レイバン(Ray-Ban)の人気モデル

レイバン(Ray-Ban)の人気モデルです。

レイバン(Ray-Ban)のメガネフレームの人気モデル

レイバン(Ray-Ban)のサングラスの人気モデル

  • 1
    33,363円 (10% off) 37,070円(税込)

    ファッションアイコンとして多くの人に愛されるレイバンの人気モデル クラブマスター(CLUBMASTER)にフォールディングモデルがついに登場しました。50年代に大流行したクラブマスター(CLUBMASTER)のクラシカルな形状はそのままに、ブリッジ部、テンプル部にそれぞれ可動ヒンジを付けて、手のひらサイズまでに小さく折り畳む事が可能となっております。ヒンジの接続部分もピッタリ組み合い、ガタつきの無いよう正確に仕上がっており、作りの良さが伝わってきます。フロントシェイプはブロウと呼ばれる上部にセルパーツのついたスクエアフレームとなっており、セル部分はブラックカラー、メタル部分はゴールドカラ...

  • 2
    21,582円 (10% off) 23,980円(税込)

    ウェイファーラー(WAYFARER)A(アジアンモデル)を更に改良し、設計されたのがF(フルフィットモデル)です。 鼻当てに丸みを持たせたり、テンプルのカーブを顔に沿わせたり、傾斜角度を緩くして頬との接触を低減させたりと、フィット感を高める工夫がされています。テンプル両側には「Ray-Ban」のシルバーロゴが入っています。男女問わずカジュアルからシックなファッションまでどんなファッションにも合わせられ、ずっと使い込んでも飽きがこないこのモデルはマストアイテムです。 レイバンウェイファーラー(Ray-Ban WAYFARER)は、1950年代にアメリカで誕生した人気メガネフレームモ...

  • 3
    19,602円 (10% off) 21,780円(税込)

    レイバン RB4171F-622/8G-54のご紹介です。このサングラスは丸みを帯びた形状でクラシカルで知的な雰囲気を演出します。縦幅のある形状ですので視野が広く取れます。フロント材質はプラスティック素材、テンプル材質はメタル素材です。レンズカラーはブラックになります。こちらの製品はイタリア製となります。


レイバン(Ray-Ban)のシリーズ一覧

レイバンには人気のシリーズがあります。 ウェイファーラー、ニューウェイファーラー、オリジナル ウェイファーラーなどの代表的なシリーズをご紹介。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

サバエオプト

サバエオプト(SABAE・OPT)は、小売店発のオリジナルブランドとして2011年7月に福井県鯖江市で誕生しました。
小売店運営の中での実際のお客様の声を商品開発に生かし、日本製らしい本当に軽くてしなやかな掛け心地を実現したブランドとして多くの方々に愛されるブランドとして注目を浴び成長を続けています。

昇治郎

フジイオプチカル 創業60周年を記念して発表されたヴィンテージデザインのブランド。
創業者である「藤井 昇治郎」の名を冠とし、その息子である茂と純裕が企画・製造し、孫の藍がデザインし、太が設計を手掛ける。藤井家三世代に渡って培った技術の結晶であるブランド「昇治郎」。
歳月を掛けて蓄積した技術により絶妙なバランスで加工されたベータチタンフレームが、現代風にアレンジされたヴィンテージ調のデザインにより21世紀の眼鏡フレームに相応しい仕上がりになっています。

ジャポニスム

1996年に誕生したJAPONISM(ジャポニスム)は、高品質な日本製にこだわるだけでなく、世界水準の機能性と実用性をシンプルに追求するアイウェアブランドです。その洗練された技術力は、日本だけでなく海外からも熱い視線を浴びています。今、日本から世界へムーブメントを起こす有数のアイウェアブランドです。

越前國甚六作

越前國甚六こと長谷川正行氏は 1952年、福井県越前市で誕生。中学卒業後から眼鏡職人としての道を歩みだし、様々な眼鏡を手掛けた注目を集める職人の一人です。
特に、熟練された技術者ではないと取扱いが難しいセルロイド生地の加工技術は突出しており、磨き込むと「美しい光沢、艶が出る」 という、セルロイドの特性を最大限に引き出すことに評判があります。