あなたは大丈夫?今すぐ確認!スマホ老眼チェックリスト| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

あなたは大丈夫?今すぐ確認!スマホ老眼チェックリスト

40代から症状が出始めるといわれている加齢による老眼。しかし、20代や30代にも症状が現れる若年性の老眼もあります。
それが「スマホ老眼」です。症状が悪化して深刻な状態になる前に知っておくべき基本的な知識と、スマホ老眼の症状が自分にも出ていないかを確認するチェック項目をご紹介しています。
 

いますぐスマホ老眼について
プロに相談したいなら…
LINEチャットで無料相談!

まずは基本の知識を知っておこう!スマホ老眼とは

スマホ老眼とは加齢による老眼のように、近くのものが見えにくくなってしまうなどの症状が引き起こされる状態をいいます。
長い時間、至近距離でスマホなどの画面を見続けていると、目の周りにある毛様体筋という筋肉の緊張状態が続き、筋肉が凝り固まってしまいます。
通常、視界のピントを合わせる水晶体の厚さはこの筋肉により調整されていますが、毛様体筋が凝り固まってしまうことで水晶体の厚さを変えることができなくなり、ピント調整もできなくなってしまうのです。
 

同じ老眼でも違う?スマホ老眼と老眼の違い

同じ老眼でも違う?スマホ老眼と老眼の違い

同じ「老眼」と呼ばれている症状ですが、若い人でもなるスマホ老眼と40代以上の人に見られる老眼とでは原因や症状が異なります。
スマホ老眼は目の周りにある筋肉が疲れにより凝り固まってしまうことが原因となっていますが、老眼は加齢による筋肉の衰えが原因です。また、スマホ老眼は疲れによって出る症状であるため一時的なものであり、疲れがとれれば治ります。
そして、過剰な疲れを起こさないことで防ぐことも可能です。しかし老眼の場合は、加齢による体の衰えが原因であるため一般的に治ることはありません。そしてまた、防ぐことも基本的には難しいといわれています。
 

自分もなる可能性はある?スマホ老眼になりやすい人とは

自分もなる可能性はある?スマホ老眼になりやすい人とは

スマホ老眼になる原因は目の周りにある筋肉の疲れです。このため、ものを見る際に目を酷使する生活を送っている人は症状が出やすくなります。
パソコンやテレビなどの電子機器を長時間使用する機会が多い人は目を疲れさせてしまうと考えられるためスマホ老眼の原因を作り出す可能性が高いと思われます。
しかし、さらに目を疲れさせるのがスマートフォンです。症状の呼び名にもなっているスマホは、パソコンやテレビに比べて、特に至近距離で見る機会が多い傾向があります。
また、気軽にどこでも利用できる分、見ている時間が長くなりやすいという点も目を疲れさせる原因となります。スマホが手放せない生活を送っているスマホ依存症の人はスマホ老眼の危険性が高いといえるでしょう。
 

もしかしたらと思ったら!簡単にできるスマホ老眼チェック

放置しておくと悪化することもあるスマホ老眼を早期に自覚するためにも、自分がスマホ老眼であるかどうか確認しておくと安心です。そこで、簡単にできるチェックリストを紹介します。

1.スマホやパソコンなどを1日8時間以上使用している

2.スマホを連続で90分以上使用していることが多い

3.就寝前には必ずスマホを見ている

4.スマホを利用した後に、画面から視線をはずすと景色がぼやける

5.手元にあるものを見ていると疲れを感じたり、ぼやけて見えたりする

6.休んでも目や体の疲れがとれない

7.目の乾き、充血、腫れなどのトラブルが生じる

8.目の奥が痛くなる

9.肩や首が凝っている

10.頭痛がしたり、頭を重く感じたりといった症状が出る

以上の項目に当てはまるものが3つ以上ある場合には何らかの対策を講じることをおすすめします。
 

セルフチェックだけでは不安!そんな人はメガネ屋さんでチェックしてもらおう

セルフチェックだけでは不安!そんな人はメガネ屋さんでチェックしてもらおう

セルフチェックをしてみたら、自分ではスマホ老眼であるような気がするのに特に問題がいという結果だったり、逆に思っていた以上に症状が悪そうだったりといったことから不安に感じている人もいることでしょう。
スマホ老眼であるか確認するためには、目のプロであるメガネ屋さんにチェックしてもらう方法もあります。

メガネ屋さんの中には、スマホ老眼の検査を行い、検査結果に沿って具体的な症状への対策に関するアドバイスをしてくれるところもあります。
検査内容は、たとえば、視界がぼやけてしまう原因となる、目に入った光の屈折具合を調べる屈折異常検査、目の年齢と対応する、視点ともののピントを合わせる調節力の検査、近くのものを見るときに焦点を合わせるように筋肉を動かす輻輳力(ふくそうりょく)を測る検査、スマホやパソコンで画面を見る際にスクロールする状態で使用される、視線と共に目を下方に動かすときの角度を調べる下方回旋検査などです。

専門的な視点で検査をしてもらい、悪い症状が見られた場合にはどのように対策を取ればよいのかというアドバイスをもらえることは、より安心できる対策になるといえるでしょう。

 

 

セルフチェックとプロの目で!日ごろの注意とチェックが大切!

生きて行く上で大切な感覚器官である目。日々の生活の中でつい酷使してしまうことも多い目は、トラブルが生じやすい場所でもあります。
特にインターネットの普及によりパソコンやスマホを利用することが多くなり目を酷使する機会が増えている現代。
スマホ老眼と思われる症状が出始めていても、つい他人事と放置してしまい、悪化させてしまったということにならないようにするために、早めに自己意識を持つことが大切です。

まずは「スマホ老眼」についての基本的な知識を知り、チェックリストで自分がすでにスマホ老眼になっていないか、なりそうな生活をしていないかを確認してみるとよいでしょう。
症状に不安がある場合には、目のプロがいるメガネ屋さんで検査を受け、さらに詳しい状態を確認し、アドバイスを受けておくとより安心です。
状況が深刻な場合には専門の医師に相談するのも良いでしょう。日ごろから自ら目の状態を意識しケアすることがいつまでも健康な目を保つためのポイントとなります。

直営店舗のご案内

 

迷ったら、LINEチャット相談が便利!

オーマイグラスでは、LINEチャットによるスタッフ相談を行っております。プロのスタッフがお客様の疑問・質問にお答えするので、オンラインでも安心して度付きメガネや、遠近両用メガネをお求めいただけます。
度数については、お手元の処方箋や度数がわかる資料の写真を撮って送るだけでOK。
似合うメガネのご相談も承っています。
ぜひこちらからお気軽にご相談ください(ご利用は無料です)。