近視用コンタクトを入れているのに老眼に!老眼鏡を使っても良い?| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

 


近視用のコンタクトレンズを愛用していると、老眼になった時に戸惑います。コンタクトを入れていると、今までとは逆に近くが見えづらくなるからです。だからといって、コンタクトをはずしてしまえば当然遠くは見えません。近視のコンタクトと老眼鏡は併用しても良いのでしょうか。

いますぐ老眼鏡について
プロに相談したいなら…
LINEチャットで無料相談!

 

近視用のコンタクトを入れながら老眼鏡をかけても大丈夫?

メガネとコンタクトを両方使う時の注意点は?

老眼は40代に入ると起こり始める、加齢による目のピント合わせの機能の低下です。遠視と似ているイメージがありますが、遠視はピントを合わせるための機能はきちんと働いています。しかし、レンズの役割をしている水晶体とフィルムの役割の網膜との距離が近くて、ピントが網膜の後ろで合ってしまって近くが見えにくいのです。老眼は、水晶体を厚くしたり薄くしたりという調節がうまくできなくなるため、近くや遠くが見づらくなります。

老眼を矯正するには遠視の時と同じく凸レンズを使いますが、近視用のコンタクトレンズを愛用してきた人にとっては、正反対の働きのレンズなので使って良いのか迷うものです。近視の場合は、老眼になるとメガネやコンタクトを使わなければ、近場が見えやすくなることが多いです。しかし、コンタクトなどできちんとした視力が出ている時には、やはり一般の老眼の人と同じように近くが見えにくくなります。近視用のコンタクトをつけながら老眼鏡を使用するのは、それによって見え方が良くなり、目の負担が軽くなるなら問題はありません。しかし、せっかくコンタクトを使っているのに、メガネのかけはずしもしなければならなくなるのをわずらわしいと感じることもあるかもしれません。

 

まだ老眼鏡を使うほどではない場合には

老眼鏡の度数の決め方

老眼鏡は、近くがよく見えるように視力を矯正しています。しかし、日常生活ではデスクワークばかり行っているわけではないので、かけはずしはどうしても頻繁になります。近視の度が強い人は老眼鏡をかけたままではコンタクトの効果が出ないため、はずさないわけにはいかないのです。老眼といってもそれほど強くなく、まだ老眼鏡を使いたくないという場合には、コンタクトの度を少し落とすという方法があります。近視なのに老眼で近くが見づらくなるのは、視力が正常な状態に矯正されているからです。元の近視の状態に近づけてやれば、手元に関してはかえってはっきり見えるようになるのです。車の運転など、遠くもしっかり見える必要があるという状況には向かないやり方ですが、日常生活で老眼鏡を使用したくない、困らない程度見えれば良いという場合なら適しています。また、老眼鏡ではなく、遠近両用のメガネやコンタクトを使うことでも、老眼鏡のようなかけはずしはしなくてすみます。

 

遠近両用メガネとコンタクトの使い心地の違いは

コンタクトレンズとメガネを併用する場合のポイントとは?

 

遠近両用の視力の矯正は、メガネでもコンタクトでもできます。メガネでは、レンズの下の部分が近くを、上の部分が遠くを見るのに合った度数に作られていて、視線を動かすことで使い分けます。コンタクトレンズでは、近くと遠くに適した度数が同心円状にレンズ内に交互に存在します。視野全体で完全にピントが合っている状態にはならない代わりに、まったくピントが合わない場合もありません。そしてピントが合わない部分は脳が修正してくれるので、近くを見ても遠くを見ても、感覚としてははっきり見えるのです。

遠近両用メガネは、レンズ部分によって見え方がきちんと分かれているため、慣れるまでとまどうことがあります。しかし、慣れると視線だけで使い分けられるので便利です。中距離の見える範囲を広くした中近両用レンズなども作ることができます。遠近両用コンタクトは、視線移動の手間がかからずにすべての距離を見渡せますが、正常な見え方の中にいつもぼやけて見えている情報も入っているため、人によっては見えづらさが先に立つ場合もあるのです。輪郭にぼけやにじみを感じるなどです。メガネとコンタクトのどちらが適しているかは、実際に装着してみて自分の感覚に聞いてみるのが早道となります。

 

使い勝手は変わるが対処方法はいくつもある

 

メガネとコンタクトの度数は別物?その原因とは?

近視は老眼になりにくいような言われ方をすることもありますが、加齢によるものなので老眼にならないわけではありません。近視用コンタクトをつけていても老眼鏡はかけられますが、コンタクトの度数を少し落とすという対処の仕方もあります。また、遠近両用のメガネやコンタクトに換えるという手もありますが、近視だけに合わせれば良かったメガネやコンタクトとは多少使い勝手が変わります。試してみて、自分に適した方法を利用すると良いでしょう。

 

店員に相談してみよう

困った場合は、お近くのお店で直接店員に相談してみよう。
豊富な知識と経験を持った店員さんが一人ひとりにあった最適なご提案をしてくれます。

迷ったら、LINEチャット相談が便利!

オーマイグラスでは、LINEチャットによるスタッフ相談を行っております。プロのスタッフがお客様の疑問・質問にお答えするので、オンラインでも安心して度付きメガネや、遠近両用メガネをお求めいただけます。
度数については、お手元の処方箋や度数がわかる資料の写真を撮って送るだけでOK。
似合うメガネのご相談も承っています。
ぜひこちらからお気軽にご相談ください(ご利用は無料です)。