ロバート・ダウニー・Jr.、HYDEなど、PRADA(プラダ)のサングラスをかけた世界の男性セレブたち

(photo: some reserved by SimonQ錫濛譙 / photo on flickr)

PRADA(プラダ)のサングラスといえば、いまや世界のセレブの間でも大人気のアイテム。OMG Pressでも、これまでにPRADA(プラダ)をかけたおしゃれなセレブたちを紹介してきました。

普通、PRADA(プラダ)愛好家といえば、女性が目立つのも事実。そこで今回は、男性のPRADA(プラダ)愛好家にフォーカスして紹介していきます。ファッションに敏感な俳優やアーティストなど、PRADA(プラダ)を愛用する世界の男性セレブをまとめてみました。

 

ロバート・ダウニー・Jr.愛用のPRADA LINEA ROSSA(プラダ・リネアロッサ)「PS 50MS」

Some rights reserved by Aly Leibow
(Photo:Some rights reserved by Aly Leibow)

まず紹介するのは、今一番ホットな俳優、ロバート・ダウニー・Jr.。米経済誌「フォーブス」によると、2012年6月からの1年間で、世界で最も稼いだ俳優です。「アイアンマン」シリーズでは、スクリーンの中で、さまざまなアイウェア・ファッションを披露してくれますが、プライベートでも、もちろんサングラス愛好家です。

彼が愛用するPRADA(プラダ)は、スポーツラインのLINEA ROSSA(リネアロッサ)「50MS 1BC3M1」。フレームカラーはホワイトシルバー、アビエータ―・タイプのフルリム。グラスは、グレイ・グラディエント。PRADA(プラダ)らしいモノトーンカラーで、クラシカルなデザインをシンプルなスタイリッシュさで、クールに仕上げています。

ロバート。ダウニー・Jr.といえば、レッドカーペットを歩くとき、サングラスをかけることで知られています。今回、PRADA LINEA ROSSA(プラダ・リネアロッサ)を選んだのは、2011年にLAで行われた「キャプテン・アメリカ / ファースト・アベンジャー」のプレミア上映でのこと。

 

ジェラルド・バトラーも愛用

もう一人、この「PS 50MS」を愛用するハリウッド・スターを紹介しましょう。「300(スリーハンドレッド」でスパルタのレオニダス王を演じた、スコットランド出身の俳優ジェラルド・バトラーです。日本では、2004年公開の映画版「オペラ座の怪人」のファントム役で広く知られるようになりました。最近では、映画製作にも携わっており、今年公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」では、主演兼製作を務めました。

Some rights reserved by Pete Morawski
(Photo:Some rights reserved by Pete Morawski)

このサングラスをかけていたのは、昨年の10月。主演兼製作総指揮の映画「マーヴェリックス / 海に魅せられた男たち」のプロモーション期間。カリフォルニア北部にあらわれるサーファーの憧れの世界最大級の大波「マーヴェリックス」に挑みつづけた天才サーファー、ジェイ・モリアリティの伝記映画で、ジェラルドはジェイの師匠フロスティを演じました。日本では、今年6月に公開されています。

青いTシャツにカーゴパンツ、グリーンのキャップに「PS 50MS」という出で立ちは、都会的なスタイリッシュさのRDJとはまた違った、ワイルドでクールな印象をサングラスに与えています。LINEA ROSSA(リネアロッサ)は、もともとPRADA(プラダ)のセーリング・チーム「LUNA ROSSA(ルナロッサ)」と並行して生まれたスポーツ・ライン。まさに、「海に魅せられた男たち」にピッタリのブランドですね。

(photo: some rights reserved by gdcgraphics / photo on flickr )

ロビー・ウィリアムス愛用の「PR 29 NS 1AB3M1」

英国の国民的人気シンガー、ロビー・ウィリアムス。1992年、アイドル・ポップ・グループ「TAKE THAT(テイク・ザット)」の一員としてデビューし、ヨーロッパで活躍。メンバーとの不和から95年に脱退してソロ・デビュー。しばらく低迷しつらい日々を送りますが、97年にリリースした「ANGELS(エンジェルス)」が世界中で大ヒット。以後、いっそう活躍の場を広げ、いまや真のエンターテイナーとして、英国民に愛される存在となっています。

2012年にリリースしたアルバム「TAKE THE CROWN(テイク・ザ・クラウン)」からの先行シングル「CANDY(キャンディ)」が全英1位を獲得。そのプロモーション期間中にPRADA(プラダ)のサングラスを着用していたようです。デニムシャツにネイビーのジャケット、黒のネクタイに合わせたのは、「PR 29 NS 1AB3M1」。

アセテートのレクタンギュラーフレームのカラーはブラック、レンズはグレイ・グラディエント。全体的にシンプルなダークカラーでまとめたファッションに、やはりシンプルなスタイリッシュさをもつPRADA(プラダ)のサングラスがマッチしています。

 

HYDE愛用のバロック・サングラス「PR 27NSA 1AB3M1」

最後は日本から、「L'rc~en~Ciel(ラルク・アン・シエル)」のHYDEさん愛用のミニマル・バロック・シリーズのサングラス。カラーはブラック。クラシカルなラウンド・タイプですが、ビッグレンズと分厚いリムが、クールなラグジュアリー感を表現しています。蝶をイメージしたサイドテンプルが特徴で、ビヨンセ、レディ・ガガ、ケイト・モスなど海外セレブにも大人気。

女性の着用が多いシリーズですが、ユニセックスで使えます。HYDEさんは、2011年10月14日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」で着用していたので、ご覧になった方も多かったでしょう。もともと人気のため世界中で品薄だったこのモデル。

(photo: PRADA OFFICIAL WEBSITE)

いかがでしたか?今回はPRADA(プラダ)のサングラスを愛用する男性たちに注目してみました。もはや女性ばかりではなく、世界で活躍するおしゃれな男性セレブには必須アイテムになっているようです。

PRADA(プラダ)のサングラスラインナップを見る

 

Oh My Glassesでセレブたちのファッションをチェックしながら、ご自分にピッタリのPRADA(プラダ)・サングラスをさがしてみてくださいね。