ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

ドライブ・運転に適したメガネ・サングラスの選び方

ドライブ サングラス

引用元:http://sportsmegane.com/?p=6186

こんにちは。皆さんはドライブをすると披露が溜まる感じはしませんか?恐らく、感じるとしても運転の疲れだと思われている方が多いと思います。しかし、ドライブ中にストレスや疲労を溜めてしまう原因として紫外線や可視光線の存在を忘れてはいけません。

ドライブをしているとビルや他の車からの反射光やアスファルトの路面からの照り返しが目に入ってきてしまうので、どうしても目に披露が溜まってしまいます。そこで、眩しさの回避のためにサングラスをかけている方が多いのですが、それをもう少し変えるだけで披露がグッと減るのです。

ドライブ用のメガネには偏光レンズという素材が使われていて、偏光レンズを採用しているサングラスは目の疲れの原因になる反射光などをカットして、目に優しい光だけを通してくれます。

偏光レンズを使ったサングラスをかけると、目の疲れだけではなく強い日差しや雪の影響で見にくい白線も見やすくなりますので、ドライバーの方にはオススメです。では、ドライブに適したサングラスをいくつかご紹介しましょう。

OAKLEY

オークリー 偏光レンズ

 引用元:http://www.oakley-shop.net/1-sunglasses/oo9154-05.htm

OAKLEY(オークリー)のドライブ用のサングラスです。偏光レンズを使っているサングラスはドライブは勿論、サイクリングや野球といったスポーツにも適しているのでスポーティーなデザインのサングラスが多いですね。値段もそんなに高くなく、15,000円ほどで購入できます。スポーツカーに乗ってかけてみたい一品です。

Ray-Ban

レイバン 偏光レンズ

引用元:http://uemuramegane.com/shopdetail/001001000543/

スポーティーなデザインではなく、渋いサングラスが良い!という方にはRay-Ban(レイバン)のサングラスがオススメです。サッカー日本代表の本田圭介選手のような大きめレンズでヨーロッパ風な雰囲気を出すことができます。もちろん、レンズは偏光レンズです。

値段も2万円台とお手頃価格。外車に似合いそうなサングラスです。スーツにRay-Ban(レイバン)のサングラスで颯爽と高級車から降りてくる本田圭介の様に一度はなってみたいですね。

VonZipper

ボンジッパー 偏光レンズ

こちらはVonZipper(ボンジッパー)のサングラス。VonZipper(ボンジッパー)はサングラスはかっこいいサングラスが数多く、偏光レンズのサングラスも同じく一杯あります。普通のサングラスと同じようなデザインで、ドライブ以外の時にもかけたくなるサングラスならVonZipper(ボンジッパー)がオススメです。

値段も1万円から2万円とリーズナブルな価格帯になっているので、2つ買っておいても良いかもしれませんね。

以上、偏光レンズを採用しているサングラスを3つご紹介しました。今回ご紹介したブランド以外にも、偏光レンズを使っているサングラスを販売しているブランドは色々とあります。なので、自分の好きなブランドで偏光レンズを使っているものがあるか見てみると良いでしょう。

ドライブをする時には偏光レンズ。これを少し覚えておくと疲労感が全然違いますよ!