女性に大人気のブランド『JILL STUART(ジル・スチュアート)』が提案する世界観

  • B!


(画像出典:66 Square Feet)

ここ数日は気温も上がってきて、やっと春らしくなってきましたね。春になると気持ちも明るくなり、フェミニンなデザインや柔らかいの色物を身につけたくなります。春らしい服や小物を身につけるだけで、気分も穏やかになって嫌なことも忘れちゃう!なんてことも多いのでは?

本日は皆さんに、女性らしいスタイルにぴったりなファッションブランド『JILL STUART(ジル・スチュアート)』についてお伝えします!

(出典: JILL STUART)

『JILL STUART(ジル・スチュアート)』とは

「CUTE・PRETTY・SEXY 」をコンセプトに、常に国際的なスタンスを持ち続け、流行に敏感な女性たちに向けトレンドとフレッシュさを提供するブランドです。主に、洋服、コスメなどを扱っており、姉妹ブランドのJILL byjill stuartも大変人気です。米・ニューヨーク出身のデザイナー、ジル・スチュアート氏によって創業されました。

デザイナー、JILL STUART(ジル・スチュアート)


(出典: JILL STUART)

JILL STUART(ジル・スチュアート)さんは、1960年代に人気を博したレディースアパレルブランド「MISTER PANTS」を経営する両親のもとで、NY7番街でファッションとデザインの世界の中で育ちました。そしてマンハッタンにある学校に在学中、ハンドバッグとジュエリーのデザインに興味を抱くようになったそうです。

彼女は15歳のとき、自身初のコレクションとなるシルバーとレザーを使ったチョーカーと、スエード製のボーホーバッグを老舗百貨店で販売しました。その後デザイン学校に入学し、ファッションデザインの勉強をしながら順調にキャリアを重ねていきました。その中で、JILL STUARTというブランドが生まれました。

「CUTE×PRETTY×SEXY」のコンセプト


(出典: JILL STUART)

彼女は自身のブランドについて以下のように語っています。

「私は自分で着たい服を作っています。トレンディーだけどクレイジーでなく、女性が女性らしくフェミニンにセクシーに、そしてスウィートで着やすく、リーズナブル・プライスであること。それが、私のクリエイションのメインコンセプトです。

女性の立場から言うと、トレンドが何であれ、自分が素敵に見えるものを着るということが大切。私たちデザイナーのコレクションの中からそれぞれ自分に似合うものを選んで、その人らしさが出せればとても素敵なことだと思います。」

このことからもJILL STUARTのコンセプトである「CUTE×PRETTY×SEXY」は、「女性が女性らしく生き生きと過ごして欲しい」という彼女の想いが込められていることがわかりますね。

ヴィンテージへのこだわり

ヴィンテージコレクターとして有名なJILL STUART(ジル・スチュアート)さんは、古きよき時代に仕立てられた優雅で繊細なヴィンテージのドレスをこよなく愛し、彼女がデザインするラインの中には、その贅沢で繊細なデザインを現代風に蘇らせているといえます。


(出典: JILL STUART)

そんなJILL STUARTでは洋服やコスメだけでなく、香水やメガネのラインも充実しています。Oh my glassesではJILL STUART(ジル・スチュアート)の商品も扱っています。この春は、『JILL STUART(ジル・スチュアート)』の世界観である、「CUTExPRETTYxSEXY」を体感してみてはいかがでしょうか?

今回の記事は、
いかがでしたか?

OMGブログは日々「旬のメガネ情報」をお届けしている、メガネを愛する人のためのメディアです。もし「いいね!」「オシャレ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!

  • B!

この記事を書いた人