オードリー・ヘップバーンが愛した伝統のブランド「OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)」の歴史

(画像出典:OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴルドスミス)公式サイト)

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)といえば、サングラスの代名詞的な存在だったアイウェアブランド。その昔、ヨーロッパで「サングラス」と言えばOLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)のことを指したという逸話も残っているのですから凄い話です。

時代を超えて今もなお、独創的なデザインを生み続けて人々を魅了する、本ブランドの歴史を追いかけてみました。

 

始まりはハンドメイドのべっ甲フレーム

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)は、1926年、イギリスで創業。初代のフィリップ・オリバー・ゴールドスミスがハンドメイドのべっ甲フレームを製作し、眼鏡店に供給するところからその歴史は始まります。2代目のチャールズ・オリバー・ゴールドスミスがビジネスに参加した1935年からの10年間は、イギリス軍の指定業者として製品を提供していました。

人々がファッションへの関心が高まり始めた1950年代に入ると、ブランドオリジナルのサングラスを展開。その傑出したデザインとカラーから「ヴォーグ」などのファッション誌で話題を独占するようになっていきました。ヨーロッパにおけるサングラスの代名詞ブランドと言われたのもこの頃です。

(画像出典:OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴルドスミス)公式サイト)

 

著名人達の名前が並ぶ顧客リスト

1960~70年代には3代目アンドリュー・オリバー・ゴールドスミスが中心となってアイウェアデザインを手がけるようになると、オードリー・ヘプバーンやマイケル・ケイン、ピーター・セラーズ、マーガレット王妃、モナコ王妃グレース・ケリー、ジャッキー・オナシス、ビートルズのジョン・レノンなど、錚々たるビッグネーム達が顧客名簿にその名を連ねるようになります。

さらに1980年には英国王室御用達となり、アンドリュー氏がダイアナ妃のためにデザインしたサングラスなどを製作するのですが、1990年頃からブランドは低迷していき、ついには休止を余儀なくされます。

しかし、この伝説のブランドに対する止まぬリスペクトに応え、アンドリュー氏とその姪のクレア・ゴールドスミス女史により、2005年、衝撃的な復活を遂げることに。当時のデザインはそのままに、サイズ感やカラーリングによってモダナイズされた復刻版を続々と発表していき、再び現在のアイウェア業界をリードする存在となっています。

(画像出典:OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴルドスミス)公式サイト)

本ブランドのアイウェアはその当時の最先端であり、しかもエッジが効いたブランドでした。これからもよりデザイン性を追求したブランドとして、あらゆるファッションシーンを魅了する作品を展開していくことと思います。

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴルドスミス)の歴史を駆け足でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

この他にもOLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴルドスミス)のアイウェアはこちらから探すことができます。独創的で魅力的、その時代の感性の高い人々を捉えて離さないアイウェアが揃っておりますので、一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

Oh My Glassesでは、OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴルドスミス)の他にも多数のメガネやサングラスをご用意しております。お忙しい方の為に、1回につき5本まで家で試着ができ、ご希望の商品のみ購入可能というシステムがご好評頂いております。お気軽にご利用ください!