけ心地の追求は、自然木を超えたものと発売以来高く評価されています。

角矢甚治郎

熟練された技を持った職人の手により、一本ずつ手作業で作られたセルロイド生地のフレームが、角矢甚治郎(Kadoya Jinjiro)です。
原板の段階で生地の水分を抜き取っているため、硬質で傷が付きにくく、変形しにくいのが特徴のセルロイド生地にとことんこだわり、職人としての技術と努力の結晶が造り出した、極上の掛け心地をお約束する至上の逸品です。

ジェイスピリット

アミパリの持つこだわりをプラスした、繊細でかつ妥協のない日本ならではの技術力、ハイクオリティを特長とするジェイスピリット(JSPIRIT)。
軽くて丈夫、しなやかな弾力を誇る超弾性樹脂テンプルなど、機能性を頑なに追求し、メイドインジャパンの堅実な技術力を凝縮したブランドです。

サバエオプト

サバエオプト(SABAE・OPT)は、小売店発のオリジナルブランドとして2011年7月に福井県鯖江市で誕生しました。
小売店運営の中での実際のお客様の声を商品開発に生かし、日本製らしい本当に軽くてしなやかな掛け心地を実現したブランドとして多くの方々に愛されるブランドとして注目を浴び成長を続けています。