あの crocs(クロックス)のメガネが遂に日本上陸!!

コンタクトレンズやメガネフレーム・レンズなどを手がけているSEED(シード)は、今月6日(水)に独自のデザインとリーズナブルなプライス設定で、シューズマーケットに世界的なブームを巻き起こした crocs(クロックス)のメガネフレーム 「crocs eyewear(クロックス アイウェア)」の日本総代理店となったことを公表しました。

そこで今回は、crocs eyewear(クロックス アイウェア )についてご紹介させていただきたいと思います。必見ですよ!

crocs(クロックス)らしいカラーとデザインが魅力的!!

crocs eyewearクロックス アイウェア)は、2009年より東南アジア諸国などを中心に発売されていて、現在10カ国の約1,200店舗で販売されているのですが、このたびSEED(シード)が日本総代理店を務めることとなった為、いよいよ日本初上陸が決定しました。

クロックスアイウェア

画像引用元(crocs facebook

たとえばcrocs eyewear(クロックス アイウェア)の一例としてこんなメガネがあります。

ポップで可愛いツートンカラーが印象的ですよね。

またこのフレームは、シリコン素材を使った柔軟性の高いテンプル(つる)になっていて、そういう細かなところにもcrocs(クロックス)らしさが表現されているように感じます。

クロックス

画像引用元(crocs facebook

また、こういうのもあります。

色とりどりのテンプル(つる)になっているのに、どこかすこし大人っぽさも出しているこのフレーム。

こういう感じのフレームも作っちゃうところも、さすがcrocs(クロックス)という感じですね!

このように、様々なタイプのフレームがあり、自分のお気に入りを選ぶこともできるんですね。

ジュニア(子ども用)フレームも充実!

また、ジュニア(子ども用)フレームもラインアップされており、特に人気を集めそうです。

クロックス

画像引用元(crocs facebook

crocs eyewear(クロックス アイウェア)では、ジュニア(子ども用)フレームも9種とバリエーションも充実。価格はオープンプライスとなっていますが、crocs(クロックス)のサンダルやシューズのように、買いやすい価格になることが期待されています。

また、ジュニアフレームを含めると全32型128バリエーションと本当に種類が豊富で、選ぶのが楽しくなりますね!

まだ公表されて間もなく、はっきりとしたことはお伝えできませんが、取り扱い店舗など、crocs eyewear(クロックス アイウェア)についてのお問い合わせは、シード眼鏡部(電話:03-3813-1116、)SEEDまでとのことです。

さて、今回は最新のメガネ事情、crocs eyewear(クロックス アイウェア)についてご紹介しましたが、興味は持っていただけましたでしょうか?

これから注目を浴びることは間違いなさそうなので、今後の動向を見ていくのも悪くないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

眼鏡は買う前に自宅で試着する時代です
とことん試して似合う眼鏡を手に入れよう
眼鏡は買う前に自宅で試着
似合う眼鏡を手に入れよう