ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)の人気モデル

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)の人気モデルです。

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)のメガネフレームの人気モデル

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)のサングラスの人気モデル

  • 1
    30,240円 (税込)

    柔らかいフォルムが魅力のコンビネーションサングラス。ヨロイ飾りがアクセントとなっています。 こちらの製品は、可視光線透過率21%、紫外線透過率1.0%以下。

  • 2
    30,240円 (税込)

    こちらの製品は、可視光線透過率11%、紫外線透過率1.0%以下。 ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランが、1993年に立ち上げたオランダ発のファッションブランド、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)。 2004年にアイウェアシーンに進出。コンセプトは「Modern Vintage」。レトロモダンなメガネのブームの火付け役とも言え、デザイナー本人達がアイウェアのデザインに関わるなど、完璧な仕立てと抜群のカッティングセンスで高い完成度と芸術性を持つブランドです。

  • 3
    30,240円 (税込)

    こちらの製品は、可視光線透過率15%、紫外線透過率1.0%以下。 ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランが、1993年に立ち上げたオランダ発のファッションブランド、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)。 2004年にアイウェアシーンに進出。コンセプトは「Modern Vintage」。レトロモダンなメガネのブームの火付け役とも言え、デザイナー本人達がアイウェアのデザインに関わるなど、完璧な仕立てと抜群のカッティングセンスで高い完成度と芸術性を持つブランドです。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、ブリッジの磨きの美しさに現れています。

ジャポニスム

1996年に誕生したJAPONISM(ジャポニスム)は、高品質な日本製にこだわるだけでなく、世界水準の機能性と実用性をシンプルに追求するアイウェアブランドです。その洗練された技術力は、日本だけでなく海外からも熱い視線を浴びています。今、日本から世界へムーブメントを起こす有数のアイウェアブランドです。

昇治郎

フジイオプチカル 創業60周年を記念して発表されたヴィンテージデザインのブランド。
創業者である「藤井 昇治郎」の名を冠とし、その息子である茂と純裕が企画・製造し、孫の藍がデザインし、太が設計を手掛ける。藤井家三世代に渡って培った技術の結晶であるブランド「昇治郎」。
歳月を掛けて蓄積した技術により絶妙なバランスで加工されたベータチタンフレームが、現代風にアレンジされたヴィンテージ調のデザインにより21世紀の眼鏡フレームに相応しい仕上がりになっています。

オニメガネ

昭和27創業の老舗問屋が「いいめがねをしよう。」 をコンセプトに掲げスタートさせた新ブランド、オニメガネ(Onimegane®)。
部品製造から一貫して福井県鯖江市の職人が手作りする、上質でシンプルなオニメガネ(Onimegane®)は、組み立てだけのMade In Japanとは一線を画す、福井県鯖江市の職人達による「鬼気迫る」モノづくりから生み出されているブランドです。