メガネのネジが緩んでしまった!自分で直せる?| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

毎日メガネを使っているとネジが緩んでしまい、テンプルや鼻パッドが不安定になりブラブラしてしまうことがあります。メガネのネジの緩みは、自分で対処できるのでしょうか?トラブルの状況別に、対処法をご紹介していきましょう。

 

メガネのネジを失くしてしまった!どうすればいい?

メガネのネジを失くしてしまった!どうすればいい?

メガネのネジは、メーカーがメガネ専用に作っているものが多く、市販のネジでは代用できないことがあります。そのため、メガネのネジを紛失してしまったら、メガネ店での修理対応になることが一般的です。自力で対応したい場合は、使わなくなったメガネのネジを嵌めてみる、100円ショップなどで安いメガネやサングラスを調達してきてネジを流用してみる、などの方法を試してみましょう。
しかし、メガネによってはメーカー専用の純正ネジを使っていたり、特殊な形状のネジを使っていたりすることもあります。そのため、最も確実で安心なのは、メガネ店での修理対応といえます。

 

お店でネジの緩みを直してもらうなら

お店でネジの緩みを直してもらうなら

ネジが緩んだら、まずはメガネを買ったお店に相談してみましょう。ネジの締め直し程度であれば、無料サービスとして実施しているお店も多くあります。お店では、緩み止めの処置も受けられるため、自分で対処するよりもネジが長持ちするでしょう。メガネのネジが壊れていたり、紛失してしまったりという場合には、有料(一般的に1,000円前後)での対応になることもあります。特殊なネジであれば取り寄せ対応となることもあるため、その間に代用できるメガネがあると安心です。

 

メガネのネジが緩んだらお店に相談を

 メガネのネジの緩みは、専用ドライバーを使ったり、ほかのメガネからネジを流用したりすることで、自分でも対処できます。しかし、不意のトラブルを避け、緩み止めによって長持ちさせたいならば、お店に相談してみることがおすすめです。気をつけたいのは、緩みを防ぐために接着剤で固定してしまうこと。フレームやレンズに悪影響を及ぼす可能性があるため、接着剤の使用は避けるようにしましょう。
 

オーマイグラス東京 直営店舗