NHK朝の連ドラ「あまちゃん」に水口琢磨役で出演する松田龍平がかけるクラシックなメガネ「BJ Classic COM-108S」

(Photo:あまちゃん公式サイト)

2013年4月1日より、NHKで放映されている連続ドラマ「あまちゃん」。ソーシャルメディア上でも、数多くの人が毎朝その放送を楽しみにしている様子が伺える人気ドラマです。

「あまちゃん」は脚本家・宮藤官九郎さんの脚本によるオリジナルストーリー。放送は156回を予定していて、2013年9月28日まで放送される予定です。ヒロインの天野アキ役には能年玲奈さんが起用されています。

「あまちゃん」の物語

「あまちゃん」の物語は、大きく2部に分かれています。前半の「故郷編」では、東北地方・三陸海岸にある架空の町・岩手県北三陸市を舞台に描かれます。引きこもりがちな東京で生まれ育った16歳の女子高生・天野アキは、夏休みに母の故郷である北三陸に行き、祖母の後を追って海女となります。前半では海女となったアキが、思いがけないことから人気を得て、地元のアイドルとなる姿が描かれます。

後半の「東京編」ではアキが東京に戻り、全国の地元アイドルたちを集めたアイドルグループ「GMT47」(ジーエムティーフォーティセブン)のメンバーとして成長する姿が描かれます。物語の最終盤では、2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)を扱うことになっているそうです。

ドラマタイトルの「あまちゃん」には、「海女ちゃん」の意味と「人生の甘えん坊(甘ちゃん)だったヒロインの成長を描く」という意味が込められているんだとか。

水口琢磨役で出演する松田龍平

そんな「あまちゃん」に水口琢磨役で出演する松田龍平さん。松田龍平さんが演じるのは、アキが「地元アイドル」として注目され始めたころ、ふらりと北三陸に現れる風変わりな男性。しかし、その本当の顔はアキをスカウトしに来た芸能事務所「ハートフル」のマネージャーで「GMT47」(ジーエムティーフォーティセブン)を担当しているという人物。

その松田龍平さん演じる水口琢磨が作中でかけている眼鏡が、アイウェアブランド「BJ Classic」の BJ Classic COM-108S

BJ Classic COM-108S
(Photo:Bros Japan公式サイト)

「BJ Classic」は、ブロスジャパンが最先端技術で再現した幅広い年代に人気があるヴィンテージフレームのメガネ。クラッシックヴィンテージを細部までこだわって作られています。松田龍平さんは、映画「船を編む」に出演されていたときにもメガネをかけていましたが、眼鏡がよく似あっていますね!

Oh My Glassesではブロスジャパンが手がける別のアイウェアブランド「ディアフロム(Dear From)」を取り扱っています。

今回ご紹介した「BJ Classic COM-108S」に似たラウンドタイプのメガネフレームも取り扱っているので、似たタイプのメガネをお探しの方はチェックしてみてくださいね!

【最大50%OFF】年に一度の大セール!
高品質な鯖江産、有名ブランド多数!
こんなセール年に1回だけ
最大50%OFF!!必見のセール