メガネ拭きはただの布じゃない!正しいお手入れ法を知ろう| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

メガネ拭きはただの布じゃない!正しいお手入れ法を知ろう

メガネは意外と汚れているものです。汚れが目立たなくても近くで見てみると、指紋やホコリがあちらこちらについていませんか?
こまめにお手入れすれば良いのですが、間違った方法で拭くとキズの原因となります。正しい拭き方を覚えておきましょう。

 

せっかくのお手入れも間違った方法ではキズの元

たまに、メガネが脂でべったりと汚れたままの人を見かけますが、どんなにおしゃれなデザインでも汚れていては台無しです。汚れのないクリアなメガネは、清潔感を与えてくれます。それだけに、お出かけ前や人と会う時には、髪や服装をチェックするようにメガネにも気を配りましょう。汚れ対策で1番簡単な方法が拭くことです。
しかし、ただ拭けば良いというものではありません。適当なハンカチでメガネをゴシゴシ拭いてはいませんか?ひどい人になると、服の裾で代用してしまう人もいます。こんな拭き方では、汚れは取れても大事なレンズにキズをつけかねません。メガネ拭きには専用の布がありますから、そちらを使うようにしましょう。

 

正しいメガネのお手入れ方法をマスターしよう!

正しいメガネのお手入れ方法をマスターしよう!

せっかくお手入れするのなら、きちんとした道具を選びましょう。メガネ店で使われているメガネ拭き専用の布は「セリート」と呼ばれるものを使っています。セリートは、柔らかく傷をつけにくい仕様で作られています。メガネ店で、メガネケースやフレームに合わせて好みの色やデザインのものを選びましょう。メガネの正しい拭き方ですが、まずは鼻の部分からはじめます。次に、テンプルを拭きます。この部分は、整髪料や汗が付きやすいので丁寧に行いましょう。

そして最後に、レンズを拭きます。仕上げに、少しだけ指に力を入れるときれいになりますよ。ここで大事なことは、もしレンズにホコリや砂がついているときには、いきなり拭いてはいけません。そんなことをすれば、レンズにキズがついてしまいます。まずは、レンズの汚れを水で流しましょう。そのあと、中性洗剤を1滴たらして指でレンズを洗います。そして、水ですすぎます。水気をティッシュペーパーでおさえてから、仕上げに眼鏡拭きで拭いて完了です。

 

メガネ拭き、最後に洗ったのはいつ?

こうした手順を守ればメガネはきれいにできるはずですが、そもそもメガネ拭きが汚れていては意味がありません。メガネは気にしてもメガネ拭きなんていつ洗ったか覚えていない、という人もいるかもしれません。購入時に取扱説明書があれば、記載されているような洗濯方法で洗います。説明書がなければ、メガネ拭きもメガネ同様に中性洗剤で手洗いしましょう。
メガネ拭きの繊維をダメにしないようにやさしく洗い、洗剤をしっかりすすぎます。干す際には、陰干しの方が繊維を痛める心配がないでしょう。

 

☆大事なメガネを長持ちさせよう

☆大事なメガネを長持ちさせよう

メガネは正しい方法でお手入れすれば、コートもはがれにくくなり長く使うことができます。レンズにホコリや砂がついているときには、先に水で洗い流すことを忘れてはいけません。メガネ拭きも定期的に洗う習慣をつければ、いつも清潔なメガネを保てるでしょう。

 


キズ防止コート

レンズ表面にキズ防止加工を行い、擦り傷に強い耐久性のあるレンズにする事ができます。
※伊達、標準単焦点レンズ、標準遠近両用レンズ、調光、偏光レンズにはキズ防止加工を行う事が出来ません。予めご了承ください。

キズ防止コート +2,100円