個性あふれる有名ブランドを生み出した創業者たちの歴史と生き方

多くのアパレルブランドが、アイウェアラインも存在しています。そのブランドコンセプトから、ブランドの特徴が現れたメガネたちが誕生しています。 どのメガネもユニークなものばかりですが、こうした個性の強いブランドは一体どのような人から生まれたのでしょうか?これまでに紹介してきたブランドの創業者をおさらいしてみます。

Paul Smith(ポール・スミス)

まずは日本でもおなじみのブランド、Paul Smith(ポール・スミス)の創業者からご紹介します。服飾を中心にバッグ、時計などを世に送りだしており、同ブランドはOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)とのコラボレーションによって、アイウェアライン「Paul Smith Spectacles(ポールスミス・スペクタクルズ)」を展開しています。 若いころはレーサーを志していたけれど、怪我によってそれを断念することになってしまったPaul Smith(ポール・スミス)。その後、新たな道を見つけ、ファッション業界の階段を登っていくエピソードは必読です。

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)

(画像引用:OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)公式サイト) 続いてご紹介するのはアイウェアブランドOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の創業者、ラリー・レイト氏。さきほどご紹介したPaul Smith(ポール・スミス)のアイウェアラインもコラボして作っているブランドです。 OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のブランドコンセプトは、「古き良き時代と現代の融合」。繊細なヴィンテージデザインと現代的で との絶妙なバランスのアイウェアは、多くの著名人に愛されています。 そのOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の創業者兼クリエィティブディレクターであるラリー・レイト氏はユニークな哲学の持ち主としても知られます。何かをデザインすることにワクワクして止まらないラリー氏。ぜひ彼のエピソードをご覧ください。

おまけにこちらはOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)とPaul Smith(ポール・スミス)のコラボについて記した記事です。

JILL STUART(ジルスチュアート)

最後にご紹介するのは、女性の「可愛らしい物への永遠の憧れ」の部分を突いてくる、フェミニンなデザインで世の女性たちを魅了しているブランドJILL STUART(ジルスチュアート)。 ブランド、JILL STUART(ジルスチュアート)の創業者、であるジルは、デザイナーである両親の元、ジルはファッションの街・ニューヨーク7番街で育ちます。ファッションデザインを学んだジルは、ファッションレザーのカジュアルウエアブランドを、現在の夫、ロン・カーティスとスタート。 「女の子らしく、可愛らしく、セクシーに。」そんなJILL STUART(ジルスチュアート)のブランドコンセプトは多くの方に支持されています。

ブランドの創業者のことを知ると、すこし違った視点からブランドと接することができるようになります。お気に入りのブランドがある方は、一度創業者について調べてみてもいいかもしれませんね!

Paul Smith(ポール・スミス)の公式サイトはこちら >

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の公式サイトはこちら >

JILL STUART(ジルスチュアート)の公式サイトはこちら >

眼鏡は買う前に自宅で試着する時代です
とことん試して似合う眼鏡を手に入れよう
眼鏡は買う前に自宅で試着
似合う眼鏡を手に入れよう