ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

カラーレンズは目に悪くない!?常用するのにおすすめの色はあるの?| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

カラーレンズは目に悪くない!?常用するのにおすすめの色はあるの?

色の濃いサングラスよりも気軽にかけられて、おしゃれなイメージを持つ人も多いカラーレンズ。さまざまな色があるので、どの色を選べば良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。
そこで、色によって印象を変えることができるカラーレンズの効果や、おすすめの色をまとめてみました。

 

カラーレンズは何か効果があるの?


カラーレンズは、おしゃれのワンポイントアイテムとして使えるだけではありません。ほんのり色が付いていることで印象が変わるのはもちろん、まぶしさを軽減したり視界をクリアにしてくれたりと実用性もあるのです。強い日差しがある外や、太陽光が道路に反射した時のまぶしさが軽減されるので、レジャーや長時間の運転にも向いているといえます。

ただし、まぶしさを軽減する効果はありますが、まぶしさの軽減と紫外線カットは違います。紫外線カットのカラーレンズが良い場合は、UVカット表記のされているものを選びましょう。
また、色によっては視界がクリアに見えるものもあります。例えばブラウン系やイエロー系のレンズは色のコントラストを高めるので、視界をクリアにしてくれるのです。

 

カラーレンズを常用したら目に悪くない?

カラーレンズはサングラスのような濃さではないので、目に悪い影響は特にありません。グレー・ブルー系のレンズは日差しのまぶしさをカットする効果が高いので、外でのまぶしさを軽減してくれます。
また、グリーン系のレンズは青・赤系の光を遮断して色がクリアでキレイに見えるだけでなく、目が疲れにくくなるといわれています。どうしても色が気になるならカラーコントロールメガネで、紫外線のある屋外だけでカラーレンズを楽しむことも可能です。

 

カラーレンズの特徴を知り、メガネを選ぶ楽しさを増やしてみては?

カラーレンズの特徴を知り、メガネを選ぶ楽しさを増やしてみては?
今まで興味はあるけれど、勇気がなくてカラーレンズを選べなかった人もいるかもしれません。しかし、カラーレンズは意外と身近で、色の特徴を生かして実用的に使うことができるのです。
カラーレンズは色もさまざまあるので、選ぶ楽しさが広がります。薄い色なら初心者でも楽しめるので挑戦してみてはいかがでしょうか。