レイバン(Ray-Ban)の人気モデル

レイバン(Ray-Ban)の人気モデルです。

レイバン(Ray-Ban)のメガネフレームの人気モデル

  • 1
    24,200円 (税込)

    高級感漂うハイブランドな四角いウェリントン型をしたフルリムのメガネです(色はべっ甲柄)。

  • 2
    23,760円 (10% off) 26,400円(税込)

    RX7140は過去のアイコンモデルからインスパイアされ、新しいモデルとして再登場したアセテートとメタルブリッジのコンビネーションフレーム。 目元を主張しすぎずさりげなく存在感を感じさせるフレームは、ビジネスシーンはもちろんタウンユースからおうちメガネまでと、幅広いシーンで活躍します。

  • 3
    24,750円 (10% off) 27,500円(税込)

    レイバンを代表するモデルのひとつであるクラブマスターにインスパイアされた「RX5357TD」。 ハーフリムとブリッジ部にチタニウムを採用し、掛け具合に大きく影響するノーズパッドは、グースネック仕様のアジアデザインモデです。 「The World's Finest Sunglasses」世界最高級サングラスの称号を得ており、世界中のファンの心を掴んでいるレイバン(Ray-Ban)。 ウェイファーラー、クラブマスター、アビエーターを始め多くのアイコンがあり、伝統と進化で今もアイウェアのリーディングブランドとして君臨しています。 当店で取り扱っているレイバン(Ray-Ban)は...

レイバン(Ray-Ban)のサングラスの人気モデル

  • 1
    21,582円 (10% off) 23,980円(税込)

    ウェイファーラー(WAYFARER)A(アジアンモデル)を更に改良し、設計されたのがF(フルフィットモデル)です。 鼻当てに丸みを持たせたり、テンプルのカーブを顔に沿わせたり、傾斜角度を緩くして頬との接触を低減させたりと、フィット感を高める工夫がされています。テンプル両側には「Ray-Ban」のシルバーロゴが入っています。男女問わずカジュアルからシックなファッションまでどんなファッションにも合わせられ、ずっと使い込んでも飽きがこないこのモデルはマストアイテムです。 レイバンウェイファーラー(Ray-Ban WAYFARER)は、1950年代にアメリカで誕生した人気メガネフレームモ...

  • 2
    33,363円 (10% off) 37,070円(税込)

    ファッションアイコンとして多くの人に愛されるレイバンの人気モデル クラブマスター(CLUBMASTER)にフォールディングモデルがついに登場しました。50年代に大流行したクラブマスター(CLUBMASTER)のクラシカルな形状はそのままに、ブリッジ部、テンプル部にそれぞれ可動ヒンジを付けて、手のひらサイズまでに小さく折り畳む事が可能となっております。ヒンジの接続部分もピッタリ組み合い、ガタつきの無いよう正確に仕上がっており、作りの良さが伝わってきます。フロントシェイプはブロウと呼ばれる上部にセルパーツのついたスクエアフレームとなっており、セル部分はブラックカラー、メタル部分はゴールドカラ...

  • 3
    20,097円 (10% off) 22,330円(税込)

    レイバン RB4259F-710/73-53 フレーム素材にプロピオネートを採用し、軽量かつ堅牢な作りを実現。 クラシカルなボストンシェイプのディテールをベースに、ユニセックスで使えるシェイプに昇華させたRB4259F。鼻盛りを高めにとったフルフィットモデルなのでフィット感に優れています。 こちらの製品は、可視光線透過率15%、紫外10%以下。イタリア製です。


レイバン(Ray-Ban)のシリーズ一覧

レイバンには人気のシリーズがあります。 ウェイファーラー、ニューウェイファーラー、フォールディングなどの代表的なシリーズをご紹介。

当店おすすめの 日本製メガネ・サングラス をご紹介いたします。

レスザンヒューマン

レスザンヒューマン(less than human)=「人間以下」。という衝撃的な名を冠する日本のメガネブランド。
メガネ業界で活躍していたデザイナーが集まって生み出されるプロダクトは、日本のみならず世界でも高い評価を受けており、「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾」をコンセプトに掲げる通り、独特で斬新、強烈な個性を持ったメガネを造り出し、業界に驚きを与え続けているブランドです。アニメライクなアンダーリム、闇金ウシジマくんモデル、攻殻機動隊コラボなど個性的なメガネを毎シーズン創り出しています。

丹羽 雅彦

クラシックフレームの権威的メガネ職人「丹羽雅彦」氏により最新素材と職人技が見事に融合した逸品です。
眼鏡産地の中でも昔ながらの手づくり職人が多く残る「鯖江・河和田地区」にてアンティークマシーンを使いこなし、一段上をゆくクラシックフレームを生み出しています。デザインコンセプトは「自分自身がグレードアップするフレーム」、重厚感のあるセルロイドは、ワンランク上のかけ姿を叶えるアイウェアです。プラスチック部はセルロイド及び全て国産生地のタキロンローランド社を使用、品質にこだわりを感じます。

金治郎

鯖江の磨き職人―増永金治郎―の名前を冠した匠の眼鏡、金治郎(Kinjiro)は55年間磨きの工程を担当し、卓越した技により様々なメガネを創りだしてきました。
昔主流であり、現在の市場では希少になったセルロイド製のメガネを復刻した際、金治郎(Kinjiro)への畏敬を籠めてつけられ、他の追随を許さない匠の技術が、日本製、鯖江ならではのブリッジの磨きの美しさに現れています。

アミパリ

1986年に創立し、常に「掛け心地の良さ」を追求する日本のアイウェアブランド、アミパリ(AMIPARIS)は、フレームの形状から素材の選別まで、全行程に携わり、全てのユーザーに心地よく使ってもらえるよう、機能軸×デザイン=「機能美」という名のデザインを軸にしています。